旧:武蔵工業大学
東京都市大学
TOKYO CITY UNIVERSITY

学部・大学院
Academics

  • 学部・大学院
  • 学部・大学院TOPページ
  • 大学院
  • 工学部
    • 工学部の3つの方針
    • 機械工学科
    • 機械システム工学科
    • 原子力安全工学科
    • 医用工学科
    • 電気電子工学科
    • エネルギー化学科
    • 建築学科
    • 都市工学科
  • 知識工学部
  • 環境学部
  • メディア情報学部
  • 環境情報学部
  • 都市生活学部
  • 人間科学部
  • 学部・学科編成に伴う変更点
  • 共通教育部
  • 研究室ガイド
  • シラバス(教授要目)

訪問者別ナビゲーション

受験生の方へ
					オープンキャンパス・進学相談会の
					日程や各学部の入試概要等

在学生の方へ
					課外活動・年間行事
					生活支援について等

在学生の保護者の方へ
					大学後援会・保護者との連絡会
					について等

卒業生の方へ
					イベント情報・校友会・証明書申請等

企業の方へ
					求人のお申し込み・産官学連携
					について等

研究室ガイド

ホーム学部・大学院工学部 > エネルギー化学科

エネルギー化学科

エネルギー化学科オリジナルサイトへ

循環型エネルギーの実用化を、化学的アプローチで実現する

膨大なエネルギーを必要とする一方、化石燃料の枯渇などが叫ばれるなど、世界規模のエネルギークライシスに直面している現代社会。再生可能な循環型エネルギーの実用化は、国際社会の急務です。新エネルギー分野で国内トップレベルの研究業績を誇る本学では、化学・エネルギーの高度な専門知識・能力を備え、新しい技術を開発することで、人類の持続的な発展に貢献できる技術者・研究者を養成します。

学びの特色

化学・エネルギーの専門性に加え、「地球にやさしい」心を育てる。

化学をベースにした知識を身につけながら、環境や資源問題にも配慮できるよう、 エネルギーの発生・変換・貯蔵・利用についても学習します。
エネルギーを中心に工学全般を学びながら、化学的センスで問題を解決できるよう、材料開発からデバイス開発、システム設計に至るまで専門的に修得します。
燃料電池の開発、太陽電池や光触媒などの光利用技術、バイオエネルギー利用技術を柱に、光触媒による人工燃料の合成やバイオマス燃料などの新エネルギー源を開発します。

学びの内容

化学をベースに、エネルギー関連の物質・システムを系統的に学習

化学・エネルギーに関連する物質、材料、デバイスおよびシステムの基礎から応用までを学習し、再生可能な循環型エネルギーを創造する知識と技術を身につけます。

教育研究分野

エネルギー機能物質化学 高分子・バイオ化学

ナノテクノロジーを応用した、
環境にやさしい材料の開発。

太陽電池や光触媒用材料、燃料電池用電極材料、光変換材料などの研究を通じて、ナノテクノロジーを応用した環境にやさしいエネルギー機能性材料の開発を目指します。

【主な研究テーマ】

燃料電池の電極触媒
可視光も使える光触媒
環境にやさしい機能性有機材料
新しいタイプの太陽電池
機能を持った有機分子組織体

環境にやさしい高分子やバイオ分子を
使ったナノバイオ構造体を研究 。

エネルギー・環境に関連した機能性高分子材料の物性研究と利用技術開発。エネルギー変換効率が高く環境にやさしい高分子やバイオ分子を使った新規ナノバイオ材料構造体の作製・制御を行います。

【主な研究テーマ】

導電性ポリマー材料
高分子エネルギー材料創成と利用技術開発
バイオナノ組織制御
環境にやさしいナノバイオ素子
蓄電・発電デバイス用材料
エネルギー変換デバイス エネルギーナノ材料 水素エネルギーシステム

デバイスに注目し、新しいエネルギー
変換技術の確立を目指す。

エネルギー・環境問題の解決に向けて、新物質・新素材の開発とそれを応用したデバイスに注目。固体酸化物型燃料電池や人工光合成などの新しいエネルギー変換技術の確立を目指しています。

【主な研究テーマ】

固体酸化物型燃料電池
熱電半導体
燃料改質及び環境浄化用触媒の開発
人工光合成の研究
ピエゾアクチュエータ

ナノやミクロン大の物質が持つ機能を
活用した材料・エネルギーの探求。

ナノやミクロンの大きさの物質・形態や組織が持つ特質・機能に注目。カーボンナノチューブ、グラファイトフィルム、活性炭の調製・改質と機能開発など、エネルギーや材料に関する研究を実践しています。

【主な研究テーマ】

高熱伝導フィルム・ナノカーボン
水素製造と二酸化炭素固定化プロセスの研究
高容量キャパシターの開発
プロセスを促進する物質の探索とX線評価

水素を燃料とする、クリーンで
高効率な燃料電池システムを追求。

クリーンで高効率なエネルギーシステムの実現を目指し、水素を燃料とする燃料電池システムを研究します。

【主な研究テーマ】

【燃料電池システムの研究】
自動車用燃料電池の性能劣化軽減
パソコン・携帯電話用マイクロ燃料電池の性能向上
燃料電池の電気化学反応の計測手法開発

卒業後の進路

基礎研究、エネルギー管理、新エネルギー開発、新素材開発、プロセス技術開発、製品分析、品質管理、プラント設計、システム構築・設計・開発、リサイクル技術開発、産業廃棄物処理技術など。例年、約40%の卒業生が大学院修士課程へ進学しています。

系統

化学・物質・バイオ系
洗剤・化粧品、石油・化学、食品、医療・製薬、ライフサイエンス、醸造、金属・非鉄金属、印刷 ほか
エネルギー系
電力・ガス、自動車、機械、情報、サービス ほか

職種

● エネルギー管理技術者 ● 太陽電池開発技術者 ● 技術コンサルタント
● 機械設計技術者 ● プロセス開発エンジニア ● システム設計技術者
● 燃料電池開発技術者 ● 材料開発エンジニア ● 材料分析・品質管理技術者
● 研究員 ● 教員 ● 公務員 ほか    

進学

● 大学院の修士・博士後期課程へ

エネルギー化学科オリジナルサイトへ

ページ先頭へ戻る

Copyright(C)TOKYO CITY UNIVERSITY All Rights Reserved.