旧:武蔵工業大学
東京都市大学
TOKYO CITY UNIVERSITY

採用情報
Employment information

訪問者別ナビゲーション

受験生の方へ
オープンキャンパス・進学相談会の
日程や各学部の入試概要等

在学生の方へ
課外活動・年間行事
生活支援について等

在学生の保護者の方へ
大学後援会・保護者との連絡会
について等

卒業生の方へ
イベント情報・校友会・証明書申請等

企業の方へ
求人のお申し込み・産官学連携
について等

ホーム > 採用情報

採用情報

>> 専任事務職員採用(東京都市大学グループ)

東京都市大学グループの専任事務職員の募集についてはこちらから
>> 学校法人五島育英会 採用情報

>> 東京都市大学 工学部 機械工学科 教員公募(機械力学)
>> 東京都市大学 工学部 機械工学科 教員公募(自動車工学)
>> 東京都市大学 工学部 機械システム工学科 教員公募
>> 東京都市大学 工学部 原子力安全工学科 教員公募(リスク評価)
>> 東京都市大学 工学部 原子力安全工学科 教員公募(廃炉工学等)
>> 東京都市大学 工学部 原子力安全工学科 教員公募(熱流体工学)
>> 東京都市大学 工学部 原子力安全工学科 教員公募(材料強度学)
>> 東京都市大学 工学部 電気電子工学科 教員公募
>> 東京都市大学 工学部 エネルギー化学科 教員公募(無機物質化学)
>> 東京都市大学 工学部 建築学科 教員公募(建築構造)
>> 東京都市大学 工学部 建築学科 教員公募(建築設計)
>> 東京都市大学 工学部 都市工学科 教員公募(橋梁工学等)
>> 東京都市大学 工学部 都市工学科 教員公募(水環境工学等)
>> 東京都市大学 工学部 都市工学科 教員公募(建設マネジメント等)
>> 東京都市大学 知識工学部 情報科学科 教員公募(計算機ソフトウェア)
>> 東京都市大学 知識工学部 情報科学科 教員公募(画像工学)
>> 東京都市大学 知識工学部 情報通信工学科 教員公募
>> 東京都市大学 環境学部 環境マネジメント学科 教員公募
>> 東京都市大学 メディア情報学部 社会メディア学科 教員公募(マスコミュニケーション論等)
>> 東京都市大学 メディア情報学部 社会メディア学科 教員公募(メディア文化論等)
>> 東京都市大学 メディア情報学部 情報システム学科 教員公募
>> 東京都市大学 都市生活学部 都市生活学科 教員公募(環境計画)
>> 東京都市大学 都市生活学部 都市生活学科 教員公募(経済・経営・商学)
>> 東京都市大学 人間科学部 児童学科 教員公募
>> 東京都市大学 共通教育部 人文・社会科学系 教職教育部門 教員公募
>> 東京都市大学 共通教育部 自然科学系 数学教育部門 教員公募
>> 東京都市大学 共通教育部 自然科学系 物理学教育部門 教員公募
>> 東京都市大学 共通教育部 外国語共通教育センター 教員公募(英語を第一言語とする者)
>> 東京都市大学 共通教育部 外国語共通教育センター 教員公募(日本語を第一言語とする者)

東京都市大学 工学部 機械工学科 教員公募(機械力学)

