旧:武蔵工業大学
東京都市大学
TOKYO CITY UNIVERSITY

学部・大学院
Academics

  • 学部・大学院
  • 学部・大学院TOPページ
  • 大学院
  • 工学部
  • 知識工学部
  • 環境学部
  • メディア情報学部
  • 環境情報学部
  • 都市生活学部
    • 都市生活学科
  • 人間科学部
  • 学部・学科編成に伴う変更点
  • 共通教育部
  • 研究室ガイド
  • シラバス(教授要目)

訪問者別ナビゲーション

受験生の方へ
オープンキャンパス・進学相談会の
日程や各学部の入試概要等

在学生の方へ
課外活動・年間行事
生活支援について等

在学生の保護者の方へ
大学後援会・保護者との連絡会
について等

卒業生の方へ
同窓会・証明書申請について等

企業・行政・研究者の方へ 求人のお申し込み・産官学連携について等

研究室ガイド

ホーム学部・大学院 > 都市生活学部 都市生活学科

都市生活学科

都市生活学部オリジナルサイトへ

人材育成と教育研究上の目的

魅力的で持続可能な都市生活の創造のため、生活者のニーズを構想・企画へと描きあげ、その実現のため事業推進、管理運営を行っていく、企画・実行業務を担う実践力のある人材を養成することを目的とする。

日々、進化し続ける「都市」。そこでは、多様な人々の個性や、情報、文化、産業などが互いに刺激し合うことで、新しい文化、ビジネス、ライフスタイルが創造され、発信され続けています。都市生活学部では、「都市生活」という新しい概念に基づき、「都市文化」「都市経営」「都市居住」という3つの観点から、新時代の都市づくりを総合的にマネジメントできる人材を育成。生活者ニーズの把握から、企画立案、事業推進、管理運営までをトータルに行うためのスキルを育みます。

学びの特色

ビジネススキルの修得

コンピュータを自在に使いこなす能力は、今やビジネスで欠かせないスキルです。都市生活学部では、学生全員がノートPC必携。コンピュータ操作や理論の基本から、デザイン・コンピューティング(CAD)、調査・設計、コンピュータを駆使してプレゼンテーションができる力を養います。将来どんな分野に進んでも必ず役立つ技能です。

プロジェクト体験

1・2年次ではITスキルや社会科学の基礎知識をしっかり身につけます。3年次からは自分の興味のある分野を選んで、体験的、実践的な「プロジェクト演習」を行いながら、専門知識をさらに深めていきます。そして4年次には卒業研究を実施。幅広い将来の展望を、4年間かけてじっくり絞り込んでいける考え抜かれたカリキュラムです。


国内外でのフィールドネットワーク

等々力から自由が丘まで電車で4分。自由が丘から渋谷までは9分。若者に人気の代官山も渋谷から2分。等々力キャンパスの好立地を生かして、街全体を舞台としたフィールドワークを行いながら、街の景観、建築デザイン、環境、ファッションなどを体験的に学習していきます。平成22年度からはヨーロッパでの都市研修も実施しています。

街づくりの第一線で活躍する教員陣

教員陣は、街づくりの第一線で活躍中のプロフェッショナル揃いです。しかも約10名程度の「少人数クラス制」と、教員1名が専属で担当する「クラス担任制」を導入。お台場、東京ミッドタウン、丸の内地区再開発を手がけた専門家が、豊富なキャリアに基づいて、社会に直結した「生きた指導」を展開します。


都市をテーマに多様で多彩な実践的専門力を育成

都市は人々が集まり、働き、暮らし、楽しむ場であり、人間のドラマがあり、そこで生まれる活動やそれを演出する空間があります。こうした都市の中で営まれるライフスタイルの創造を目標に据えて、愉しみの源となる都市の文化、それを生み出す舞台としての街、活動する人たちの居場所としての住まいの3分野を対象にした教育研究を行い、都市に関わる「空間」や「商品・サービス」を企画実施することのできる人材を育成します。

学科の特色

総合的な知識から専門分野へ。考え抜かれたカリキュラムを採用

より深く、専門的に学べるよう、「都市文化」「都市経営」「都市居住」の3つの科目群に分けたカリキュラムを設置。これらの科目群は横断的に選択できます。
都市での文化・商業サービス活動、まちづくり、建物や住居の空間デザインの基本と応用に加え、魅力ある街や住まい、商品・サービスを企画・開発できる力を養います。
経営学・経済学・社会学・商学・法学・都市工学・建築学・デザインなど多岐にわたる領域を学習しながら、都市文化・都市経営・都市居住の専門知識を深めます。
都市文化

