東京都市大学 研究者一覧 190/282

東京都市大学 研究者一覧
190/282

188 TCU Research Directory工 学自動車空力特性エンジン冷却数値流体力学 熱管理(thermal Management)伝熱工学教 授 郡 逸平機械工学 流体工学所 属工学部 機械システム工学科所 属研究室熱流体システム研究室H P─分 科細 目研究内容と目指すもの我々は、数値流体力学(CFD)をキーワードに、熱や粒子、化学反応などの要素を加味し、さまざまな研究課題にチャレンジしています。おもな研究対象は(1)自動車の空力特性向上技術の開発、(2)ファンなど回転機器の性能予測・解析、(3)エンジンの排出ガスシステム中の熱管理設計、(4)室内における人体の温熱的快適性の予測・解析、(5)空圧機器の作動流体に含まれる油分・水分などの浄化システムの性能予測・解析など。これらを通じて、環境と人と機械システムが調和する自動車技術の改善・向上を目指しています。1エンジン排気系の伝熱解析手法に関する研究最近の研究テーマ2業績・プロジェクト・産学連携等3・�Study on the Transient Behavior of the Vortex Structure behind Ahmed Body(2014)・�Proper Orthogonal Decomposition Analysis of Flow Structures Generated around Engine Cooling Fan(2014) など 70件以上論 文『「HPCI戦略プログラム」 分野4 次世代ものづくり』「自動車用次世代空力・熱設計システムを用いたエンジンルーム内の熱環境・熱害予測に関する実証解析」 他プロジェクト参画自動車メーカや部品メーカ、公益社団法人との共同研究 多数産学連携自動車の排気ガス規制への対策や快適な車内空間設計を行うためには、自動車の熱管理技術が重要になります。右図は自動車のエンジンルーム内の部品の温度管理を行うためにCFD解析を実施した結果です。本研究では、部品の追加やレイアウトの変更に伴う熱害を、設計初期段階で予測可能な解析手法を開発する事で、自動車設計に貢献することを目的にしています。研究者情報

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です