1.募集人員 講師(常勤)1名
2.所属 工学部 機械工学科
3.専門分野 機械力学(制御工学、機械力学、振動工学等の関連分野)
4.担当予定科目
学部:
工業力学、機械力学、振動工学、破壊力学関連の科目、機械工学の導入科目、機械工学実験、製図など
ただし、すべての科目を担当するわけではありません。
5.任期 原則として3年、再任用2年を限度とする。
6.応募資格
(1)
博士の学位を有し、大学院修士課程の研究指導の補助が可能な方。
(2)
機械力学およびその関連分野について研究業績を有すること。
(3)
機械制御、特に自動車の自動運転を考慮した車両運動制御に詳しい方が望ましい。
(4)
心身ともに健康で、本学機械工学科の運営方針・教育研究活動に理解があり、熱意と協調性をもって学生の指導・教育を行える方。
7.待遇
給与等
:東京都市大学就業規則等による
休日
:日曜日、祝日、年末年始、その他本学の定めた日
 ただし、大学があらかじめ授業を実施すると定めた日を除く
社会保険
:私学事業団、雇用保険、労災保険
8.着任時期 平成29年4月1日
9.提出書類
(1)
履歴書(市販用紙、6か月以内の写真貼付、メールアドレスを必ず記入、学歴は大学以降すべて記入、職歴には職歴・職名・担当科目を記入、受賞歴等含む)
(2)
研究業績一覧(著書、査読付き論文、国際会議論文、特許、外部資金獲得状況、その他)
(業績別の一覧表として年代の新しいものから古いものへ番号を付けて提出)
(3)
主要論文の別刷り(10編以内、コピー可)
(4)
研究・教育業績の概要(A4で1枚程度、様式自由)
(5)
今後の研究・教育計画と抱負(A4で1枚程度、様式自由)
(6)
照会可能な推薦者の氏名、連絡先: 国内から3名
選考過程において、上記推薦者からの推薦状の提出を求めます。
※ 提出書類は全てA4版とし、各書類に氏名を記入してください。
※ 提出書類に含まれる個人情報は、選考および採用目的以外には使用しません。
10.応募締切 平成28年8月31日(水) 必着
11.選考方法
(1)
一次選考 書類審査
(2)
二次選考 一次選考合格者に対してのみ面接・模擬授業

※面接・模擬授業に要する旅費は支給いたしません。

12.書類送付先およびお問い合わせ先 〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1-28-1
東京都市大学 工学部 機械工学科
主任教授 眞保 良吉
電話: 03-5707-0104(内線2600)
E-mail:rshimpo@tcu.ac.jp
書類は封筒の表に「教員(機械工学科・機械力学講師)応募書類在中」と朱書し、不採用時の応募書類返信用封筒(必要切手貼付)を同封の上、簡易書留で郵送してください。
※ 返信用封筒(必要切手貼付)が同封されていない場合は提出物の一切を返却いたしません。

東京都市大学 工学部 機械工学科 教員公募(自動車工学)

1.募集人員 准教授または講師 1名
2.所属 工学部 機械工学科
3.専門分野 熱工学(内燃機関工学(トライボロジーを含む)、熱力学、燃焼工学、伝熱工学)およびその関連分野
4.担当予定科目
学部:
機械工学分野の科目(内燃機関、熱力学、燃焼工学、伝熱工学、トライボロジー、設計製図、機械工学実験等) 。
大学院:熱工学特論、内燃機関工学特論
ただし、すべての科目を担当するわけではありません。
5.任期 准教授は、任期なし(ただし、定年は65歳)。
講師は、原則として3年、再任用2年を限度とする。
6.応募資格
(1)
博士の学位を有すること。
(2)
大学院修士課程の研究指導資格を取得できる業績を有する、ないしはそれに準じる実績を有していること。
(3)
上記の専門分野(熱工学)およびその関連分野についての研究業績を有すること。
(4)
心身ともに健康で、熱意と協調性をもって学生の指導・教育を行えること。
7.待遇
給与等
:東京都市大学就業規則等による
休日
:日曜日、祝日、年末年始、その他本学の定めた日
 ただし、大学があらかじめ授業を実施すると定めた日を除く
社会保険
:私学事業団、雇用保険、労災保険
8.着任時期 平成29年4月1日
9.提出書類
(1)
履歴書(市販用紙、6か月以内の写真貼付、メールアドレスを必ず記入、学歴は大学以降すべて記入、職歴には職歴・職名・担当科目を記入、受賞歴等含む)
(2)
研究業績一覧(著書、査読付き論文、国際会議論文、特許、外部資金獲得状況、その他)
(業績別の一覧表として年代の新しいものから古いものへ番号を付けて提出)
(3)
主要論文の別刷り(10編以内、コピー可)
(4)
研究・教育業績の概要(A4で1枚程度、様式自由)
(5)
今後の研究・教育計画と抱負(A4で1枚程度、様式自由)
(6)
照会可能な推薦者の氏名、連絡先:(准教授・講師とも国内より3名)
選考過程において、上記推薦者からの推薦状の提出を求めます。
※ 提出書類は全てA4版とし、各書類に氏名を記入してください。
※ 提出書類に含まれる個人情報は、選考および採用目的以外には使用しません。
10.応募締切 平成28年10月14日(金) 必着
11.選考方法
(1)
一次選考 書類審査
(2)
二次選考 一次選考合格者に対してのみ面接・模擬授業

