旧:武蔵工業大学東京都市大学TOKYO CITY UNIVERSITY

学部・大学院Academics

  • 学部・大学院
  • 学部・大学院TOPページ
  • 大学院
  • 工学部
    • 工学部の3つの方針
    • 機械工学科
    • 機械システム工学科
    • 原子力安全工学科
    • 医用工学科
    • 電気電子工学科
    • エネルギー化学科
    • 建築学科
    • 都市工学科
  • 知識工学部
  • 環境学部
  • メディア情報学部
  • 都市生活学部
  • 人間科学部
  • 学部・学科編成に伴う変更点
  • 共通教育部
  • 研究室ガイド
  • シラバス(教授要目)

訪問者別ナビゲーション

受験生の方へ
					オープンキャンパス・進学相談会の
					日程や各学部の入試概要等

在学生の方へ
					課外活動・年間行事
					生活支援について等

在学生の保護者の方へ
					大学後援会・保護者との連絡会
					について等

卒業生の方へ
					イベント情報・校友会・証明書申請等

企業の方へ
					求人のお申し込み・産官学連携
					について等

研究室ガイド

ホーム学部・大学院工学部 > 建築学科

建築学科

建築学科オリジナルサイトへ

工学的知性と芸術的感性を備えた建築のプロフェッショナルを養成

設計、計画、構造、環境、設備、材料、工法など建築学の幅広い分野に対応できる高度な専門知識と技術を養成。工学的な知識だけでなく、人間活動と環境の調和に配慮する視野や、安全性・機能性・快適性への探究心、そして美しさや独創性、個性をかたちにする表現力と芸術的感性を兼ね備えた、イマジネーション豊かなエンジニアを目指します。

学びの特色

専門性の高い4 つの系統から、総合的に建築学を学ぶ

建築学の高い専門性を修得できるよう、設計から施工に至る建築業務をベースにした実践的カリキュラムを採用。
建物のデザイン・機能性を学習する「建築計画・設計」、建物の安全性を追求する「建築構造」、建物内外の快適性を考える「建築環境・設備」、建物の材料や施工を学ぶ「建築材料・構法・生産」の4系統で専門性を高めます。
プロの建築士への道もしっかり整備。卒業後、建築実務経験2年以上で、一級建築士試験を受験できます。

学びの内容

それぞれの進路プランに応じて実践的に学ぶカリキュラム

多くの要素からなる建築学を「建築計画・設計」「建築構造」「建築環境・設備」「建築材料・構法・生産」の4系統から学習し、専門性を高めていきます。

教育研究分野

建築計画・設計

環境・時代性・社会的背景を考慮し、建築計画・意匠設計を学ぶ。

「建築計画」で建築計画・設計から管理運営計画まで、建築工程をトータルで学び、「建築意匠設計」と「都市計画・都市デザイン」で建築・都市のあり方、良い空間を創り出すための方法を研究する。

【建築計画】

実践力を身につけるため、劇場・ホール・博物館などの文化・複合施設をテーマに、建築計画・設計から管理運営計画までをトータルに研究する。

【建築意匠設計】

社会的背景を念頭に置き、建築意匠設計を探求する。空間・構造・エコロジーなど、幅広いテーマの作品を創作している。多くのコンペ受賞者を出し、「新建築」などの雑誌でも発表する。

【都市計画・都市デザイン】

建築・都市空間を対象に、“良い空間とは何か?”を探求する。都市と建築との関わり、市街地環境や都市景観のあり方などの計画・提言を実施している。
建築構造

安全で快適な都市建築、部材の耐震性能、骨組みデザインなどの探求。

「建築構造システム」で安全・快適な都市建築の形態・構造・機能、「耐震構造」で耐震性能の高い構造部材の研究・開発、「建築構造デザイン」で骨組みデザイン(構造デザイン)の技術研究・開発を学びます。

【建築構造システム】

自然から学ぶ建築の機能と構造、振動モニタリングによる診断技術、都市機能補完型海洋建築物の3テーマを基本に、で快適な都市建築の形態・構造・機能のあり方を追究する。

【耐震構造】

耐震性能に優れた構造部材を研究・開発している。建築構造物に振動減衰効果を付与するための減衰装置の開発・研究、免震構造に使用する積層ゴムの安定限界の解析など、理論解析に裏づけられた実験研究に特色がある。

【建築構造デザイン】

建築物の骨組みデザイン(構造デザイン)に関する技術の研究および開発を行い、構造設計に関連する骨組の挙動についてコンピュータを用いてシミュレーションをする。
建築環境・設備

室内外環境の関連性、健康的な居住環境、環境心理から見た視環境などを学ぶ。

「建築都市環境工学」で室内環境・建築外部の環境、「建築環境設備(空気環境)」で快適・健康を考えた居住環境の計画・管理・対策、「建築環境設備(光環境)」で視環境を環境心理の側面から学びます。

【建築都市環境工学】

室内環境と建築外部の環境を対象とし、高効率な換気・空調システムの計画・解析、建物とその周辺の風環境・温熱環境との関連性の解析など、一般企業や他大学と協力して研究している。

【建築環境設備(空気環境)】

快適性・健康性に配慮した居住環境の計画・管理・対策を研究テーマとしており、研究対象は、住宅・学校・オフィス・商用施設から建材・空調換気システムにまでわたる。室内環境において空気環境が作業効率に及ぼす影響の把握や、シックハウス対策など居住環境に関連する事項を、住まい方・生活環境の視点から探求する。

【建築環境設備(光環境)】

照明や色彩など視環境を環境心理の側面から研究。人間と環境が相互に影響を及ぼし合う仕組みを解明し、人間の心理・行動を考慮した照明計画・色彩計画について考察する。
建築材料・構法・生産

木質構造の成り立ち、建築工事の管理法、持続可能性を追求した工法などを研究。

「建築構法」で木質構造の成り立ち、「建築材料工法」で建築工事における管理法や建築材料における環境問題への対応、「建築生産」で持続可能性を追求する新構法・工法の開発を学びます。

【建築構法】

建築構法、特に木質構造の成り立ちを研究している。木材は再循環が可能な地球にやさしい構造材料である。

【建築材料工法】

品質の評価・管理と合理化など、建築工事における管理法の検討、耐力・耐久性の診断・評価など鉄筋コンクリート構造物の診断、建築材料からの環境問題への対応などを研究テーマとしている。

【建築生産】

効率性を追求した20世紀型の建築生産から、持続可能性を追求する21世紀型の建築生産への転換を図るために必要な構工法システムを研究。建設・解体現場の調査分析や、新構法・工法の開発に関わる研究を進めている。

卒業後の進路

建設業、建築設計事務所、建築材料メーカー、一般企業、民間研究・教育機関・団体、官公庁・自治体など、多種多様な活躍の場が広がっています。

系統

計画・設計系
建築意匠設計、建築構造設計、建築設備設計、建築工法計画、ランドスケープデザイン、建築環境コンサルティング、建築照明デザイン、防災設計 ほか
施工監理・保守管理系
建築施工監理、建築設備施工監理、建築保守・管理、積算、建築診断・調査 ほか

職種

● 建築士(一、二級) ● 技術士 ● 木造建築士
● 土地家屋調査士 ● 不動産鑑定士 ● 建築施工管理技士(1、2 級)
● 建築機械施工技士(1、2 級) ● 建築設備士 ● 特殊建築物調査資格者
● 建築物環境衛生管理技術者 ほか    

進学

● 大学院の修士・博士後期課程へ

建築学科オリジナルサイトへ

ページ先頭へ戻る

Copyright(C)TOKYO CITY UNIVERSITY All Rights Reserved.