旧:武蔵工業大学
				東京都市大学
				TOKYO CITY UNIVERSITY

学部・大学院
Academics

  • 学部・大学院
  • 学部・大学院TOPページ
  • 大学院
  • 工学部
  • 知識工学部
    • 知識工学部の3つの方針
    • 情報科学科
    • 情報通信工学科
    • 経営システム工学科
    • 自然科学科
  • 環境学部
  • メディア情報学部
  • 都市生活学部
  • 人間科学部
  • 学部・学科編成に伴う変更点
  • 共通教育部
  • 研究室ガイド
  • シラバス(教授要目)

訪問者別ナビゲーション

受験生の方へ
					オープンキャンパス・進学相談会の
					日程や各学部の入試概要等

在学生の方へ
					課外活動・年間行事
					生活支援について等

在学生の保護者の方へ
					大学後援会・保護者との連絡会
					について等

卒業生の方へ
					イベント情報・校友会・証明書申請等

企業の方へ
					求人のお申し込み・産官学連携
					について等

研究室ガイド

ホーム学部・大学院知識工学部 > 情報科学科

情報科学科

情報科学科オリジナルサイトへ

コンピュータの高い知識と創造力で情報化社会を根底から支える

日進月歩で進化しつづける現代の情報化社会。それを根底から支えているのが、様々な情報処理関連技術です。本学科では、コンピュータのハードウェアとソフトウェアに関する計算機技術、人間とコンピュータとの対話に必要な音声・画像・言語などのメディア技術、ロボットの制御や暗号などの応用分野における情報数理技術など、基礎から応用までを順を追って学習し、世の中の問題に対して自ら解決策を見いだせる創造性豊かな技術者を育成します。

学びの特色

実験や演習などの体験型学習により情報科学分野を専門的に学ぶ

情報処理の基礎理論やコンピュータの構成原理をしっかりと理解できるよう、自らプログラミングを行うことで、応用システム設計のスキルを身につけます。
技術革新が著しい情報化社会の中で、コンピュータに関する確かな知識と柔軟な応用力を身につけるため、基礎から応用までを含んだカリキュラムを用意しています。
幅広い情報科学分野の知識を確実に身につけるために、座学だけではなく実験や演習などの体験型学習を多く採用しています。

学びの内容

最先端の情報技術を基礎から応用まで総合的に学習する

コンピュータのハードウェアとソフトウェア、自然言語・音声・画像などを扱う技術、情報数理の基礎理論や制御技術などを学びます。

教育研究分野

計算機アーキテクチャ 計算機ソフトウェア

高機能で高性能なシステムを
組み立てる技術を身につける。

高機能・高性能なコンピュータシステムを構成する技術の修得を目的に、コンピュータ・アーキテクチャ、マイクロプロセッサなどの構成法や、ハードウェア記述言語、システムLSI設計論等のハードウェアの設計技術に関する教育を実践しています。

【主な研究テーマ】

コンピュータ、情報処理とその応用などに関する研究を行っている。
コンピュータ・アーキテクチャに関する基本技術、AIおよびパターン認識技術、ファジィ・ニューロなどの知識処理に関する技術、画像の符号化とその応用に関する諸技術を対象としている。

様々な機能を実現する
ソフトウェア技術を獲得する。

コンピュータシステムにおいて多様な機能を実現するソフトウェア技術の修得を目的に、オペレーティングシステム、プログラミング言語処理、オブジェクト指向プログラミング、ソフトウェア開発法に関する教育を行います。

【主な研究テーマ】

コンピュータや組み込みシステムを対象としたソフトウェアの基本技術として、ソフトウェアアーキテクチャ、オペレーティングシステム、ネットワークコンピューティング、ソフトウェア開発技法・ツール、スケジューリング理論等の研究を行っている。
知識情報処理 画像工学

自然言語や音声などを扱うための
基礎理論と応用技術を学ぶ。

コンピュータで自然言語・音声、その他の知識情報を扱うための基礎理論と応用技術の修得を目的に、デジタル信号処理、音声情報処理、自然言語処理から、人工知能、自律分散システム工学などの知識情報処理技術に関する教育を実践しています。

【主な研究テーマ】

自然言語処理(特に日本語処理)、音声情報処理、画像情報処理、文書情報処理などを対象に研究を行っている。
上記分野の理論面からの追求や、応用技術・応用システムなどを含む。

画像処理、CGをメインとする
基礎技術の修得を目指す。

画像処理、コンピュータグラフィックス(CG)を核とする基礎技術の修得を目的とした実践的教育を推進。また、それらを応用システムへと高めていくことを目的に、総合的な視覚情報処理技術に取り組んでいます。

【主な研究テーマ】

画像処理については、色彩評価、3次元計測、医療・福祉画像処理等の研究を行っている。
CGおよびバーチャルリアリティ(VR)については、雪や滝などの自然物、ガラス面の反射と屈折等のレンダリング技術および、手術等の各種シミュレータ、拡張現実感に関する研究を行っている。
視覚情報システムについては、立体ディスプレイ、動画像広告、マシンビジョン、画像の高解像度化処理、写真からのCGモデル生成、自由視点画像生成等の研究を行っている。
計算理論 制御システム

応用分野の広がりとともに重要性が増す
情報処理の基礎理論を学ぶ。

情報処理の応用分野の広がりとともに重要性が増大している基礎理論の修得を目的に、情報理論、符号理論、計算論、情報数学など、コンピュータと情報処理の理論的基礎に関する教育を推進します。

【主な研究テーマ】

情報理論や符号理論をベースに、ディジタル情報の高信頼化のための基礎とその応用に関する研究を行っている。
畳込み符号を用いた判定帰還方式や木符号の復号法などの高信頼化や、情報理論を応用した統計的学習などの研究を行う。

ロボットやメカトロニクスなど
応用力の高い制御技術を修得する。

ロボットやメカトロニクスなど広い応用範囲を有するコンピュータ制御技術の修得を目的に、制御における基礎理論や、システム解析、システム工学、ロボット工学など、制御システムの実現に必要となる技術に関する教育を実践しています。

【主な研究テーマ】

知能ロボットの開発、ファジィ集合、ニューラルネットワーク、免疫アルゴリズムなどの先端知能制御理論を用いた制御手法の開発研究を行っている。
特に、人工免疫アルゴリズムの開発に関する研究では日本をリードしている。
数理的なアプローチによる生体認証やヒトの感性に合致したカラー画像信号処理に関する研究を行っている。

卒業後の進路

コンピュータ関連、情報通信関連、情報サービスをはじめ、一般企業、民間研究・教育機関・団体、官公庁・自治体など、多種多様な活躍の場が広がっています。

系統

ソフトウェア・マルチメディア系
ソフトウェア、マルチメディア、情報サービス、インターネットサービス、通信、放送、音響関連 ほか
電気・電子・ハードウェア系
電子機器、情報機器、コンピュータ、パソコン、ハードウェア、半導体関連、精密機器 ほか

職種

● 設計開発エンジニア ● 研究技術者 ● システムエンジニア
● ソフトウェアエンジニア ● システムコンサルタント ● ネットワークエンジニア
● セールスエンジニア ● 運用・サポートエンジニア ● テクニカルライター
● 教員・公務員 ほか    

進学

● 大学院の修士・博士後期課程へ

情報科学科オリジナルサイトへ

ページ先頭へ戻る

Copyright(C)TOKYO CITY UNIVERSITY All Rights Reserved.