※面接・模擬授業に要する旅費は支給いたしません。

12.書類送付先およびお問い合わせ先 〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1-28-1
東京都市大学 工学部 機械工学科
主任教授 眞保 良吉
電話: 03-5707-0104(内線2600)
E-mail:rshimpo@tcu.ac.jp
応募書類は封筒の表に「機械工学科・内燃機関工学教員応募書類」と朱書し、簡易書留で郵送してください。
提出書類は、原則として返却しません。ただし、提出した研究業績(現物)の返却を希望する場合は、必要事項を記入した宅配便伝票(着払い)を添付、または返送先住所等を記入し必要切手を添付した返却用封筒を同封してください。

東京都市大学 工学部 機械システム工学科 教員公募

1.募集人数 准教授または講師1名
2.所属 機械システム工学科 熱流体システム研究室
3.専門領域 機械システム設計工学
4.担当予定科目 学部 :熱・流体工学などの基礎的な科目
大学院:熱流体システム工学特論
5.任期 准教授は、任期なし(ただし、定年は65歳)。
講師は、原則として3年、再任用2年を限度とする。
6.応募資格
(1)
博士の学位を有する方
(2)
大学院の教育・研究指導ができる方
(3)
学生指導に熱意のある方
公募の背景
当学科で熱流体工学分野を担当していた教授の退職に伴い、新たに同分野の教員を採用する必要があり、熱・流体工学について研究を行っている人材を採用したい。特に、募集する専門領域は機械システム設計工学であり、機器の熱や流体に関する設計開発技術に精通し、数値流体力学解析および実験解析の両者を得意とする人材の採用を希望する。また教育面においては、機械系分野を研究対象としている教員が、機械工学の基礎科目を教授することが望ましいので、熱・流体工学などの基礎的な科目を担当できる人材の採用を希望する。
7.待遇
給与等
:東京都市大学就業規則等による
休日
:日曜日、祝日、年末年始、その他本学の定めた日
 ただし、大学があらかじめ授業を実施すると定めた日を除く
社会保険
:私学事業団、雇用保険、労災保険
8.着任時期 平成29年4月1日
9.提出書類
(1)
履歴書(写真貼付、市販用紙可、学会歴、社会歴、受賞歴等含む)
(2)
研究業績・教育実績
  • 業績リスト (1.著書、2.査読付き学術論文、3.査読なし学術論文、4.依頼論文、5.国際会議発表論文、6.紀要、7.予稿あり研究発表、8.予稿なし研究発表、9.設計作品、10.登録特許等 ※各々年代の新しいものから順に番号を付けること。全て発行年(可能なものは月も)を記すこと。該当するものが無い場合は「無し」と記すこと。)
・外部資金の導入実績(文部科学省科研費、研究受託費、その他)
・教育実績(教授したことのある科目など)
(3)
主として最近5年間の主要研究論文の別刷(コピー可)
(4)
教育と研究に対する抱負(2000字以内)
(5)
本人について照会可能な推薦者3名(氏名、所属、連絡先、応募者との関係)
選考過程において、上記推薦者からの推薦状の提出を求めます。
10.応募締切 平成28年9月30日(金)(当日まで必着)
11.書類送付先およびお問い合わせ先 〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1-28-1
東京都市大学 工学部 機械システム工学科
主任教授 田中 康寛
TEL 03-5707-0104(内線3931)/FAX 03-5707-2156
E-mail:ytanaka@tcu.ac.jp
12.選考方法 一次選考:書類選考 
二次選考:一次選考合格者に対してのみ、面接・模擬授業
(面接および模擬授業に要する旅費は応募者の負担とします)
13.その他 応募書類は簡易書留で、封筒表面に「応募書類」と朱書きして下さい。なお、応募書類は返却できないこともありますので、予めご了承下さい。

東京都市大学 工学部 原子力安全工学科 教員公募(リスク評価)

