研究室ガイド2018
87/126

127128関[良]研究室(情報セキュリティ)藤井研究室(情報ネットワーク)メディア情報学部 情報システム学科メディア情報学部 情報システム学科 主な卒業研究テーマ 主な卒業研究テーマ 主な就職先・進学先 主な就職先・進学先●腕時計型デバイスの取り外し検出手法の研究●学生間におけるTwitterを活用した安否情報共有システムに関する研究●SNS上で利用されるOAuth認証の認可に関する研究●OpenFlow等のSDN(Software Dened Network)に関する研究●超高速ネットワークを用いた映像伝送に関する研究●3D立体視映像のIPパケット伝送に関する研究◆NTTデータシステム技術(情報サービス業) ◆NRIネットコム(情報サービス業) ◆東京海上日動システムズ(情報サービス業) ◆富士通エフ・アイ・ピーシステムズ(情報サービス業) ◆丸紅ITソリューションズ(情報サービス業) ◆電気通信大学大学院情報システム学研究科進学 ◆筑波大学大学院システム情報工学研究科進学◆日立製作所 ◆日本電気 ◆ソフトバンク ◆ドコモ関連会社 ◆Jストリーム ◆アルファシステム (メーカーのSI&SE部門、ネットワーク関連、システムサービス系) ◆本学大学院進学関(良)研究室では「“つながる”にもっと安心を」を目指して、情報セキュリティを探究しています。インターネットのストリーミング配信も研究対象です。6月に開催される横浜祭(学園祭)では、イベント生中継もサポートしています。HD映像の配信に対応した最新映像伝送装置も完備しています。[教授]関 良明[教授]藤井 哲郎担当教員担当教員横浜キャンパス 3号館7階横浜キャンパス 2号館1階研究室の場所研究室の場所男子19名/女子1名男子14名/女子7名男子0名/女子0名男子1名/女子1名学部生学部生院 生院 生情報サービスを安全に提供するためには、サービス提供者が利便性を犠牲にしてもリスクを回避すべきですが、安全性の確保はサービス提供者側だけでは解決できない社会問題化しています。そこで、本研究室では、利用者自身が各種セキュリティ脅威を認識できる情報共有システムの構築に向けて、以下の3つの先端技術に注目して取り組みます。●情報セキュリティ行動支援技術 ●知的協調作業支援技術 ●知識共有ネットワーク技術高品質な映像メディアの代表であるデジタルシネマから4K TV、モバイルメディアまでの多岐に渡るデジタル映像を中心に、これらをネットワークで流通させる技術とそれを支えるメディア処理技術に関する研究を進めています。例えば、映像符号化方式の研究やQoSに基づくネットワーク制御等の研究を進めています。“つながる”にもっと安心をあらゆる映像メディアのネットワーキングに取り組む社会における情報通信環境は変化し続けています。このような環境において、利用者自身が各種のセキュリティ脅威を認識して適切な対応をとることのできる情報共有システムを新たに研究開発することによって、各種セキュリティ脅威を考慮したシステムデザインを探求しています。社会活動をより安心・安全にする知見や技術を発信社会との関わりネットワークがブロードバンド化され、映像メディアの頂点であるデジタルシネマですら配信できる時代に突入しました。さらなる発展の為に、新しいコンセプトの情報流通サービスの開拓を目指します。これにより、より安全で快適なネットワーク社会の実現を目指します。新しいコンセプトの情報流通サービスの開拓を目指す社会との関わり研究内容研究内容社会活動を効率的に推進する情報セキュリティを探求情報セキュリティは、社会の安全・安心の実現を目指し、人や社会との接点をより広く深くしつつあり重要性の高い領域です。研究室では、やり抜く力、プレゼンテーション・コミュニケーション能力、マネジメント能力を高め、社会に貢献できる人材を輩出したいと考えています。目指す未来究極の双方向映像通信システムの実現IPネットワーク環境下において、究極の双方向映像通信システムの実現を目指す。そのために、新しい伝送プロトコル及びメディア処理手法の開発を進め、ユーザーの立場に立ったネットワーク利用技術の実現を目指しています。目指す未来情報システム学科http://www.yc.tcu.ac.jp/~seki_lab/ WEBサイトhttp://www.yc.tcu.ac.jp/~ab/WEBサイト86

元のページ  ../index.html#87

このブックを見る