東京都市大学 研究者一覧 39/282

東京都市大学 研究者一覧
39/282

TCU Research Directory 37 教 授 向井 信彦計算基盤 高性能計算所 属知識工学部 情報科学科所 属研究室メディア工学 画像工学研究室H Phttp://www.vgl.cs.tcu.ac.jp/mukai/mukai.html分 科細 目研究内容と目指すもの画像処理/画像認識とCG(Computer Graphics)を柱とした画像工学全般の研究である。さらに、仮想現実感(Virtual Reality)や、複合現実感(Augmented Reality)などの研究も行い、医療/福祉分野への応用も展開することで実用的な研究を目指している。1最近の研究テーマ2業績・プロジェクト・産学連携等3「高密度比を考慮した泡の3次元崩壊シミュレーション」芸術科学会論文誌(2015)“Visualization of Pressure and Stress Distributions in Aortic Valve Simulation by Considering Heart's Pulsation and Axial Flow” The Journal of the Society for Art and Science(2015)「超音波画像を基にした3次元舌形状標準モデルの構築」超音波医学(2015)論 文Spray Cloud Simulation by Considering Environment Conditions など 41件国際会議論文心拍と軸流を考慮した大動脈内の血流と大動脈弁開閉動作の解析に関する研究(平成27年~平成29年)など 5件プロジェクト参画(科研費)映像情報メディア学会 研究奨励賞受 賞泡崩壊モデルの構築と可視化泡モデルを考案し、流体の支配方程式を解くことで泡の崩壊挙動をCGで表現した。SIGGRAPH 2015 ePosterで発表。大動脈弁の開閉シミュレーション大動脈弁の開閉に伴う大動脈内の圧力と大動脈弁にかかる応力分布を可視化した。NICOGRAPH International 2014で発表。変形曲面表示装置および変形曲面表示方法 など 3件特 許1)榊原記念病院心臓血管外科(平成20年~現在)・CT画像を基にした大動脈の自動抽出に関する研究・2D超音波画像から大動脈の3Dモデル構築に関する研究・�粒子法を用いた大動脈弁の変形と大動脈弁にかかる応力分布の可視化に関する研究・心拍と軸流を考慮した大動脈弁の開閉動作に関する研究2)横浜市立大学泌尿器科(三菱プレシジョン)(平成23年~現在)・�根治的腎摘除術シミュレータにおけるリンパモデルの生成に関する研究3)東京大学生産技術研究所大島研究室(平成23年~現在)・�共焦点マイクロPIVによるマイクロチャネル内混相流断層画像の3次元再構築に関する研究・脳血流シミュレーションのための3D可視化システムの開発4)昭和大学歯学部口腔リハビリテーション科(平成24年~現在)・超音波画像を用いた舌3D・4D構築画像作成ソフトの開発5)MEDEC(平成27年~現在)・次世代赤外線画像高精度解析ソフトウェア共同研究開発産学連携情 報 学物理シミュレーション可視化医療/福祉応用研究者情報

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です