1.募集人員 准教授 1名(常勤)
2.所属 工学部 原子力安全工学科
3.専門分野 原子力安全工学 // リスク評価
4.担当予定科目
学部:
原子力プラント工学、原子力リスク工学、原子力危機管理、実験実習関連科目等
大学院:
原子力関連法規・原子力危機管理学特論、原子力安全学特論、原子力耐震安全評価工学特論等
5.任期 任期なし(ただし、定年は 65 歳)
6.応募資格
(1)
博士の学位を有していること。
(2)
大学院修士課程の研究指導資格を取得できる業績を有していること。
(3)
軽水炉、次世代炉、原子力関連施設を対象とした内的事象及び外的事象に対する確率論的リスク評価に関する十分な見識を有していること。
(4)
原子力関連施設の規制制度、安全設計、安全評価及びシビアアクシデント解析等に関する十分な見識を有していること。
(5)
システム安全に関する国際規格、並びにシステム信頼性工学等に関する十分な見識を有していること。
(6)
実学に則した教育実践の観点から、教育機関、規制機関、企業から複数の執務経験を有することが望まれる。
(7)
学部学生及び大学院生の指導、教育に熱意を持ち、学生との交流に積極的に取り組み、学科、専攻の将来を長期的に担えること。
(8)
原子力関連の競争的資金に対して積極的に立案・申請し、プロジェクトマネージメントができること。
7.待遇
給与等
:東京都市大学就業規則等による
休日
:日曜日、祝日、年末年始、その他本学の定めた日
 ただし、大学があらかじめ授業を実施すると定めた日を除く
社会保険
:私学事業団、雇用保険、労災保険
8.着任時期 平成29年4月1日
9.提出書類
(1)
履歴書(写真添付,メールアドレスを必ず記入)、教歴年月、学歴、職歴、学会歴、社会歴、受賞歴等を含む
(2)
業績一覧表
研究業績:下記の分類にて整理
① 著書:単著、編著、共著の別
  • ② 学術論文:
  • 学会論文(審査あり・なし別)、国際会議論文(審査あり・なし別)、
    その他(依頼論文、紀要別)
③ その他(学会以外の研究発表、新聞・雑誌,報告書,その他別)
注)最新のものより、番号を付けて記載のこと
(3)
主要論文別刷(5編以内,コピー可)、著書(表紙、目次のコピー可)、本人関連の新聞記事(コピー可)など
(4)
教育実績および組織内業務等の実績(A4用紙一枚程度)
(5)
社会貢献活動(学会・協会等活動、地域貢献等)実績(A4用紙一枚程度)
(6)
着任後の教育・研究に対する計画と抱負(A4用紙一枚程度)
(7)
照会可能な推薦者3名の氏名、連絡先、応募者との関係
選考過程において、上記推薦者からの推薦状の提出を求めます。
※提出書類に含まれる個人情報は、本件の選考及び採用以外の目的には使用しません。
10.応募締切 平成28年9月15日(木)必着
11.書類送付先およびお問い合わせ先 〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1-28-1
東京都市大学 工学部 原子力安全工学科
主任教授 横堀 誠一
電話番号:03-5707-0104
E-mail:s-yokobo@tcu.ac.jp
12.選考方法
(1)
一次選考:書類選考
(2)
二次選考:一次選考合格者に対してのみ面接・模擬授業

※なお、面接・模擬授業に要する旅費は支給致しません。応募件数に拘わらず、応募資格に十分合致しない場合は採用を控える場合がありますことをご了承ください。

13.その他 応募書類は封筒に「応募書類」と朱書きし、簡易書留にて郵送してください。
提出書類は、原則として返却しません。ただし、提出した研究業績(現物)の返却を希望する場合は、必要事項を記入した宅配便伝票(着払い)を添付した返却用封筒を同封してください。

東京都市大学 工学部 原子力安全工学科 教員公募(廃炉工学等)

