東京都市大学 研究者一覧 56/282

東京都市大学 研究者一覧
56/282

54 TCU Research Directory准教授 岡部 大介情報学フロンティア 図書館情報学・人文社会情報学所 属メディア情報学部 社会メディア学科所 属研究室岡部研究室(フィールドワーク)H P─分 科細 目研究内容と目指すものソーシャルネットワーキングサービスなどに媒介された、野火のように拡散する非制度的な空間における学習の様相を記述するべく、エスノグラフィを実施してきた。現在は、3Dプリンタなどのデジタル工作機械を備えた「ファブラボ」およびコスプレイヤーの非商業的なものづくり活動を調査対象としながら、越境的な技術修得を支えるメディアの特徴について分析している。1ものづくりコミュニティ「ファブラボ」への参加を通した学習最近の研究テーマ2業績・プロジェクト・産学連携等3「ものづくりコミュニティへの参加を通した学習:ファブラボ鎌倉におけるフィールドワークを通して」日本認知科学会、Vol.22, No.2, pp.268-281, 2015「モノをつくることを通した主体の可視化:コスプレファンダムのフィールドワークを通して」日本認知科学会、Vol.21, No.1, pp.141-154, 2014など 23件論 文2013年認知科学会野島久雄賞受賞受 賞総務省『ファブ社会の展望に関する研究会(平成26年~平成27年)』プロジェクト参画intel社との共同研究(2006年〜2008年)、NTT DoCoMo社の受託研究(2004年〜2008年)など産学連携3Dプリンタに代表されるデジタル工作機械を備え、個々人が協働的に生産活動や問題解決に従事する「ファブラボ」と呼ばれる今日的な市民工房において、環境に動的に対応しながら他者と編み上げられる、知や学びの状況依存性と相互性について、エスノグラフィの手法を用いて概念化している。情 報 学状況的認知活動理論学習の状況依存性研究者情報

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です