東京都市大学 研究者一覧 192/282

東京都市大学 研究者一覧
192/282

190 TCU Research Directory工 学人体快適性室内環境空調機器数値流体力学講 師 永野 秀明機械工学 熱工学所 属工学部 機械システム工学科所 属研究室熱流体システム研究室H P─分 科細 目研究内容と目指すもの人体と環境における伝熱や空気流動を実験的・数値的に分析することで、より省エネで快適な環境を構築するための機械システムの開発を目指す。おもな研究対象は、(1)室内における人体の温熱快適性の解析・予測、(2)人体生理・心理反応を考慮した省エネ暖房システムの開発、(3)自動車の部材断熱性能向上による電費改善・航続距離向上に関する研究、(4)人体近傍の気流性状を考慮した汚染質拡散解析と人体呼吸空気質改善手法の開発、など。1環境マイクロバイオームの動態計測に基づく集団感染機構の解明最近の研究テーマ2業績・プロジェクト・産学連携等3自動車室内温熱環境予測におけるOpenFOAMの実用性(空気調和・衛生工学会論文集, No.202, 2014年), Effect of the door opening of vehicle on the thermal load and the thermal sensation of the passenger, Hideaki Nagano, et al. AJK2015-FEDなど 40件以上論 文空気調和衛生工学会論文賞受賞受 賞『「HPCI戦略プログラム」分野4次世代ものづくり』「自動車用次世代空力・熱設計システムを用いたエンジンルーム内の熱環境・熱害予測に関する実証解析」他プロジェクト参画トヨタ自動車株式会社との共同研究、社団法人自動車技術会との共同研究、他多数産学連携環境中の細菌やウィルスが形成する微生物叢(びせいぶつそう、マイクロバイオーム)の全ゲノム解析によって、感染症の直接的・間接的な接触感染のリスク評価を行う。同時に、人間の行動と空気流動の数値シミュレーションを行うことで、集団感染の発生メカニズムを解明する。研究者情報

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です