旧:武蔵工業大学
				東京都市大学
				TOKYO CITY UNIVERSITY

学部・大学院
			Academics

  • 学部・大学院
  • 学部・大学院TOPページ
  • 大学院
  • 工学部
  • 知識工学部
  • 環境学部
  • メディア情報学部
  • 都市生活学部
    • 都市生活学部の3つの方針
    • 都市生活学科
  • 人間科学部
  • 学部・学科編成に伴う変更点
  • 共通教育部
  • 研究室ガイド
  • シラバス(教授要目)

訪問者別ナビゲーション

受験生の方へ
					オープンキャンパス・進学相談会の
					日程や各学部の入試概要等

在学生の方へ
					課外活動・年間行事
					生活支援について等

在学生の保護者の方へ
					大学後援会・保護者との連絡会
					について等

卒業生の方へ
					イベント情報・校友会・証明書申請等

企業の方へ
					求人のお申し込み・産官学連携
					について等

研究室ガイド

ホーム学部・大学院都市生活学部 > 都市生活学科

都市生活学科

都市生活学部オリジナルサイトへ

「都市のライフスタイル」「都市のマネジメント」「都市のデザイン」「都市のしくみ」の4領域から都市の本質を研究する

ライフスタイル、ビジネス、コミュニケーション、文化、娯楽…。都市を科学的に見つめると、そこにありとあらゆる本質が見えてきます。都市生活学部では、都市における様々な「社会的課題」を解決し、「価値ある都市生活」の持続的な実現に向けて、4つの領域を対象に教育研究を実施。都市に係わる「空間」や「商品・サービス」を企画・実施・運営できる人材を育てます。

学科の特色

考え抜かれたカリキュラムで、深く総合的に学ぶ

「都市のライフスタイル」「都市のマネジメント」「都市のデザイン」「都市のしくみ」の4つの科目群に分けたカリキュラムを設置。これらを横断的に選択し、より深く、専門的に学びます。
都市の文化・商業サービス活動、まちづくり、建物や住居の空間デザインの基本と応用に加え、魅力ある街や住まい、商品・サービスを企画・開発、実現、運営する力を養います。
経営学・経済学・社会学・商学・法学・都市工学・建築学・環境学・デザインなどの多岐にわたる学習で総合力を付け、プロジェクト演習・卒研等を通して4領域のいずれかにおける専門性を深めます。
都市のライフスタイル

創造的で豊かな都市生活のための文化・芸術・ビジネスを支えるスキルを養う。

都市生活をより創造的なものにする文化・芸術・楽しみ、それを世界の人と共有する観光と集客、都市の経済を活性化し商品やサービス、それらを支える経営戦略、マーケティング、物流、金融のシステムを学びます。それらを通して、毎日が楽しくなるような商品・空間・イベントなどを企画・実施できるスキルを身につけます。

【主な研究テーマ】

・都市の社会学 ・ファッション文化 ・都市観光計画
・ソーシャルマーケティング ・簿記論 ・広告コミュニケーション
・ブランド戦略 ・集客空間論 ・経営戦略論
・エリアマーケティング ・マーチャンダイジング ・集客学
・トラベルプランニング    
都市のマネジメント

都市の将来像を描き、ビジネス領域でのマネジメント力を習得する。

都市の将来像を描くマスタープラン、都市開発(不動産)、都市生活における新しい人と組織の関係(コミュニティ)、都市(タウン・エリア)や施設(プロパティ)の経営運営など、まちづくりや都市空間における様々な領域での総合的なプロデュース力・マネジメント力を習得します。

【主な研究テーマ】

・都市政策 ・住宅と不動産 ・まちの防災
・参加型まちづくり ・プランニングサーベイ ・都市空間の演出
・プロジェクトマネジメント ・都市開発プロジェクト ・商環境とホテルの企画
・エリアマネジメント ・不動産ビジネス ・コミュニティマネジメント
・ファシリティマネジメント    
都市のデザイン

美しく豊かな景観や空間をデザインする力を養う。

都市の美しい景観や豊かな都市空間の創造を担う都市デザイン、都市の活動の拠点となる建築・空間、人々の生活の基本である居住を支えるハウジングと居住環境のコミュニティデザイン、CAD、CG、プログラミング、BIMなどのデザインや企画・設計を支える技術を学びます。

【主な研究テーマ】

・都市デザイン ・インテリアデザインと実務 ・建築法規
・建築史 ・建築材料 ・建築空間論
・住宅計画 ・建築構造 ・リノベーションとコンバージョン
・構造力学(1)及び演習 ・構造力学(2)及び演習 ・鉄筋コンクリート構造
都市のしくみ

都市活動を支えるソフト・ハードのしくみを計画・運営する知識、技術を養う。

都市の様々なアクティビティを支えるインフラ、豊かな都市生活を共有するための環境、様々な都市活動を有効に機能させる公共政策、制度・システム、高齢化社会に向けた社会福祉のシステムとデザイン、都市を実際につくりあげる施工、工法、調達を考え、それを計画・実施・運営する力を養います。

【主な研究テーマ】

・都市の環境 ・都市の財政学 ・ユニバーサルデザイン
・情報社会とくらし ・ランドスケープデザイン ・都市のインフラ
・住まいの構法・生産・流通 ・住まいと環境 ・都市と交通
・都市計画(2) ・環境と設備 ・都市経営
・福祉のまちづくり    

学びの内容

都市づくりの専門力を段階的にスキルアップ

生活者ニーズ・社会課題の把握から、企画立案、事業推進、管理運営に至るまで、新時代の都市づくり・価値ある都市生活を総合的にマネジメントするための実践的なスキルを学んでいきます。
プロジェクト演習・総合ワーク
4年次の総合ワークは、卒業研究となります。プロジェクト演習の2つのテーマから1 つを選択し卒業研究につなげていきます。3年次のプロジェクト演習で、体験を通じて企画立案から成果までのサイクルを学習することになり、この経験と蓄積された知識・スキルが卒業後に大きく活かされます。
プロジェクト演習・応用ワーク
応用ワークでは、演習科目を中心にテーマを2つに絞ります。3大スキルを基礎に、専門知識・技術を深めていきます。さらに、自身のフィールドワークでの成果を統合し、行動を起こすための「プロジェクト・マネジメント」の能力を養成します。
3大スキル
すべての授業でパソコンを利用。基礎的なスキルを身につけながら、1〜2年次には都市研究に必要な「空間を創造できる能力」「コンピュータでデザインできる能力」「情報の収集・分析能力」の3大スキルを修得します。

卒業後の進路

プロジェクトの実践能力、マネジメント能力を活かして、様々な企業・業種での活躍が期待できます。

都市文化のクリエイター
商品開発クリエイター(流通、メーカー)、文化・芸術イベントのプロデューサー、広告プランナー(広告代理店)、編集者(出版社)、トラベルコーディネーター(旅行業、航空、鉄道)、インターネット開発クリエイター ほか
街づくりのプロデューサー
都市開発プロデューサー(デベロッパー)、都市プランナー、不動産ビジネスマン(不動産会社)、資産投資マネージャー(金融)、公務員(街づくり担当) ほか
住環境デザイナー
住宅デザイナー(ハウスメーカー)、建築デザイナー(建設会社)、住宅・関連商品開発クリエイター(メーカー)、インテリアデザイナー・コーディネーター、建築家、建築コンサルタント ほか

進 学

● 大学院の修士・博士後期課程へ

都市生活学部オリジナルサイトへ

ページ先頭へ戻る

Copyright(C)TOKYO CITY UNIVERSITY All Rights Reserved.