旧:武蔵工業大学
東京都市大学
TOKYO CITY UNIVERSITY

学部・大学院
Academics

  • 学部・大学院
  • 学部・大学院TOPページ
  • 大学院
  • 工学部
    • 工学部の3つの方針
    • 機械工学科
    • 機械システム工学科
    • 原子力安全工学科
    • 医用工学科
    • 電気電子工学科
    • エネルギー化学科
    • 建築学科
    • 都市工学科
  • 知識工学部
  • 環境学部
  • メディア情報学部
  • 都市生活学部
  • 人間科学部
  • 学部・学科編成に伴う変更点
  • 共通教育部
  • 研究室ガイド
  • シラバス(教授要目)

訪問者別ナビゲーション

受験生の方へ
					オープンキャンパス・進学相談会の
					日程や各学部の入試概要等

在学生の方へ
					課外活動・年間行事
					生活支援について等

在学生の保護者の方へ
					大学後援会・保護者との連絡会
					について等

卒業生の方へ
					イベント情報・校友会・証明書申請等

企業の方へ
					求人のお申し込み・産官学連携
					について等

研究室ガイド

ホーム学部・大学院工学部 > 都市工学科

都市工学科

都市工学科オリジナルサイトへ

理想の都市をカタチにできるリーダー的人材を育成

私たちの生活と深い関わりを持つ「都市」。本学科では、人間・自然環境・社会システムの健全で持続的な関係を理解し、より安全・快適な都市機能・環境を実現する能力を養います。加えて、都市の構築や維持管理、災害に強い都市づくりを実践できるよう、グローバルな視点、知識と技術、強いリーダーシップを育みます。

学びの特色

充実したゼミナール、演習、体験学習で実践的スキルを獲得

それぞれの興味と目標に応じて学べるよう、多彩で独創的なカリキュラムを編成。
主体性と専門性を高めるために、充実した演習科目と、豊富な体験学習を用意しています。
ゼミナールとインターンシップ制度を活用することで、即戦力となる高度な応用力と柔軟性、表現力を鍛えられます。

注目ポイント

本学ではじめてJABEE(日本技術者教育認定機構)による認定を受けた学科です。
これにより、本学科卒業生の全員が技術士1次試験の受験を免除され、技術士補の資格を取得することができます。

学びの内容

ものつくりの基本を踏まえ、都市工学独自の専門性を高める

ものつくりの基本と、快適で安全な都市環境の創造を柱としたカリキュラムにより、自然環境との共存に役立てる未来のエンジニアを育成します。

教育研究分野

計画マネジメント
計画・交通や様々なマネジメント・総合化技術を探求。

計画系
人口減少社会に対応したコンパクトで持続可能な地域形態とその実現策、中心市街地の再生、都市・田園を通じた総合的な土地利用計画の実現といった観点から、都市・地域計画を研究しています。

【主な研究テーマ】

人口減少社会における地域整備
コンパクトな都市の形態と実現方策
都市・田園を通じた総合的な土地利用計画
中心市街地の再生

マネジメント系
既存の施設を有効に維持管理運営するには、材料劣化、構造安全性、耐震性、快適性、検査方法に関する技術・知見、さらに財務的視点も加えて総合的にマネジメントする必要があります。こうした都市施設のライフサイクルにおけるマネジメントに関する研究を推進しています。

【主な研究テーマ】

劣化を考慮した都市施設のアセットマネジメント
リスク評価とリスク認知
建設産業再生に向けた諸課題とその解決
都市施設、環境が人間の健康改善に及ぼす効果
水圏環境 地盤環境

都市の水に関する工学的な
諸問題・環境問題を研究。

河川工学や海岸工学、水資源や都市のヒートアイランドなどの分野から、都市における水循環、上下水道工学、廃棄物工学などの分野まで、水に関する工学的 な諸問題や環境問題を幅広く研究。テーマは海域における水質環境悪化の防止、新しい浄水・排水処理方法などがあります。

【主な研究テーマ】

海域の貧酸素水塊、膜分離を利用した排水処理技術の開発
水道システムの効率化と老朽度診断手法の開発
干潟の浄化機能に関する研究
都市河川における汚濁物質流下シミュレーション

先端実験装置を駆使し、液状化などの
地盤に関する問題を追求。

遠心模型実験装置や大型加圧タンクなどの先端実験装置を駆使して、地盤に関わる諸問題を研究。汚染地盤や液状化性地盤の調査法の開発、テーマはエコロジカルな基礎構造物や環境対策技術の開発、地滑りや土石流災害から都市を守るための技術の開発などがあります。

【主な研究テーマ】

地盤調査法の高精度化
地盤健全化のためのマイクロバブルの利用法の検討
都市近郊住宅地域の地盤健全性評価システム
伝統的基礎の支持力評価
構造安全
自然災害に耐える高性能な材料・構造システムを開発し、構造安全を探求。

構造安全
構造物は、外力に対し十分に堅固である必要があります。外力に耐える構造物の設計、高性能な材料の開発と適用、構造物の劣化対策を研究しています。構造物の材料としては、鋼、コンクリートおよび新素材からなるものが含まれます。環境負荷低減や経済性も考慮に入れた研究を行っています。

【主な研究テーマ】

鋼橋および複合橋梁の合理的設計法に関する検討
耐震設計の高度化
鉄道および道路構造物の最適維持管理計画

災害軽減
地震・風水害・土砂災害など、多くの自然災害の脅威にさらされている我が国。本分野では、上下水道・ガス・電力・交通・通信などのライフラインを構成する構造物要素(パイプライン、道路、鉄道、橋梁など)を対象に、被害事例を検証。それを軽減するための防災技術を探究します。

【主な研究テーマ】

災害危険度解析・ハザードマップの構築
構造施設の耐震設計法・性能設計法・信頼性設計法
ライフラインネットワークおよびインフラ施設の地震リスク解析

卒業後の進路

ゼネコン、橋梁・道路などの専門建設会社、コンサルタント会社、官公庁・自治体、電力会社など、多種多様な活躍の場が広がっています。

系統

施工系
ゼネコン、専門建設会社(橋梁、道路、通信等)、建設施工管理 ほか
コンサルタント系
設計、構造解析、積算、調査、測量、都市計画、環境、景観設計、建設コンサルティング、海外技術援助 ほか
公共公益系
官公庁、自治体、公団、政府開発援助(ODA)、電力・ガス・鉄道会社 ほか

職種

● 設計エンジニア ● 建設施工管理エンジニア ● 測量エンジニア
● システムコンサルタント ● 運用・サポートエンジニア ● システムエンジニア
● 技術コンサルタント ● 環境コンサルタント ● 都市計画コンサルタント
● 教員 ● 公務員 ● 研究員 ほか

進学

● 大学院の修士・博士後期課程へ

都市工学科オリジナルサイトへ

ページ先頭へ戻る

Copyright(C)TOKYO CITY UNIVERSITY All Rights Reserved.