東京都市大学 研究者一覧 72/282

東京都市大学 研究者一覧
72/282

70 TCU Research Directory准教授 永瀬 彩子デザイン学 デザイン学所 属都市生活学部 都市生活学科所 属研究室環境デザイン研究室H P─分 科細 目研究内容と目指すもの環境改善に貢献するだけではなく、人とのつながりを大切にした新しい都市緑化デザインを提案するため、屋上緑化を中心とした研究を行っている。具体的には、屋上緑化環境における、自生植物の選択の調査、コストや管理を減らす緑化技術、生物多様性などの環境改善などの調査を長期間にわたって行っている。これらの研究成果は、Elsevier のEcological Engineering など一流の国際誌に掲載されており、都市緑化技術の分野で最も論文数が多い研究者のひとりとして高い評価を受けている。今後も、論文を数多く発表し、研究を発信していくことを目指している。1屋上はらっぱの研究最近の研究テーマ2業績・プロジェクト・産学連携等3Nagase, A., Dunnet, N.,Choi, M. 2013. Investigation of weed phenology in an establishing semi-extensive green roof, Ecological Engineering 58:156-164. 他32件論 文「屋上はらっぱ」グッドデザイン賞2013年松戸みどりと花のコンクール 松戸市造園業会長賞受賞受 賞科研費「粗放的な屋上緑化の緑化技術、環境改善効果および心理評価に関する研究」外部資金鹿島建設との屋上はらっぱに関する共同研究産学連携屋上はらっぱは、かつてどの街でも見られた子供たちの遊び場である、はらっぱを屋上に再現する取り組みである。屋上緑化施工の際、リサイクル材のみを利用し、デザイン・施工・管理のプロセスには、利用者に参加してもらう。ここでは、プロセスに参加した人たちの心理評価、屋上はらっぱにおける植物の生長、生物多様性の創出効果などの調査を行っている。複合領域環境デザインランドスケープ屋上緑化研究者情報

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です