1.募集人員 教授 1名(常勤)
2.所属 工学部 原子力安全工学科
3.専門分野 原子力安全工学 // 廃炉工学、核燃料材料工学
4.担当予定科目
学部:
廃炉工学、核燃料・材料工学バックエンド安全工学、実験実習関連科目等
大学院:
核燃料サイクル工学特論、および廃止措置に関連する新設科目
(早稲田大学大学院共同原子力専攻も併任)
5.任期 任期なし(ただし定年は65歳)
6.応募資格
(1)
博士の学位を有していること。
(2)
大学院修士課程以上の研究指導資格を取得できる業績を有していること。英語での講義・指導が行えること。
(3)
寿命を終えた健全炉の廃炉技術の特定の領域において十分な見識を有し、かつ廃止措置に係る大局的な見識を有していること。
(4)
福島原発事故の核燃料デブリに関する技術開発プロジェクトに参画した経験があり、今後も継続して関連技術の開発プロジェクトをリーダーとして推進できること。
(5)
原子燃料の物性、分子動力学、照射挙動・照射後試験、炉内構造を構成する金属材料の酸化・腐食評価、廃棄物の貯蔵、あるいはシビアアクシデント時の核燃料の挙動解析など、廃止措置に関連した領域において十分な見識を有すること。
(6)
廃止措置の分野で3年以上の研究実績があり、本分野で最近5年間で5報以上の査読付き論文を有する方。
(7)
学部学生及び大学院生の指導、教育に熱意を持ち、学生との交流に積極的に取り組み、学科、専攻の将来を長期的に担えること。
(8)
原子力関連の競争的資金に対して積極的に立案・申請し、プロジェクトマネージメントができること。
7.待遇
給与等
:東京都市大学就業規則等による
休日
:日曜日、祝日、年末年始、その他本学の定めた日
 ただし、大学があらかじめ授業を実施すると定めた日を除く
社会保険
:私学事業団、雇用保険、労災保険
8.着任時期 平成29年4月1日
9.提出書類
(1)
履歴書(写真添付、メールアドレスを必ず記入)、
教歴年月、学歴、職歴、学会歴、社会歴、受賞歴等を含む
(2)
業績一覧表
研究業績:下記の分類にて整理
① 著書:単著、編著、共著の別
  • ② 学術論文:
  • 学会論文(審査あり・なし別)、国際会議論文(審査あり・なし別)、
    その他(依頼論文、紀要別)
③ その他(学会以外の研究発表、新聞・雑誌、報告書、その他別)
注)最新のものより、番号を付けて記載のこと
(3)
主要論文別刷(5編以内、コピー可)、著書、(表紙、目次のコピー可)、
本人関連の新聞記事(コピー可)など
(4)
教育実績および組織内業務等の実績(A4用紙一枚程度)
(5)
社会貢献活動(学会・協会等活動、地域貢献等)実績(A4用紙一枚程度)
(6)
着任後の教育・研究に対する計画と抱負(A4用紙一枚程度)
(7)
照会可能な推薦者5名(海外2名、国内3名)の氏名、連絡先、応募者との関係
選考過程において、上記推薦者からの推薦状の提出を求めます。
※提出書類に含まれる個人情報は、本件の選考及び採用以外の目的には使用しません。
10.応募締切 平成28年10月7日(金)必着
11.書類送付先およびお問い合わせ先 〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1-28-1
東京都市大学 工学部 原子力安全工学科
主任教授 横堀 誠一
電話番号:03-5707-0104
E-mail:s-yokobo@tcu.ac.jp
12.選考方法
(1)
一次選考:書類選考
(2)
二次選考:一次選考合格者に対してのみ面接・模擬授業

※なお、面接・模擬授業に要する旅費は支給致しません。応募件数に拘わらず、応募資格に十分合致しない場合は採用を控える場合がありますことをご了承ください。

13.その他 応募書類は封筒に「応募書類」と朱書きし、簡易書留にて郵送してください。
提出書類は、原則として返却しません。ただし、提出した研究業績(現物)の返却を希望する場合は、必要事項を記入した宅配便伝票(着払い)を添付した返却用封筒を同封してください。

東京都市大学 工学部 原子力安全工学科 教員公募(熱流体工学)

