旧:武蔵工業大学
東京都市大学
TOKYO CITY UNIVERSITY

学部・大学院
Academics

  • 学部・大学院
  • 学部・大学院TOPページ
  • 大学院
  • 工学部
    • 工学部の3つの方針
    • 機械工学科
    • 機械システム工学科
    • 原子力安全工学科
    • 医用工学科
    • 電気電子工学科
    • エネルギー化学科
    • 建築学科
    • 都市工学科
  • 知識工学部
  • 環境学部
  • メディア情報学部
  • 環境情報学部
  • 都市生活学部
  • 人間科学部
  • 学部・学科編成に伴う変更点
  • 共通教育部
  • 研究室ガイド
  • シラバス(教授要目)

訪問者別ナビゲーション

受験生の方へ
					オープンキャンパス・進学相談会の
					日程や各学部の入試概要等

在学生の方へ
					課外活動・年間行事
					生活支援について等

在学生の保護者の方へ
					大学後援会・保護者との連絡会
					について等

卒業生の方へ
					イベント情報・校友会・証明書申請等

企業の方へ
					求人のお申し込み・産官学連携
					について等

研究室ガイド

ホーム学部・大学院工学部 > 原子力安全工学科

原子力安全工学科

原子力安全工学科オリジナルサイトへ

安全な原子力の実現を目指し、高い知識を持った専門家を育成する

そのあり方について様々な議論がなされている現在の日本のエネルギー政策。しかし、現時点では国内外に数多くの原子力発電所が存在していることは確かで、それだけに専門知識と技術を備えるエキスパートの教育は、国内外から強く求められています。本学科の目的は、原子力や放射線の安全性を高めるための技術者を育成すること。半世紀にわたり積み重ねてきた研究成果を活用し、体系的学習と実験に基づいて、原子力の専門知識について学びます。

学びの特色

工学基礎を学びながら、実務的な原子力の専門性を修得

様々な工学技術が融合した原子力工学技術を理解するため、機械・電機・電子などの工学基礎をしっかり学習します。
原子力システム、原子力安全工学、放射線応用工学、放射線計測、原子力リスク評価、原子力耐震工学など、原子力の安全性から放射線領域・政策まで、幅広く学びます。
原子力機関・施設と連携して、原子力エネルギーの安全な運用に関する実践的な実習・訓練を行い、高い実務能力を養います。

学びの内容

工学基礎と専門技術の実験・実習に加えて、原子力政策まで学習

原子力・放射線利用に関する工学基礎を修得しながら、専門領域を探求。原子力運用の安全を担う、次世代の技術者を育成します。

教育研究分野

原子力システム 原子力安全工学

核分裂、核融合および加速器に
関する研究を実践。

核分裂、核融合および加速器に関わる研究を実践。核分裂分野では、安全性の高い革新的な原子炉の概念構築と使用済み燃料や放射性廃棄物の処理に関わる核燃料リサイクルを研究。核融合分野では、小型で経済性に優れる核融合炉を実現するブランケット設計を研究しています。

【主な研究テーマ】

固有安全性の高い多目的型原子炉の設計研究
加速器利用の新たな展開に関する研究
核融合ブランケットの核・熱設計に関する研究
環境負荷が低く核拡散抵抗性の高い核燃料リサイクルの研究

安全な原子力発電システムを
学術面から追求。

原子力発電所を構成する軽水炉を中心に、熱を取り出す冷却材(水)のふるまいに注目。安全な原子力発電システムを学術面から追究。また、そこで必要となる熱流体工学の学問的基盤を通して、発電システムの安全設計、評価方法、工学的安全設備の仕組みなどを研究します。

【主な研究テーマ】

軽水炉燃料棒の限界出力の発生機構に関する研究
高圧条件の気液二相流の挙動に関する研究
原子力発電所の事故を確実に収束させる受動的安全システムの研究
軽水炉内を循環する冷却材の熱と流れが材料に及ぼす影響の研究
放射線応用工学 放射線計測

