旧:武蔵工業大学
東京都市大学
TOKYO CITY UNIVERSITY

キャンパスライフ
Campuslife

  • キャンパスライフ
  • キャンパスライフTOPページ
  • 年間行事
  • キャンパス紹介
  • 生活支援
  • 課外活動
  • 国際交流
    • 留学生数
    • フィールドワーク研修
    • 海外協定校
  • 大学祭
  • 学外施設

訪問者別ナビゲーション

受験生の方へ
オープンキャンパス・進学相談会の
日程や各学部の入試概要等

在学生の方へ
課外活動・年間行事
生活支援について等

在学生の保護者の方へ
大学後援会・保護者との連絡会
について等

卒業生の方へ
同窓会・証明書申請について等

企業・行政・研究者の方へ 求人のお申し込み・産官学連携について等

ホームキャンパスライフ国際交流 > フィールドワーク研修

フィールドワーク研修

専門の学習・研究に直結した実践的プログラムとして、国内外の大学や海外の研究機関と共同で、これまでに数多くのフィールドワークを実施しています。

ネパール建築・都市環境フィールド研修

ネパール建築・都市環境フィールド研修 (環境学部 主催)

この研修では急速に変化するネパールの都市部と地方部における気候風土に適合した伝統的建築・都市環境、社会問題そして環境問題について実際に見る・感じることを通して学ぶことができます。また、ネパールの建築・都市環境の実態把握・改善を行うために、温熱環境の実測と熱的快適性や幸福度などに関する調査を行います。さらに、ネパールの小中高校における環境教育の改善を行うため、実践的な住環境教育プログラムを実施します。研修成果を冊子にまとめて学内外に公表しています。

>> ネパール建築・都市環境フィールド研修ページはこちら


オーストラリア熱帯雨林復元フィールド研修

オーストラリア熱帯雨林復元フィールド研修 (環境学部 主催)

世界遺産に登録されているクィーンズランド州アサトン高原の熱帯雨林で実施されるプログラムには2つの目的があります。1つは、同国における熱帯雨林の歴史・開発・保全の政策について学び、熱帯雨林の減少の現状と原因を現地視察を通じて把握すること。2点目は、森林伐採と開発により断片化・孤立化した熱帯雨林の保全・復元手法を学び、保全・復元活動を実践することです。講義・フィールド実習・調査・見学から構成され、その実践的・学際的成果は高く評価されています。

日中共同沙漠緑化フィールド研修

日中共同沙漠緑化フィールド研修 (環境学部 主催)

研修場所は、寧夏回族自治区の首都銀川市の西、内蒙古自治区阿拉善左旗バヤンホト。ここは日本のNPO法人「世界の砂漠を緑で包む会」がJICA(国際協力機構)の支援を受けて沙漠の緑化に取り組んでいる場所です。研修では、暑い沙漠の中で実作業を体験。日本企業が開発したとうもろこし由来の生分解性袋に現地の砂を詰めて砂丘上に設置して防砂効果を確かめるとともに、現地大学日本語科の学生との交流も行いました。

フィジー諸島における自然体験実習

フィジー諸島における自然体験実習 (知識工学部 主催)

330の島々からなるフィジー諸島ですが、首都のあるビチレブ島は四国の半分の面積と1000m級の山々を有しています。内陸のタワタワンジ村をベースとして、南太平洋大学の教員・学生と一緒に地質・植生・水質の調査を行い、毎晩その日の成果を英語で発表しました。現地の小学校で特別授業も行い、伝統生活を守る村に泊まって村の人々と交流を深めました。後半は離島リゾートの上下水道や珊瑚礁の生態系などの学習を通して、自然と人間の関わりを多角的に学びました。

ボルネオ島自然体験実習

ボルネオ島自然体験実習 (知識工学部 主催)

マレーシア・ボルネオ島は、島の約70%が熱帯雨林で覆われており、動植物の種多様性が世界中でもっとも高い地域の一つです。しかし今、その熱帯雨林とそこに棲む多くの動植物が絶滅の危機に瀕しています。プランテーション農業による土地開発や木材の輸出のための不法な森林伐採、焼畑などで生育地が脅かされているためです。この実習を通じて学生たちは、日本にいると忘れがちな、我々の生活の利便性と引き換えにしているものを実感することができました。

「世界の都市」─ヨーロッパ編

「世界の都市」 ─ ヨーロッパ編 (都市生活学部 主催)

都市生活学部の講義「世界の都市」「世界の住まい」で学んだ内容を中心に、現地にて本物に触れ、映像との相違を実体験することを目的に、イタリア、イギリス、フランスを訪問。ロンドン、パリでは現地大学教員・専門家などによる講義を受けました。また、行政機関、都市開発会社などの現地説明員による都市についての解説、都市空間、建築物、都市文化の現地ガイドによる説明と見学、引率教員による解説、そして実際の街のフィールドサーベイを通じて、知見を深めました。

ハワイ火山見学

ハワイ火山見学 (知識工学部 主催)

ハワイ諸島最大の島であるハワイ島は、4000mの高山から熱帯の海岸までバリエーションに富む地形と気候をもち、多くの固有種が生息する火山の島です。1983年以来、休みなく活動しているキラウエア火山があり、また日系人の歴史も長く、多分野での学習ができる価値の高いフィールドです。キラウエア火山の見学だけでなく、国立天文台すばる望遠鏡の施設見学、マウナケア山頂での天体観測、さらにハワイ大学において日系人の歴史と伝統文化についても学びました。

ニュージーランド幼児教育研修

ニュージーランド幼児教育研修 (人間科学部 主催)

地元のカンタベリー大学の協力のもと、午前は英会話レッスン、午後は現地の幼稚園での教育実習などを実施。さらに、ホームステイを通して異文化の生活を存分に体験します。研修先であるニュージーランドは、教育・福祉の先進国。子どもたちを個人として尊重し、自由でのびのびとした教育が行われています。すぐれた幼児教育を見て、体験して一まわり大きな自分になれるチャンスです。

カーティン大学英語研修

カーティン大学 英語研修 (共通教育部 主催)

西オーストラリア、パース市を拠点とするカーティン大学との連携に基づいて、同大学のカーティン英語センターが展開する英語研修プログラムに参加。ホームステイも含めた3週間の生きた英語体験で、語学力はもちろん、現地の人々との交流の中から、文化や社会、暮らしを体験的に学びます。平成24年度は40名の学生が参加。プログラムで語学力を高め、土日のフリータイムには各自思い思いに自分磨きに努めました、なお、研修終了後は、学内で発表会も行い、プレゼンテーション力も養います。本プログラムは、学部ごとに定められた単位の取得が認められています。

ページ先頭へ戻る

Copyright(C)TOKYO CITY UNIVERSITY All Rights Reserved.