旧:武蔵工業大学
東京都市大学
TOKYO CITY UNIVERSITY

学部・大学院
Academics

  • 学部・大学院
  • 学部・大学院TOPページ
  • 大学院
    • 工学研究科
    • 工学研究科の3つの方針
    • 工学研究科 教育目標
    • 機械工学専攻
    • 機械システム工学専攻
    • 電気電子工学専攻
    • 生体医工学専攻
    • 情報工学専攻
    • 建築学専攻
    • 都市工学専攻
    • システム情報工学専攻
    • エネルギー化学専攻
    • 共同原子力専攻
    • 通信情報処理コース
    • 先端ナノテクデバイスコース
    • 環境情報学研究科
    • 環境情報学研究科の3つの方針
    • 環境情報学研究科の特徴
    • 環境情報学専攻
    • 都市生活学専攻
  • 工学部
  • 知識工学部
  • 環境学部
  • メディア情報学部
  • 都市生活学部
  • 人間科学部
  • 学部・学科編成に伴う変更点
  • 共通教育部
  • 研究室ガイド
  • シラバス(教授要目)

訪問者別ナビゲーション

受験生の方へ
オープンキャンパス・進学相談会の
日程や各学部の入試概要等

在学生の方へ
課外活動・年間行事
生活支援について等

在学生の保護者の方へ
大学後援会・保護者との連絡会
について等

卒業生の方へ
イベント情報・校友会・証明書申請等

企業の方へ
求人のお申し込み・産官学連携
について等

研究室ガイド

ホーム学部・大学院 > 大学院

大学院

最先端の研究領域を幅広くそろえ、社会に貢献し、未来を創造する人材を育成する。

工学研究科は、1966(昭和41)年に開設され、修士課程・博士後期課程(9専攻)に加え2010(平成22)年に早稲田大学との間で共同原子力専攻(修士課程・博士後期課程)が設置されました。修士課程の入学定員は261名で、高い教育レベルと充実した研究内容を誇っています。環境情報学研究科は、2001(平成13)年に開設され、現在、修士課程(2専攻・5領域)・博士後期課程(1専攻・2領域)が設置されています。環境と情報という最先端の研究領域に日夜取り組んでいます。

大学院工学研究科

工学研究科の3つの方針

人材の養成および教育研究上の目的

工学研究科は、工学に関する高度な理論と実践力を修得し、学際的視野を持って、科学技術に立脚した社会貢献が出来る人材を養成することを目的とする。

専門知識と技術を駆使し、課題を解決できる技術者・研究者を養成する。

工学研究科 教育目標

入学案内はこちら

 工学研究科専攻一覧

機械工学専攻

機械システム工学専攻

電気電子工学専攻

生体医工学専攻

情報工学専攻

建築学専攻

都市工学専攻

システム情報工学専攻

エネルギー化学専攻

共同原子力専攻

通信情報処理コース

先端ナノテクデバイスコース

大学院環境情報学研究科

環境情報学研究科の3つの方針

人材の養成および教育研究上の目的

環境情報学研究科は、環境と情報に関わる科学や人と技術の関係について、また、これらに関連する人間活動の本質を探究するとともに、社会における実践・研究・教育に携われる人材を養成することを目的とする。

環境と情報に関する学部レベルでの教育や研究への取組をさらに展開・深化させる。

環境情報学研究科の特徴

入学案内はこちら

 環境情報学研究科専攻一覧

環境情報学専攻

都市生活学専攻

ページ先頭へ戻る

Copyright(C)TOKYO CITY UNIVERSITY All Rights Reserved.