放射線を利用し、原子力分野で
使われる材料の開発などを行う。

放射線を利用して原子力分野などで使われている材料や環境物質中の微量元素を分析評価する計測技術の開発やその応用を行っています。また、原子力に関わる安全環境の解明として、高レベル放射性廃棄物の地層処分における核種移行研究や原子炉事故や核実験による人や地球環境への影響評価を行います。

【主な研究テーマ】

環境放射能の測定法の確立と精度・正確さの追求
河川中のウラン同位体の定量
高純度原子炉材料中のα放射体の分析法の開発
放射性廃棄物処分のための地層中における放射性元素の移行挙動
中性子放射化分析による環境中の微量元素分析とその動態

中性子線を利用し、燃料電池内における
撮影装置や処理装置などの開発。

中性子線を利用して、燃料電池内における水の発生の様子を3次元連続表示する撮影装置と信号処理装置、原子炉制御のための学生実験用シミュレータや大型加速器制御のための信号処理装置とソフトウェアの開発。また放射線検出システムの開発も行っています。

【主な研究テーマ】

中性子線による燃料電池内の水発生可視化システムの開発
大型加速器(J-PARC)のビーム取り出し制御
パルス中性子源を利用する物理実験用超高速度カメラの開発
高速信号処理技術の導入による実体験型原子炉シミュレータの開発
原子力リスク評価 原子力耐震工学

原子力利用における科学的に合理的な
安全確保、危機管理のあり方を研究。

原子力は人類にとって大切なエネルギー源。しかし潜在的リスクを忘れてはなりません。確率論的リスク評価法を用いて原子力施設に残存する様々なリスクを評価し重大事故を防ぐ対策や万一の際の防災対策立案など科学的に合理的な安全確保、危機管理のあり方を研究しています。

【主な研究テーマ】

原子力施設における地震等外的脅威によるリスクの評価に関する研究
アクシデントマネジメント方策の有効性評価に関する研究
複雑なシステムの信頼性評価に関する研究
リスク情報を活用した合理的な安全管理に関する研究

原子力施設の建物、機器、配管などの
耐震安全性確保の研究。

原子力施設の建物、機器、配管を対象とした耐震・免震・制振技術による耐震安全性確保。また、新しい技術開発の展開として、構造物振動を利用した発電手法、粘弾性材料を利用した振動制御技術、三次元での耐震対策技術など構造物の耐震安全性向上に関する研究を進めています。

【主な研究テーマ】

原子力施設の次世代免震構造に関する研究
原子力機器・配管の制振技術に関する研究
プラント機器・配管の耐震安全性の高度化に関する研究
三次元免震機構に関する研究
構造物振動を利用した発電手法に関する研究
天吊り形式の機械構造物に関する耐震性の高度化

卒業後の進路

卒業後の活躍の場は幅広く、原子力・放射線関連分野はもとより、電気系産業、機械系産業、あるいは官公庁・自治体なども対象となります。

系統

原子力・放射線、エネルギー系
行政・自治体、独立行政法人研究機関、電力会社、プラントメーカー、核燃料・放射線取扱事業者 ほか
機械・電気系
電気・電子機器・測定器、電力機器、自動車メーカー、ソフトウェア産業、工場用・輸送用機器メーカー ほか
新技術・新素材系
非破壊検査、医療、食品 ほか

職種

● 原子炉保安・管理技術 ● 発電プラント設計 ● 技術士(原子力・放射線)
● 研究員 ● 教員 ● 公務員 ● 保安検査官・行政関系 ● 放射線取扱主任者、原子炉主任技術者
● 機械設計技術 ● 生産管理・生産技術 ほか  

進学

● 大学院の修士・博士後期課程へ

原子力安全工学科オリジナルサイトへ

ページ先頭へ戻る

Copyright(C)TOKYO CITY UNIVERSITY All Rights Reserved.