東京都市大学 研究者一覧 188/282

東京都市大学 研究者一覧
188/282

186 TCU Research Directory講 師 西部 光一機械工学 流体工学所 属工学部 機械工学科所 属研究室流体工学研究室H Phttp://www.fel.me.tcu.ac.jp/分 科細 目研究内容と目指すもの流体機械に生じる不安定現象の解明や噴流を積極的に利用した流体輸送・混合に関する基礎的研究などを通じて、流体が有するエネルギを有効利用することで、昨今の地球的課題である省エネルギ化・省スペース化を実現し、環境調和型の流体機械の開発を目指しています。1シンセティックジェットを利用した小型推進器の開発最近の研究テーマ2業績・プロジェクト・産学連携等3Synthetic jet actuator using bubbles produced by electric discharge (Journal of Fluid Science and Technology Vol.9 (2014), No.3, JFST0033, DOI: http://doi.org/10.1299/jfst.2014jfst0033) など 6件 国内外発表論文:40件以上論 文Excellent Poster Award, The 12th International Symposium on Advanced Technology (2012) など 2件受 賞科研費(研究活動スタート支援:2013-2015年)、研究奨励援助金(公益財団法人 服部報公会:2015年)など外部資金小型遠心多段ファンの開発(国内モータ会社) など産学連携一般的にブロワー等の流体機械を用いて生成される連続噴流の代替として、アクチュエータの構造が単純で、小型化・軽量化が容易であるシンセティックジェットの応用に向けた基礎的研究を進めています。中でも、シンセティックジェットから生成される流れが有する流量・運動量が小さいという実用化に向けた最重要課題の解決を目指して、実験・数値計算の両面から研究に取組んでいます。将来的には、自走式カプセル内視鏡をはじめとする医療用流体輸送器や、小型宇宙推進器などへの応用が期待されます。工 学流体機械噴 流シンセティックジェット左図:シンセティックジェットを利用した小型推進器イメージ右図:数値計算から得られた推進器周りの時間平均ベクトル図研究者情報

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です