旧:武蔵工業大学
東京都市大学
TOKYO CITY UNIVERSITY

学部・大学院
Academics

  • 学部・大学院
  • 学部・大学院TOPページ
  • 大学院
  • 工学部
    • 工学部の3つの方針
    • 機械工学科
    • 機械システム工学科
    • 原子力安全工学科
    • 医用工学科
    • 電気電子工学科
    • エネルギー化学科
    • 建築学科
    • 都市工学科
  • 知識工学部
  • 環境学部
  • メディア情報学部
  • 都市生活学部
  • 人間科学部
  • 学部・学科編成に伴う変更点
  • 共通教育部
  • 研究室ガイド
  • シラバス(教授要目)

訪問者別ナビゲーション

受験生の方へ
					オープンキャンパス・進学相談会の
					日程や各学部の入試概要等

在学生の方へ
					課外活動・年間行事
					生活支援について等

在学生の保護者の方へ
					大学後援会・保護者との連絡会
					について等

卒業生の方へ
					イベント情報・校友会・証明書申請等

企業の方へ
					求人のお申し込み・産官学連携
					について等

研究室ガイド

ホーム学部・大学院工学部 > 医用工学科

医用工学科

医用工学科オリジナルサイトへ

工学的アプローチで、人々の命と健康を守る

医学の様々な問題を工学的なアプローチで解決していく医用工学は、新しい可能性を秘めた学問として注目されています。東京都市大学では、現代医療が抱える様々 な課題に取り組みながら、人間を含む生物に関わる新技術を創造する複合技術エンジニアを養成。医学・生理学・工学の知識・技術を獲得するだけでなく、「命と健康」を守るという大きな目標に貢献するための倫理観を醸成します。

学びの特色

医学系専任教員の講義や医療現場実習で、工学・医学・生理学を体得

医用工学分野の発展に貢献できる人材を育てるため、工学と医学・生理学を効率よく学べるカリキュラムを採用しています。
臨床器械工学、知覚システム工学、生体計測工学、生体認知工学の4つの分野で、専門性を高めます。
医学系専任教員による本格的な医学・生理学の講義を実施。関連病院などと連携し、医療現場での体験的・実践的な学習も行います。

学びの内容

工学・医学・生理学を融合した新分野を専門的に学ぶ

工学と医学・生理学を効率的・複合的に修得するカリキュラムです。医学系専任教員の指導のもと、新しい学問を拓きます。

教育研究分野

臨床器械工学 知覚システム工学

手術の際の肉体的ダメージを軽減する
技術を機械工学的手法にて研究。

手術の際の肉体的ダメージを大幅に軽減する腹腔鏡内手術、僻地医療に貢献するネットワークを経由した遠隔手術など、臨床医療現場では新しい技術が続々と生まれ、採用されています。このような生命と健康を守るための仕組みを、機械工学的手法を駆使して研究しています。

【主な研究テーマ】

外科手術ロボット
人工臓器
遠隔手術システム
生活支援機器
再生医療

ヒトの精神的ストレスを感覚や感性に
働きかけて癒す方法などの研究。

精神的ストレスに代表されるヒトの高次構造に対して、香りや音などによって感覚や感性に働きかける研究、バーチャルリアリティによる自然環境の中で“癒し”を実現する研究、味覚や嗅覚などの感覚を数値化する研究などを実践しています。

【主な研究テーマ】

バイオセンサ
音響心理
体性感覚機構
仮想現実感
DNAセンサ
研究室属性:基礎系 研究室属性:応用系
生体計測工学 生体認知工学

脳とコンピュータの接続など、
工学と医学を融合した新分野の研究。

身体や臓器の機能を自由行動中で観測するリモートセンシング技術を使った、“無意識的”な健康モニタリング、脳とコンピュータを接続して思考を読み取る技術など、電子工学と医学両方の知識を生かした、新しい分野の研究を推進しています。

【主な研究テーマ】

健康モニタリング
電気生理機能
ユビキタス医療
個人認証

「ヒトの身体」 を複雑な
システムとして捉える研究。

複雑な知能システムとして捉えることができる「ヒトの身体」を探究。主に心臓と血管の複雑なシステムの解明に力を注いでいます。また、バイオマテリアルの分野では、材料の表面加工法と生体適合性の関係について研究しています。

【主な研究テーマ】

医用画像解析
心血管機能計測
血流解析コンピュータシミュレーション
宇宙開発技術を応用した生体材料加工法
材料表面改質
研究室属性:基礎系 研究室属性:応用系

卒業後の進路

臨床医療や介護福祉に関連した医療機器産業はもとより、機械工学や電子工学の知識を活かして、機械系・電気系産業、ハードウェア、ソフトウェア産業、官公庁、研究教育機関などでの活躍が期待されます。また、複合領域の専門家として、大学院進学も視野に入ります。

系統

医療・福祉系
臨床医療や介護福祉に関連した医療福祉機器メーカー、健康産業 ほか
機械・電気・電子系
電気・電子機器、精密機器、自動車メーカー、ハードウェア、ソフトウェア産業、マルチメディア関連産業、生活関連機器産業 ほか

職種

● 医療機器設計技術者 ● 福祉機器設計技術者 ● 健康機器設計技術者
● カスタマーエンジニア ● 技術コンサルタント ● 電子機器設計者
● システムエンジニア ● 医療関連技士 ● 教員
● 公務員 ● 研究員 ほか  

進学

● 大学院の修士・博士後期課程へ

医用工学科オリジナルサイトへ

ページ先頭へ戻る

Copyright(C)TOKYO CITY UNIVERSITY All Rights Reserved.