旧:武蔵工業大学
東京都市大学
TOKYO CITY UNIVERSITY

学部・大学院
Academics

  • 学部・大学院
  • 学部・大学院TOPページ
  • 大学院
  • 工学部
  • 知識工学部
  • 環境学部
  • メディア情報学部
  • 環境情報学部
  • 都市生活学部
    • 都市生活学部の3つの方針
    • 都市生活学科
  • 人間科学部
  • 学部・学科編成に伴う変更点
  • 共通教育部
  • 研究室ガイド
  • シラバス(教授要目)

訪問者別ナビゲーション

受験生の方へ
オープンキャンパス・進学相談会の
日程や各学部の入試概要等

在学生の方へ
課外活動・年間行事
生活支援について等

在学生の保護者の方へ
大学後援会・保護者との連絡会
について等

卒業生の方へ
同窓会・証明書申請について等

企業・行政・研究者の方へ 求人のお申し込み・産官学連携について等

研究室ガイド

ホーム学部・大学院 > 都市生活学部

都市生活学部

都市生活学部オリジナルサイトへ

都市生活学部の3つの方針

人材の養成および教育研究上の目的

魅力的で持続可能な都市生活の創造のため、生活者のニーズを構想・企画へと描きあげ、その実現のため事業推進、管理運営を行っていく、企画・実行業務を担う実践力のある人材を育成することを目的とする。

日々、進化し続ける「都市」では、多様な人々の個性や、情報、文化、産業などが互いに刺激し合うことで、新しい文化、ビジネス、ライフスタイルが創造され、発信され続けています。都市生活学部では、「都市生活」という新しい概念に基づき、「都市文化」「都市経営」「都市居住」という3つの観点から、新時代の都市づくりを総合的にマネジメントできる人材を育成しています。生活者ニーズの把握から、企画立案、事業推進、管理運営までをトータルに行うためのスキルを育みます。またオーストラリアプログラムを通して、国際感覚や語学力の強化を支援します。

学びの特色

ビジネススキルの修得

コンピュータを自在に使いこなす能力は、今やビジネスで欠かせないスキルです。都市生活学部では、学生全員がノートPC 必携。コンピュータ操作や理論の基本から、デザイン・コンピューティング(CAD)、調査・設計、コンピュータを駆使してプレゼンテーションができる力を養います。将来どんな分野に進んでも必ず役立つ技能です。

プロジェクト体験

1・2年次ではITスキルや社会科学の基礎知識をしっかり身につけます。3年次からは自分の興味のある分野を選んで、体験的、実践的な「プロジェクト演習」を行いながら、専門知識をさらに深めていきます。そして4年次には卒業研究を実施。幅広い将来の展望を、4年間かけてじっくり絞り込んでいける考え抜かれたカリキュラムです。


国内外でのフィールドネットワーク

等々力から自由が丘まで電車で4分。自由が丘から渋谷までは9分。若者に人気の代官山も渋谷から2分。等々力キャンパスの好立地を生かして、街全体を舞台としたフィールドワークを行いながら、街の景観、建築デザイン、環境、ファッションなどを体験的に学習していきます。ヨーロッパやアジアでの都市研修も実施しています。

街づくりの第一線で活躍する教員陣

教員陣は、街づくりの第一線で活躍中のプロフェッショナル揃いです。しかも約10名程度の「少人数クラス制」と、教員1名が専属で担当する「クラス担任制」を導入。お台場、東京ミッドタウン、丸の内地区再開発を手がけた専門家が、豊富なキャリアに基づいて、社会に直結した「生きた指導」を展開します。


都市生活学科


都市生活学部オリジナルサイトへ

ページ先頭へ戻る

Copyright(C)TOKYO CITY UNIVERSITY All Rights Reserved.