東京都市大学 研究者一覧 138/282

東京都市大学 研究者一覧
138/282

136 TCU Research Directory教 授 井上 健教育学 教育学所 属共通教育部 人文・社会科学系所 属研究室教職教育 教育学研究室H P─分 科細 目研究内容と目指すもの教育学は「教えたい(育てたい)」と「学びたい(できるようになりたい)」という思いや行動を問い直す営みである。何をどう教えるかだけでなく、人間の成長・発達、社会や文化のあり方を広く視野に収め、多角的・総合的に考えていくことが必要。巷では教育談義が花盛りであるが、そうした「教育の論じ方」をも相対化し、教育の事実や本質をデータや資料に即して、冷静にとらえ直し、これからの教育を構想していくことを目指している。1コミュニティ・スクールの研究最近の研究テーマ2業績・プロジェクト・産学連携等3「コミュニティ・スクールで何が変わるのか」『月刊社会教育』、国土社、No.696、2013、「学校運営協議会は学校にどんな変化をもたらすのか」『東京都市大学 共通教育部紀要』、vol.7、2014、などこのテーマに関する論文5件、調査報告書5件論 文共著『教職のための教育原理』八千代出版、2015、共編著『世界を読み解くリテラシー』萌書房、2010、など4件著 書2010〜2012年度 科学研究費補助金(基盤研究(C))「都市部におけるコミュニティ・スクールの拡充に関する調査研究」研究代表者外部資金平成16年の「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」の改正によって、保護者や地域住民が一定の権限と責任をもって学校運営に参画する新しいタイプの公立学校、いわゆる「コミュニティ・スクール(学校運営協議会制度)」が生まれた。私は世田谷区内の小学校2校で計10年間、学校運営協議会委員長をする機会に恵まれ、最前線で活動しながら「何が変わるのか」を考えてきた。現在は、研究対象を広げつつ、コミュニティ・スクールに代表される教育改革のビジョンや政策が教員、保護者、地域住民らに共有・実践されていくプロセスを研究している。社会科学学校と地域社会コミュニティ・スクール教育ビジョンの共有と協働研究者情報

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です