旧:武蔵工業大学
東京都市大学
TOKYO CITY UNIVERSITY

図書館・施設・研究所
Library&Facilities&Laboratory

  • 図書館・施設・研究所
  • 図書館・施設・研究所TOPページ
  • 図書館
  • 全学共通施設・研究所
  • 工学部・知識工学部関連施設
    • 原子力研究所
    • 情報基盤センター
    • 機器分析室
    • ものつくり支援センター
    • ガラス加工室
    • 体育館/学生食堂
    • 世田谷キャンパス図書館
    • ラーニング・コモンズ
  • 環境学部・メディア情報学部関連施設
  • 都市生活学部・人間科学部関連施設

訪問者別ナビゲーション

受験生の方へ
オープンキャンパス・進学相談会の
日程や各学部の入試概要等

在学生の方へ
課外活動・年間行事
生活支援について等

在学生の保護者の方へ
大学後援会・保護者との連絡会
について等

卒業生の方へ
イベント情報・校友会・証明書申請等

企業の方へ
求人のお申し込み・産官学連携
について等

ホーム図書館・施設・研究所工学部・知識工学部関連施設 > 原子力研究所

原子力研究所(王禅寺キャンパス)

無限の利用価値を求めて

原子力研究所は、1960年(昭和35年)原子力の平和利用に先立って、自然豊かな多摩丘陵の一郭(川崎市麻生区王禅寺地区)に開設されました。1963年にTRIGA-U型研究用原子炉(武蔵工大炉)の初回臨界を達成して以来、本学の学部・大学院学生を始め、日本全国の研究者・技術者に原子炉施設を開放してきました。殊に脳腫瘍・皮膚癌の治療研究、放射化分析による物質・環境中の微量元素の解析等で国際的な研究の成果を収めました。残念ながら、平成元年12月に炉心タンクから冷却水漏れが見つかり原子炉の運転を停止しました。2003年5月に原子炉廃止の方針決定をして永久機能停止措置を行い、2006年には使用済燃料を全て米国に返還しました。


原子炉は廃止されましたが、原子炉本体以外の施設・設備は残されています。原子炉施設・放射線取扱施設の安全管理の業務は続行され、教職員、原研配属の卒論・修士学生によって放射線源、実験設備、計測・制御機器等を使って特色ある教育と研究活動が今なお進められています。

また、平成20年度からは、原子力研究所と本学機械・電気系学科が協力して、原子力専門技術者・技能者を育成する「原子力安全工学科」を開設しました。エネルギーの需給における環境負荷低減、経済性向上、原子力の安全・安心確保による社会貢献を目指します。

>> 詳細は、『原子力研究所ホームページ』 のページにてご覧下さい。

ページ先頭へ戻る

Copyright(C)TOKYO CITY UNIVERSITY All Rights Reserved.