1.募集人員 教授 1名(常勤)
2.所属 工学部 原子力安全工学科
3.専門分野 原子力安全工学 // 熱流体工学
4.担当予定科目
学部:
熱流体工学、原子炉伝熱・流動工学、原子力安全工学、実験実習関連科目等
大学院:
原子炉熱流動学特論 I および II、原子力安全学特論等
(早稲田大学大学院の共同原子力専攻も併任)
5.任期 任期なし(ただし定年は65歳)
6.応募資格
(1)
博士の学位を有していること。
(2)
大学院博士課程の研究指導資格を取得できる業績を有していること。
(3)
軽水炉、次世代炉、原子力関連施設を対象としたシステムに通じ、定常および事故時の熱流体挙動に対するハード・ソフト面での評価に関して十分な見識を有していること。
(4)
熱流体という現象の独自性とその教育の重要性に鑑み、規模の大小を問わず実験の経験を有することが望ましい。
(5)
原子力関連施設の規制体系、安全設計、安全評価及びシビアアクシデント解析等、システム安全に関する十分な見識を有していること。
(6)
実学に則した教育実践の観点から、教育機関、規制機関、企業から複数の執務経験を有することが望まれる。
(7)
学部学生及び大学院生の指導、教育に熱意を持ち、学生との交流に積極的に取り組み、かつ学科、専攻の将来を長期的に担えること。
(8)
原子力関連の競争的資金に対して積極的に立案・申請し、プロジェクトマネージメントができること。
7.待遇
給与等
:東京都市大学就業規則等による
休日
:日曜日、祝日、年末年始、その他本学の定めた日
 ただし、大学があらかじめ授業を実施すると定めた日を除く
社会保険
:私学事業団、雇用保険、労災保険
8.着任時期 平成29年4月1日
9.提出書類
(1)
履歴書(写真添付,メールアドレスを必ず記入)、
教歴年月、学歴、職歴、学会歴、社会歴、受賞歴等を含む
(2)
業績一覧表
研究業績:下記の分類にて整理
① 著書:単著、編著、共著の別
  • ② 学術論文:
  • 学会論文(審査あり・なし別)、国際会議論文(審査あり・なし別)、
    その他(依頼論文,紀要別)
③ その他(学会以外の研究発表、新聞・雑誌、報告書、その他別)
注)最新のものより、番号を付けて記載のこと
(3)
主要論文別刷(5編以内、コピー可)、著書、(表紙、目次のコピー可)、
本人関連の新聞記事(コピー可)など
(4)
教育実績および組織内業務等の実績(A4用紙一枚程度)
(5)
社会貢献活動(学会・協会等活動、地域貢献等)実績(A4用紙一枚程度)
(6)
着任後の教育・研究に対する計画と抱負(A4用紙一枚程度)
(7)
照会可能な推薦者5名(海外2名、国内3名)の氏名、連絡先、応募者との関係
選考過程において、上記推薦者からの推薦状の提出を求めます。
※提出書類に含まれる個人情報は、本件の選考及び採用以外の目的には使用しません。
10.応募締切 平成28年10月11日(火)必着
11.書類送付先およびお問い合わせ先 〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1-28-1
東京都市大学 工学部 原子力安全工学科
主任教授 横堀 誠一
電話番号:03-5707-0104
E-mail:s-yokobo@tcu.ac.jp
12.選考方法
(1)
一次選考:書類選考
(2)
二次選考:一次選考合格者に対してのみ面接・模擬授業

※なお、面接・模擬授業に要する旅費は支給致しません。応募件数に拘わらず、応募資格に十分合致しない場合は採用を控える場合がありますことをご了承ください。

13.その他 応募書類は封筒に「応募書類」と朱書きし、簡易書留にて郵送してください。
提出書類は、原則として返却しません。ただし、提出した研究業績(現物)の返却を希望する場合は、必要事項を記入した宅配便伝票(着払い)を添付した返却用封筒を同封してください。

東京都市大学 工学部 原子力安全工学科 教員公募(材料強度学)

