東京都市大学 研究者一覧 258/282

東京都市大学 研究者一覧
258/282

256 TCU Research Directory教 授 眞保 良吉材料工学 金属・資源生産工学所 属工学部 機械工学科所 属研究室表面加工研究室H P─分 科細 目研究内容と目指すもの工業製品を製造する場合、使用する場合、さらにそれを廃棄する場合に環境にどのように影響するかについては重要な問題となっています。表面処理の分野において、めっき技術は、製品内部を保護し、摩擦や摩耗を防ぐという重要な役割を担っていますが、そのうちのクロムめっきは、有害とされる6価クロムを用いてめっきされるため、その代替技術として、より安全な3価クロムめっき浴を用いた硬質クロムめっき法の開発を行っています。さらに排水処理スラッジからの軟磁性材料合成、アスベストの製錬スラグ中での分解などの環境保全の研究も進めています。13価クロムグリシン浴への各種添加剤の効果最近の研究テーマ2業績・プロジェクト・産学連携等3水酸化クロムおよび含クロム混合水酸化物の焼成における6価クロム生成、表面技術 Vol.57, No.6(2006)クリソタイルおよびクロシドライトの熱分解過程における結晶形態変化、資源と素材 Vol.121, No.10-11(2005)など 50件論 文水酸化クロム、その製造方法、それを用いた三価クロム含有液およびクロムめっき方法特 許地域新生コンソーシアム『環境対応型6価クロムフリー硬質クロムめっきシステムの開発(平成18年~平成19年)』プロジェクト参画千代田エレクトロニクス㈱、大森クローム工業㈱、吉野工業㈱、等からの受託研究産学連携3価クロム浴によるクロムめっきは、熱処理により硬さが上昇する等、従来の6価クロム浴で作成しためっき皮膜よりも優れた性質がありますが、その一方、めっきの密着力や平滑性、耐摩耗性などで、従来の6価クロムによるめっきより、やや劣る点があります。そこで、それらの欠点を改善すべく、めっき条件を変化させたり、いろいろな添加剤を加えたり、また皮膜中にアルミナなどの粒子を共析させるなどして、めっき皮膜の特性改善を試みています。工 学環境保全表面処理リサイクル3価クロムめっき浴による皮膜の顕微鏡写真研究者情報

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です