東京都市大学 研究者一覧 166/282

東京都市大学 研究者一覧
166/282

164 TCU Research Directory数物系科学大気圧プラズマプラズマ医療再生医療動物実験教 授 森 晃プラズマ科学 プラズマ科学所 属工学部 医用工学科所 属研究室臨床器械工学研究室H Phttp://www.bme.tcu.ac.jp/研究内容と目指すもの超音波医学では、乳がん早期診断に力を入れている。特に、日本で唯一増加傾向にある乳がんは、検査時の恥ずかしさなどが原因で検診を行う女性の増加には至っていない。そこで、自動的に検診者自身で検査できるようなシステム開発を行っている。また、本学 平田教授と共同でマイクロスポット大気圧プラズマ源を用いた生体組織・細胞への直接照射あるいは吸入を行い、再生治療も視野に入れた“プラズマ医療”に関するメカニズム解明及び医療応用を目的とした評価・分析を行っている。1最近の研究テーマ● 自動乳がん検診システムの開発(右図)● 大気圧プラズマ照射・吸入による外傷性脳障害、低酸素脳症の機能回復● 脳・心疾患患者の「その場」救命救急処置へのプラズマ照射・吸入の応用● 動脈硬化性疾患治療のための官能基修飾カーボンナノチューブを用いた血管内皮ステント及び細胞シートの作成2業績・プロジェクト・産学連携等3T. Hirata, A. Mori et al., Healing burns using atmospheric pressure plasma irradiation, Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 53, No. 1, January-2014, 010302. など、査読論文(日本語):11件(5件)、査読論文(外国語):15件(4件)、依頼論文(日本語):5件(3件)、国際会議論文(外国語):41件(25件)、研究発表予稿あり(日本語):33件(17件)、研究発表予稿あり(外国語):11件(6件)論 文文科省科研費挑戦的萌芽研究『プラズマ照射細胞シートとステントの動脈硬化性疾患治療への応用 主任研究(平成26年~平成28年)』文科省科研費新学術領域研究(研究領域提案型)『プラズマによる細胞/組織の活性化・改質及び再生医療への応用展開 分担(平成24年~平成28年)』プロジェクト参画平成27年3月17日、表彰名称:Plasma Cancer Treatment Award(プラズマ癌治療賞)、表彰業績名:Disease Treatments with Irradiation/Inhalation Using Atmospheric Pressure Plasma Source(大気圧プラズマ源を用いたプラズマ照射/吸入による疾患治療)、表彰主催団体名:The 2nd International Workshop on Plasma for Cancer Treatment(IWPCT-2)受 賞シーメンスとの共同研究産学連携分 科細 目研究者情報

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です