東京都市大学 研究者一覧 220/282

東京都市大学 研究者一覧
220/282

218 TCU Research Directory教 授 丸山 收土木工学 構造工学・地震工学・維持管理工学所 属工学部 都市工学科所 属研究室構造安全研究室H P─分 科細 目研究内容と目指すもの土木構造物の設計施工または維持管理を行う際に、地震、風などの作用荷重と土構造物、橋梁、トンネルなどの構造自体に多くの不確定要因を考慮する必要があります。これらの不確定要因に対して確率統計理論を適用して、各種の応用研究を行っています。具体的なテーマとしては、信頼性設計理論、建設・施工過程における問題解決のための数理工学的手法およびリスク管理手法の開発などです。1上水道システムの地震リスク解析最近の研究テーマ2業績・プロジェクト・産学連携等3Estimation of Probable Maximum Loss Index of Water Supply System, The fifth International Symposium on Geotechnical Safety and Risk (ISGSR2015), 2015.A Mixed Poisson Model for Random Damage Accumulation of Tunnel Concrete Linings, Theoretical and Applied Mechanics Japan, Vol. 62, pp.149-157, 2014.など 17件論 文トンネル覆工コンクリートの劣化曲線などに関する研究等産学連携科学研究費(研究代表3件)外部資金我が国の既設水道管網の多くが建設当時より半世紀以上経過しており、システムに劣化進行が見られ、災害時における多大な被害発生が予測されます。その被害を軽減するために早急な対応が要求されています。現在、被害を軽減するために管路の耐震化や更新が急務となっています。科学研究費基盤研究(C)に採択され、ネットワーク系施設である水道管網の地震時機能損失を確率論により評価することを行っています。右の図は、地震時における水道管網の被害予測図です。工 学信頼性設計システム同定リスクマネジメント研究者情報

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です