先進の環境配慮型複合施設

教育・研究のさらなる充実を図るため、キャンパスの再整備事業を推進中。その一環として、平成25年12月、新1号館が完成しました。この新1号館は、学生支援センター、キャリア支援センター、研究室、事務管理部門などに加え、大中小の教室49室を擁する複合施設です。
延べ床面積1万5000㎡、地下1階、地上4階建てとなるこの建物は、太陽光発電、自然通風システム、氷蓄熱を利用した空調設備、屋上や壁面緑化など、環境に配慮した様々なシステムが導入されています。
pickup

[環境配慮型建築設計]

太陽光発電、自然通風システム、氷蓄熱を利用した空調設備、屋上や壁画緑化など、環境に配慮した様々なシステムの導入も検討されています。
世田谷キャンパス 世田谷キャンパス

最先端の体験・実習型設備

3〜4階には、医学や生理学を本格的に学びながら、工学的スキルを高めていけるように4次元超音波診断機を備える「臨床実習室」や、 病院レベルの器材を持つ「手術室」など、最先端の体験・実習型設備を整えています。
また地下1階には新素材開発などに伴う先端的な研究に欠かせない最新の分析装置がそろっている研究施設「機器分析室」を設置しています。
世田谷キャンパス 世田谷キャンパス

オープンな環境で実践的に学べる

「デザインステージ」と名付けられた1階スペースは様々な展示会やイベントに使えるフレキシブルな構造として設計され、 学習意欲と研究開発力を刺激する創造的な空間となっています。
世田谷キャンパス

先進の設備と約26万冊の豊富な情報量

吹き抜けの空中庭園を囲む閲覧室や、木のぬくもりを生かした学習空間など、 開放感と落ち着きを兼ね備えた斬新なデザインが特徴です。 工学系専門書を中心としたおよそ26万冊の図書、約2200タイトルの学術雑誌のほか、 電子ジャーナルや各種データベースなどを提供しています。
世田谷キャンパス 世田谷キャンパス
pickup

[半導体特別研究室]

わが国初、世界でも4台目の超高性能X線光電子分光分析装置「ESCA-300」が設置されています。
pickup

[ものつくり支援センター]

各研究室で実験研究に使用する試料や装置の試作加工を学生・院生が学びながら自ら加工を行い、センター職員がサポートします。

体育館・学生食堂などを一体化した複合施設

14号館は「SAKURA CENTER#14」と呼ばれ、アリーナ(体育館)のほか、学生食堂、カフェテリア、トレーニングルーム、武道館など様々な機能を併せ持つ複合施設です。
世田谷キャンパス 世田谷キャンパス

情報基盤の整備と利便性の高いサービスを提供

15号館には教育利用のための設備として4つのパソコン演習室(A~D)と 研究を主とした利用のための研究端末室が設けられています。
演習室D・研究端末室は常時開放しており、他の演習室は授業がない 時間帯には自由に利用できます。また、一部の演習室ではBlu-rayや DVD等が利用できる動画編集機の利用も可能です。
さらに、1号館教室にはノート型パソコンが設置され、 授業で使われています。

●主な施設名とパソコン台数

<15号館>
演習室A…67台 演習室B…71台 演習室C…31台
演習室D…30台 研究端末室…11台
<1号館2階>
12L教室…81台 12M教室…81台 12N教室…81台 12P教室…81台
世田谷キャンパス 世田谷キャンパス

[エネルギー環境技術開発センター]

直接メタノール形燃料電池評価装置、インピーダンス解析装置など、環境とエネルギーに関する最新設備を数多く設置しています。
ナイター照明を備えたテニスコートを3面設置。11月に行われる大学祭ではメイン会場の一つになっています。
世田谷キャンパス