1.募集人員 教授または准教授 1名(常勤)
2.所属 工学部 原子力安全工学科
3.専門分野 原子力安全工学 // 材料強度学
4.担当予定科目
学部:
材料力学,原子力機械耐震工学,実験実習関連科目等
大学院:
原子力耐震安全工学特論等(早稲田大学大学院の共同原子力専攻も併任)
5.任期 任期なし(ただし定年は65歳)
6.応募資格
(1)
博士の学位を有していること。
(2)
大学院博士課程の研究指導資格を取得できる業績を有していること。
(3)
原子力施設における機器・配管等機械構造物の材料強度評価の観点からの耐震工学、
並びに機器・配管の実験、解析、設計等に関して十分な見識を有していること。
(4)
原子力施設における機器・配管等機械構造物の実務設計や材料の規格・基準に関して十分な見識を有していること。
(5)
学部学生及び大学院生の指導、教育に熱意を持ち、学生との交流に積極的に取り組み、
かつ学科、専攻の将来を長期的に担えること。
(6)
原子力関連の競争的資金に対して積極的に立案・申請し、プロジェクトマネージメントができること。
7.待遇
給与等
:東京都市大学就業規則等による
休日
:日曜日、祝日、年末年始、その他本学の定めた日
 ただし、大学があらかじめ授業を実施すると定めた日を除く
社会保険
:私学事業団、雇用保険、労災保険
8.着任時期 平成29年4月1日
9.提出書類
(1)
履歴書(写真添付,メールアドレスを必ず記入)、
教歴年月、学歴、職歴、学会歴、社会歴、受賞歴等を含む
(2)
業績一覧表
1) 研究業績:下記の分類にて整理
① 著書:単著、編著、共著の別
  • ② 学術論文:
  • 学会論文(審査あり・なし別)、国際会議論文(審査あり・なし別)、
    その他(依頼論文、紀要別)
③ その他(学会以外の研究発表、新聞・雑誌、報告書、その他別)
注)最新のものより、番号を付けて記載のこと
(3)
主要論文別刷(5編以内,コピー可)、著書、(表紙、目次のコピー可)、
本人関連の新聞記事(コピー可)など
(4)
教育実績および組織内業務等の実績(A4用紙一枚程度)
(5)
社会貢献活動(学会・協会等活動、地域貢献等)実績(A4用紙一枚程度)
(6)
着任後の教育・研究に対する計画と抱負(A4用紙一枚程度)
(7)
照会可能な推薦者(教授の応募は海外2名、国内3名の計5名、准教授は3名)の氏名、連絡先、応募者との関係
選考過程において、上記推薦者からの推薦状の提出を求めます。
※提出書類に含まれる個人情報は、本件の選考及び採用以外の目的には使用しません。
10.応募締切 平成28年10月20日(木)必着
11.書類送付先およびお問い合わせ先 〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1-28-1
東京都市大学 工学部 原子力安全工学科
主任教授 横堀 誠一
電話番号:03-5707-0104
E-mail:s-yokobo@tcu.ac.jp
12.選考方法
(1)
一次選考:書類選考
(2)
二次選考:一次選考合格者に対してのみ面接・模擬授業

※なお、面接・模擬授業に要する旅費は支給致しません。応募件数に拘わらず、応募資格に十分合致しない場合は採用を控える場合がありますことをご了承ください。

13.その他 応募書類は封筒に「応募書類」と朱書きし、簡易書留にて郵送してください。
提出書類は、原則として返却しません。ただし、提出した研究業績(現物)の返却を希望する場合は、必要事項を記入した宅配便伝票(着払い)を添付した返却用封筒を同封してください。

東京都市大学 工学部 電気電子工学科 教員公募

1.募集人員 教授(常勤)1名
2.所属学科 工学部 電気電子工学科
3.専門分野 電気機器工学分野//電気機器制御、ロボット関連分野
4.担当予定科目
学部:
電気回路、制御工学、電気機器工学関連の科目、メカトロ関連の学生実験および卒業研究など
大学院: 電機制御関連科目
5.任期 任期なし(ただし、定年は65歳)。
6.応募資格
(1)
博士の学位を有し、大学院修士課程・博士後期課程の研究指導が可能な方
(2)
ものつくりや実験を通じ、実践的ロボット研究において業績のある方
(3)
本学電気電子工学科の運営方針に理解をされ,協調性のある方
(4)
大学院科目においては英語での授業ができる方
(5)
心身ともに健康で、工学部電気電子工学科の教育研究活動に理解があり、学生の指導・教育に熱意がある方
7.待遇
給与等
:東京都市大学就業規則等による
休日
:日曜日、祝日、年末年始、その他本学の定めた日
 ただし、大学があらかじめ授業を実施すると定めた日を除く
社会保険
:私学事業団、雇用保険、労災保険
8.着任時期 平成29年4月1日
9.提出書類
(1)
履歴書(市販用紙、6か月以内の写真貼付、メールアドレスを必ず記入、
学歴は大学以降すべて記入、職歴には職歴・職名・担当科目を記入、受賞歴等含む)
(2)
研究業績一覧(著書、査読付き論文、国際会議論文、特許、外部資金獲得状況、その他)
(業績別の業績一覧表として年代の新しいものから古いものへの順で番号をつけて提出)
(3)
主要論文の別刷り(10編以内、コピー可)
(4)
研究・教育業績の概要(A4で1枚程度)
(5)
今後の研究・教育計画と抱負(A4で1枚程度、様式自由)
(6)
本人について照会可能な海外からの2名を含む推薦者5名(氏名と連絡先)
選考過程において、上記推薦者からの推薦状の提出を求めます。
※提出書類は全てA4判とし、各書類に氏名を記入してください
※提出書類に含まれる個人情報は、選考及び採用目的以外には使用しません
10.応募締切 平成28年9月15日(木) 必着
11.選考方法
(1)
一次選考 書類審査
(2)
二次選考 一次選考合格者に対してのみ面接・模擬講義

