東京都市大学 研究者一覧 126/282

東京都市大学 研究者一覧
126/282

124 TCU Research Directory准教授 坂倉 杏介社会学 社会学所 属都市生活学部 都市生活学科所 属研究室コミュニティマネジメント研究室H Phttp://sakakura.jp/分 科細 目研究内容と目指すものコミュニティ形成を通じた都市の生活価値の創出を目指して研究に取り組んでいます。社会的孤立が進行し地域課題が複雑化した現代社会では、生活者一人一人にフォーカスする従来型マーケティングではなく、つながりの形成によって自由で安心な生活環境が自己生成的に創発される「コミュニティプラットフォーム」の概念が決定的に重要になります。社会学のコミュニティ論や相互作用論をベースに、システムデザインやサービスデザインの分析・価値創造手法を駆使して、都市の現代的課題に対応するコミュニティマネジメントの手法を探求しています。1コミュニティマネジメント手法の総合的研究最近の研究テーマ2業績・プロジェクト・産学連携等3坂倉杏介他(2013)「『共同行為における自己実現の段階モデル』による『地域の居場所』の来場者の行動分析:東京都港区「芝の家」を事例に」、『地域活性研究』Vol.4 など 14件論 文科研費「因果関係確率数理分析を用いた公共価値指向地域活性化団体の定量的政策評価法の開発(平成27年〜)」外部資金文部科学省科学技術振興調整費・戦略的研究拠点育成プログラム「慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構(平成16〜21年)」、Ristex「未病に取り組む多世代共創コミュニティ形成と有効性検証」などプロジェクト参画港区芝地区総合支所、東京ミッドタウンマネジメント株式会社、前橋市役所など産学連携行政や企業が、具体的にどのようにコミュニティをマネジメントすればよいか。この課題に応えるために、アクションリサーチの手法を用いて、実際のフィールドで多様なステークホルダーとともにコミュニティプロジェクトを実施し、そこで得られたデータに基づいて、コミュニティプラットフォームの効果的設計手法を検証するとともに、その裏づけとなる理論を研究しています。主要なテーマは、 1) 東京ローカルのまちづくり(港区、世田谷区など)、2) 持続可能な地方都市づくりのためのコミュニティマネジメント(湯河原町、前橋市、上田市など)、3) 企業によるコミュニティ向けサービスデザイン(東京ミッドタウンなど)です。社会科学コミュニティマネジメント協働プラットフォーム地域の居場所ワークショップデザイン研究者情報

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です