東京都市大学 研究者一覧 187/282

東京都市大学 研究者一覧
187/282

TCU Research Directory 185 准教授 冨士原 民雄機械工学 流体工学所 属工学部 機械工学科所 属研究室流体工学研究室H Phttp://www.fel.me.tcu.ac.jp/分 科細 目研究内容と目指すものマイクロ・ナノ関連技術は非常に幅広い分野にまたがり、多種多様な研究開発が行われています。それらの多くは極めて工学的・実用的な開発が盛んに行われている一方、その基盤となる基本的な現象の理学的解析についてはまだ多くの課題を残しています。そこで、流体工学の分野における各種微小物理量の精密測定技術を確立し、それらを活かしてマイクロ領域固有の現象のメカニズムを解明し、マイクロフルイディクス開発の基板となる知見を確立することを目指しています。1マイクロミキサ内の混合場の評価法に関する研究最近の研究テーマ2業績・プロジェクト・産学連携等3Estimation of mixing fields in micromixers and microreactors by visualization method using methylene blue solution, Journal of Flow Visualization(2012), Vol. 15 No. 3, 197-205 など 23件論 文東京都市大学・東京大学生産技術研究所学術連携共同研究プロジェクト参画平成27年度科研費基盤研究(C)、2010年度日揮・実吉奨学会研究助成金外部資金マイクロフルイディクスの基幹要素の1つであるマイクロミキサについて、その性能を評価するために、可視化法により流路内の物質の濃度分布を定量的に評価し、そこから流路内の物質の混合過程を解析する手法を開発しました。右の図は、新たに開発中の交互送液型マイクロミキサを用いて流路内の濃度場を評価した結果の1例です。このようにして、流路内の混合過程の解析を可能にしたことで、今後マイクロミキサのさらなる性能向上が期待されます。工 学マイクロフルイディクス研究者情報

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です