旧:武蔵工業大学東京都市大学TOKYO CITY UNIVERSITY

学部・大学院
Academics

  • 学部・大学院
  • 学部・大学院TOPページ
  • 大学院
  • 工学部
  • 知識工学部
    • 知識工学部の3つの方針
    • 情報科学科
    • 情報通信工学科
    • 経営システム工学科
    • 自然科学科
  • 環境学部
  • メディア情報学部
  • 都市生活学部
  • 人間科学部
  • 学部・学科編成に伴う変更点
  • 共通教育部
  • 研究室ガイド
  • シラバス(教授要目)

訪問者別ナビゲーション

受験生の方へ
					オープンキャンパス・進学相談会の
					日程や各学部の入試概要等

在学生の方へ
					課外活動・年間行事
					生活支援について等

在学生の保護者の方へ
					大学後援会・保護者との連絡会
					について等

卒業生の方へ
					イベント情報・校友会・証明書申請等

企業の方へ
					求人のお申し込み・産官学連携
					について等

研究室ガイド

ホーム学部・大学院知識工学部 > 自然科学科

自然科学科

自然科学科オリジナルサイトへ

自然科学の本質を理解して、「科学」と「社会」をつなぐ

地球の歴史や生物の進化など、自然界にはまだまだ数多くの謎が潜んでいます。本学では、学問領域の境界線にとらわれず、自然科学全般にわたる幅広い知識と、健全な判断力を身につけます。自分自身で調査・考察・検討を行えるようになるために、野外調査活動や機器分析、データ解析などの実践的な技術も学びます。さらには、学んだことを人々に分かりやすく伝える能力と、人々の疑問や意見などを専門家にしっかりと伝える能力を養っていきます。

学びの特色

「自然科学の本質」を体験を通じて学ぶ

自然科学の諸分野(植物学・動物学・地質学・地理学・天文学など)の知識を学ぶため、国内外に滞在し、現地の人と触れ合いながら実習を行います。
卒業研究では、学生一人ひとりが自ら工夫をしながら完結できるテーマを選択します。
学芸員資格科目を用意。博物館運営の経験者や、教育番組制作の経験を持つ教員が指導を行います。

学びの内容

調べる力、考える力、伝える力を身につけます

実験科目や野外実習科目を通じて、野外調査、機器分析、データ解析などの技能を修得。また、教員や学芸員、出版・放送人として、科学的なことを分かりやすく説明する能力を養います。

教育研究分野

地球の歴史 生物の進化

地球ができた過程、大陸変動、
宇宙の進化などを研究する。

地球の歴史は、すべて、地層や岩石に記録されています。また、それ以前の宇宙の歴史は、地球に降り注ぐ宇宙線からわかります。卒業研究では、地質調査や宇宙線観測により、地球ができた過程、大陸の変動、宇宙の進化などを考えます。

【主な研究テーマ】

地層や岩石を調べて、地殻、海洋、大気の変遷を考える。
宇宙線などを観測して、宇宙の進化を探る。

化石などの調査から、
生命の起源や太古の生物を考える。

地球上の生物は、自然条件などの影響により、絶えず進化をしています。卒業研究では、生物の形態、生態を調べることにより、生物進化の仕組みを考えます。また、化石などの調査結果をもとに、生命の起源や太古の生物について考えます。

【主な研究テーマ】

生物の進化の様子を調べる。
生命の起源や太古の生物について考える。
絶滅の危機にある生物を守る方法を考える。
生命の化学 分子の科学

生物のからだから作られる
生理活性物質の機能を調べる。

生物のからだでは、複雑で精密な化学反応を調節するために、特別な生理活性物質が活躍しています。卒業研究では、薬用植物などから生理活性物質を抽出して、その機能を調べます。さらに、これらを医薬品や香料などに利用する可能性を探ります。

【主な研究テーマ】

薬用植物などの生理活性物質を調べる。
微量な化学物質を分析する手法を考える。
水や水溶液の性質を調べる。

自然界の現象を解明し、
実用化の道を探る。

自然界の現象には、コロイド、液晶、高分子などのやわらかいもの(ソフトマテリアル)が大きな役割を果たしています。卒業研究では、これらの複雑なふるまいを解明し、 さらに、食品、化粧品、高分子材料などの開発に役立てる方法を考えます。

【主な研究テーマ】

コロイド粒子、液晶分子の運動を調べる。
高分子の弾性的性質、熱的性質を調べる。
理論物理学 数学

ミクロからマクロまで、
様々な現象を理論的に解明する。

素粒子・原子・分子といったミクロな世界から地球・星・宇宙といったマクロな世界まで、自然界は不思議な現象であふれています。卒業研究では、そうした現象のからくりを理論計算や計算機シミュレーションにより解明します。

【主な研究テーマ】

素粒子の性質や時空の構造を調べる。
原子や分子の運動の様子を調べる。
新しいシミュレーション手法を開発する。

自然界の構造や秩序の謎を、
解析学や微分幾何学などで調べる。

自然界の法則や規則性は、すべて、数学の研究対象になります。卒業研究では、宇宙空間の構造から生命現象の秩序まで、自然界に見られる様々な謎を解析学、微分幾何学、位相幾何学などの方法によって調べます。

【主な研究テーマ】

相対論、ブラックホール、曲面論
多様体論、グラフ理論、結び目理論
超関数、偏微分方程式、フーリエ変換

卒業後の進路

活躍の場は、教育機関、展示施設、マスコミ、官公庁、自治体などのほか、一般企業の調査分析部門、企画広報部門など、多岐にわたります。

系統

教育系
中学校、高等学校、専門学校、博物館、美術館、動物園、植物園、水族館、出版社、新聞社、放送局 ほか
調査分析・企画広報系
電子機器、化学、食品、製薬、化粧品、建設、小売業、広告、官公庁・自治体 ほか

職種

● 教員 ● 学芸員 ● 公務員
● 書籍・雑誌編集者 ● 新聞記者、雑誌記者 ● 技術文書作成
● 放送番組制作 ● 企画広報 ● 広告制作
● 機器分析・研究開発 ほか

進学

● 大学院の修士・博士後期課程へ

ページ先頭へ戻る

Copyright(C)TOKYO CITY UNIVERSITY All Rights Reserved.