旧:武蔵工業大学
東京都市大学
TOKYO CITY UNIVERSITY

トピックス
Topics

訪問者別ナビゲーション

受験生の方へ
オープンキャンパス・進学相談会の
日程や各学部の入試概要等

在学生の方へ
課外活動・年間行事
生活支援について等

在学生の保護者の方へ
大学後援会・保護者との連絡会
について等

卒業生の方へ
イベント情報・校友会・証明書申請等

企業の方へ
求人のお申し込み・産官学連携
について等

ホームトピックス一覧 > トピックス詳細

トピックス詳細

日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2015」に出展しました

更新日:2015/12/25

2015年12月10日(木)〜12日(土)、東京ビックサイトにて開催された日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2015」に本学から、環境学部の伊坪研究室、枝廣研究室、田中章研究室、またISO学生委員会や産学連携ブースの計5ブースを出展しました。

 

今回で17回目を数える同展は、開催テーマに「わたしが選ぶクールな未来」を掲げ、約700社以上の企業や団体が出展、小・中学生、環境関連のビジネス関係者など約17万人が来場しました。

 

当日は、伊坪研究室、枝廣研究室、田中章研究室による日々の研究成果・パネル展示やキャンパス内外における環境活動の中心的役割を担っているISO学生委員会による学部紹介・活動紹介などを、多くの来場者に紹介しました。また、産学連携ブースでは、東急不動産株式会社との次世代技術をテーマとした環境体験空間イベントや省エネ行動に関する共同研究などの産学連携の取り組みに関するパネル展示などを行いました。

 

12月11日(金)には、本学ブースに鳩山由紀夫元首相も来訪され、日ごろの研究活動について、伊坪教授や枝廣教授、学生スタッフが説明を行いました。

 

■エコプロダクツ会場内の様子  

   

 

 

 

また、12月10日(木)には同会場の会議棟7階で本学とSPEED研究会との共催で「持続可能な開発目標に向けた企業経営とは」をテーマとした、特別シンポジウムが開催されました。


本シンポジウムでは、本学・環境学部の講師陣が、生態系、都市、住宅、途上国の観点から課題認識と解決法について、各分野の先進的な取り組みや今後の可能性を議論することをねらいとしています。CSR経営に向けた活動を展開したい企業の方や行政・NPO、また環境マネジメントに関心のある学生で会場は満席となり、参加者の約100名が熱心に聞き入る姿が見受けられました。


シンポジウムは、SPEED研究会の山本良一名誉会長(環境学部・特任教授)の挨拶で開会し、同学部の佐藤真久教授より「持続可能な発展のための環境教育と開発」と題した講演、枝廣淳子教授より「レジリエンスを強化するための企業経営」について、伊坪徳宏教授からは「世界の環境影響と環境意識」について、それぞれ講演いただきました。シンポジウム後半では、同学部の中原教授がモデレーターを務めるパネルディスカッションが行われ、パネリストとして講演者の3名が参加し、活発な意見交換が行われました。

 

3時間以上に及ぶシンポジウムは、活況のうちに幕を閉じました。

 

■シンポジウムの様子

   

 

 

トピックス一覧へ戻る >>

ページ先頭へ戻る

Copyright(C)TOKYO CITY UNIVERSITY All Rights Reserved.