都市の生活を〈文化〉という視点から見つめ直して、持続的に発展できる創造都市の未来像を考えます。都市で生活する人々の感性に訴え、毎日が楽しく快適になるような商品・空間・イベントを企画・実施できるスキルを身につけます。

【主な研究テーマ】

・都市の文化 ・ライフスタイルデザイン ・色彩と文化
・文化芸術政策 ・文化活動プロデュース ・ブランド戦略
・広告コミュニケーション ・装飾文化 ・ファッション文化
・高感度店舗デザイン ・商環境とホテルの企画 ・食の文化
・都市観光計画 ・都市景観デザイン ・都市空間の演出
・文化施設のデザイン ・感性市場戦略 ・プロデュースの方法
・集客プロジェクト ・トラベルプランニング ・庭園文化
都市経営

都市の未来を、マネジメントの側面から支えていきます。街のブランディングや魅力づくり、地方都市の振興、都市の大規模再開発に至るまで、総合的に都市空間をプロデュース&マネジメントできる能力を修得します。

【主な研究テーマ】

・都市のデザイン ・地域の魅力づくり ・まちの観察
・環境共生のまちづくり ・都市計画 ・都市政策
・まちづくりの制度 ・まちとインフラ ・まちの防災
・不動産ビジネス ・まちの再生 ・参加型まちづくり
・エリアマネジメント ・まちづくりの法律 ・自治と行政
・都市開発プロジェクト ・複合空間デザイン ・ファシリティマネジメント
・不動産ファイナンス    
都市住居

住まいや住環境は人間が生活していくうえでの基盤となります。この科目群では、都市で暮らす人々にとって安全・快適であると同時に、地球環境にも配慮した住環境を提供するために必要な専門知識と技術を身につけていきます。

【主な研究テーマ】

・都市の居住環境 ・住まいのデザイン ・建築住宅史
・住まいの企画 ・ユニバーサルデザイン ・建築のしくみ
・住まいのつくり方 ・住まいの構法 ・住まいのインテリア
・戸建て住宅計画 ・集合住宅計画 ・住まいと資源・エネルギー
・住まいと環境 ・住まいの政策・法・制度 ・建築計画
・建築構造 ・構造力学(1)及び演習 ・鉄筋コンクリート構造
・建築の再生 ・コミュニティ計画 ・子どもの環境
・福祉住環境 ・住まいの性能と評価 ・建築材料
・建築法規 ・環境と設備  

学びの内容

専門分野と将来の進路計画を併行して段階的に学んでいきます

新時代の都市づくりを総合的にマネジメントする力をつけるため、生活者ニーズの把握から、企画立案、事業推進、管理運営までトータルに行うための実践的なスキルを4年間かけて育てていきます。
プロジェクト演習・総合ワーク
4年次の総合ワークは、卒業研究となります。プロジェクト演習の2つのテーマから1つを決定して卒業研究につなげていきます。3〜4年次のプロジェクト演習で企画立案から成果までのサイクルを体験から学習することになり、こうした経験と、蓄積された知識、修得したスキルが卒業後に大きく生かされます。
プロジェクト演習・応用ワーク
応用ワークでは、演習科目を中心にテーマを2つに絞り、3大スキルを基礎に、専門領域のさまざまな知識・技術の修得を図ります。さらにフィールドワークでの成果を加え、自分で統合して行動を起こす“プロジェクト・マネジメント”の能力を養成します。
3大スキル
入学直後からすべての授業でパソコンを利用。パソコンの基礎的なスキルを身につけた上で、1〜2年次には都市研究で欠かすことのできない「空間を創造できる能力」「コンピュータでデザインできる能力」「情報の収集・分析能力」の3大スキルを修得します。

卒業後の進路

プロジェクトの実践能力、マネジメント能力を活かして多彩に広がる将来計画。

都市文化のクリエイター
商品開発クリエイター(流通、メーカー)、文化・芸術イベントのプロデューサー、広告プランナー(広告代理店)、編集者(出版社)、トラベルコーディネーター(旅行業、航空、鉄道)、インターネット開発クリエイター ほか
街づくりのプロデューサー
都市開発プロデューサー(デベロッパー)、都市プランナー、不動産ビジネスマン(不動産会社)、資産投資マネージャー(金融)、公務員(街づくり担当) ほか
住環境デザイナー
住宅デザイナー(ハウスメーカー)、建築デザイナー(建設会社)、住宅・関連商品開発クリエイター(メーカー)、インテリアデザイナー・コーディネーター、建築家、建築コンサルタント ほか

進 学

● 大学院の修士・博士後期課程へ

都市生活学部オリジナルサイトへ

ページ先頭へ戻る

Copyright(C)TOKYO CITY UNIVERSITY All Rights Reserved.