東京都市大学 研究者一覧 260/282

東京都市大学 研究者一覧
260/282

258 TCU Research Directory工 学生物機能材料酵素反応分子集合体生体高分子准教授 黒岩 崇プロセス・化学工学 生物機能・バイオプロセス所 属工学部 エネルギー化学科所 属研究室高分子・バイオ化学研究室(機能性バイオ分子)H Phttp://www.ese.tcu.ac.jp/labs/bio分 科細 目研究内容と目指すもの生体由来のバイオ分子がもつ「自己組織化」「複合化」「分子認識」といった特性を利用して新しい有用材料・物質生産技術を開発しています。資源の有効利用、省エネルギー、環境にやさしいものづくりなど、化学・バイオ技術に対する社会的要請に応える研究開発を目指しています。応用先として、エネルギー関連技術、環境適合型バイオマス利用技術、電子・光デバイス、医薬品・食品製造プロセスなどをターゲットに基礎から研究を行っています。1最近の研究テーマ2業績・プロジェクト・産学連携等3Quantitative evaluation of the effects of moisture distribution on enzyme-induced acylation of trehalose in reduced-moisture organic media(J. Food Res., 4, 133-142(2015)), The influence of polysaccharide on the stability of protein stabilized oil-in-water emulsion prepared by microchannel emulsification technique (Colloid Surface A: Physicochemical Engineering Aspects, 440, 136-144 (2014)). など 30件論 文「ナノサイズの一次乳化物を利用する二段階乳化によるリポソーム製造方法」 など 登録特許3件特 許科研費基盤研究(C)(2013~現在)、科研費若手研究(B)(2010~2012)、科研費若手研究(B)(2007~2008)、ソルト・サイエンス研究助成(2014)、浦上食品・食文化振興財団研究助成(2013)、旗影会研究助成(2013)、日揮・実吉研究助成(2012)、ホクト生物科学振興財団助成(2012)、JST A-STEP(2010-2011) などプロジェクト参画・外部資金獲得実績大手乳業メーカー(先方の希望により非公開)からの受託研究(2013~現在)産学連携図. 周囲の塩濃度で色が 変わる脂質分子集合体生体分子を基盤とする分子集合体の作製と機能開発生体由来の分子が集まってできた様々な「分子集合体」の作製と機能開発を行っています。 多数の分子、異種の分子が集合することではじめて発揮される現象の応用とメカニズムの解明に取り組んでいます。テーマの一例を以下に記載します。● 発色性脂質分子集合体の作製と光学材料への応用(右図)● 生体高分子と脂質分子の複合化による安定な分散微粒子の作製● エマルションを基材とした物質封入効率の高い脂質カプセルの作製そのほか、高効率酵素反応プロセスの構築や生体高分子を基盤とした機能性微粒子材料の開発にも取り組んでいます。研究者情報

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です