東京都市大学 研究者一覧 60/282

東京都市大学 研究者一覧
60/282

58 TCU Research Directory教 授 史 中超環境解析学/ 環境動態解析/土木工学 土木計画学・交通工学所 属環境学部 環境創生学科所 属研究室都市環境分野 史研究室(スマート・エコシティ)H Phttp://www.yc.tcu.ac.jp/~shi/分 科細 目研究内容と目指すもの本研究室では、エネルギー利用の高効率化をはじめ、省資源化、低炭素化、環境負荷・都市災害の低減を徹底した環境配慮型スマート・エコシティ(環境都市)の実現を目指し、ITをはじめ、GIS(地理情報システム)、RS(リモートセンシング)、GPS(全地球測位システム)、いわゆる3S技術を融合し、メガソーラーや風力などの発電所の適地分析をはじめ、ゴミや廃棄物が極力発生しない循環型まちづくり、環境データの収集・解析、地震・津波・洪水などの災害シミュレーション、地球・都市・地域環境変化の解析・シミュレーションなどの研究を行っています。1小型無人飛行機(UAV、ドローン)を用いた地理・環境情報の収集・解析技術に関する研究最近の研究テーマ2業績・プロジェクト・産学連携等3Shi Y., Ji S., Shao X., Yang P.,Wu W., Shi Z., Shibasaki R., Fusion of a panoramic camera and 2D laser scanner data for constrained bundle adjustment in GPS-denied environments, Image and Vision Computing, Vol. 40, June, 2015, pp.28-37.Ji, S., Shi, Y., Shan J., Shao X., Shi Z., Yuan X., Yang P., Wu W., Tang H., Shibasaki R., Comparison of two panoramic sensor models for precise 3D measurements. Photogrammetric Engineering& Remote Sensing(PERS), March, 2014, (SCI IF=1.802), pp.229-238など 80件以上論 文株式会社パスコ、研究題目:GISソフトPascalのための三次元可視化技術に関する研究、平成19年2月1日~平成20年3月31日、予算:892,500円ユニバーサルテクノロジー(有)、研究題目:航空レーザデータを用いたDEM(Digital Elevation Model)の自動生成に関する研究、平成18年2月1日~平成19年3月31日、予算:1,050,000円その他4件、合計金額476.7万円産学連携(受託研究)JICA『中国南水北調輸水路流域の水保全にむけた水供給域(丹江口・武漢)における環境教育パッケージ教材の共同開発と環境人材育成(平成23年~平成26年)』プロジェクト参画JICAプロジェクト、期間:平成23年12月~平成26年11月、予算:2332万円民間会社から受託研究、期間:平成15年~平成20年、6件、総額:6,709,500円外部資金DJI社 PHANTOM3小型無人飛行機にマルチスペクトルカメラやレーザスキャナー、赤外線カメラなどを搭載させ、画像を取得し、土地利用変化の抽出をはじめ、河川・森林GISの構築・更新、災害時被災状況の把握などに関連する技術を研究開発しています。環 境 学環境動態解析研究者情報

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です