※面接・模擬授業に要する旅費は支給いたしません。

12.書類送付先およびお問い合わせ先 〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1-28-1
東京都市大学 工学部 電気電子工学科
主任教授 野平 博司
電話:03-5707-0104(内線2800/2788)
E-mail:hnohira@tcu.ac.jp
書類は封筒の表に「教員(電気電子工学科)応募書類在中」と朱書し、不採用時の応募書類返信用封筒(必要切手貼付)を同封の上、簡易書留で郵送してください。
※返信用封筒(必要切手貼付)が同封されていない場合は提出物の一切を返却いたしません。

東京都市大学 工学部 エネルギー化学科 教員公募(無機物質化学)

1.募集人員 准教授 1名 (常勤)
2.所属 工学部 エネルギー化学科
3.専門分野 無機物質化学
4.担当予定科目
学部:
無機化学、無機物質化学、無機材料化学、学生実験等の授業および卒業研究など
大学院:
無機材料プロセス学特論などに関する授業
5.任期 任期なし(ただし定年は65歳)
6.応募資格
(1)
博士の学位を有していること。
(2)
大学院修士課程の研究指導資格を取得できる業績を有する、ないしはそれに準じる実績を有していること。
(3)
無機物質化学を基盤とする機能性材料化学や複合材料工学の分野において研究業績を有していること。
(4)
これからの発展が見込まれる環境に配慮した機能性無機材料の創成や応用に関する研究を推進し、かつ学生を広範に指導できる方。
(5)
大学院科目においては英語での授業が可能な方
(6)
エネルギー化学科の運営方針を理解され、協調性のある方。
(7)
心身ともに健康で、エネルギー化学科の教育研究活動に理解があり、学生の指導・教育に熱意がある方。
7.待遇
給与等
:東京都市大学就業規則等による
休日
:日曜日、祝日、年末年始、その他本学の定めた日
 ただし、大学があらかじめ授業を実施すると定めた日を除く
社会保険
:私学事業団、雇用保険、労災保険
8.着任時期 平成29年4月1日
9.提出書類
(1)
履歴書(写真添付,メールアドレスを必ず記入)、
教歴年月、学歴、職歴、学会歴、社会歴、受賞歴等を含む
(2)
業績一覧表
1)研究業績:下記の分類にて整理
① 著書:単著、編著、共著の別
  • ② 学術論文:
  • 学会論文(審査有・無別)、国際会議論文(審査有・無別)、
    特許(出願・登録別)、その他(依頼論文等)
③ 外部資金獲得状況
④ その他(学会以外の研究発表、新聞・雑誌、報告書、その他別)
注)年代の新しいものから古いものへの順で番号をつけて提出
2)教育実績:担当された授業科目、教育内容等
① 専任教員として   ② 非常勤教員として
3)これまでの主な業務(学内または所属組織内等)
(3)
業績参考資料
1)研究実績の概要(A4 1枚程度)
2) 最近5年間の主要査読付研究論文の別刷 (10編以内、コピー可)
3) 教育実績の概要(A4 1枚程度)
(4)
今後の研究・教育に対する抱負(A4 1枚程度)
(5)
照会可能な推薦者の氏名、連絡先 : 国内から3名
選考過程において、上記推薦者からの推薦状の提出を求めます。
※ 提出書類に含まれる個人情報は、選考及び採用以外の目的には使用しません。
10.応募締切 平成28年10月7日(金)
11.書類送付先およびお問い合わせ先 〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1-28-1
東京都市大学 工学部 エネルギー化学科
学科主任 高橋 政志
電話番号:03-5707-0104 (内3817)
E-mail:mtakahas@tcu.ac.jp
12.選考方法
(1)
一次選考 書類審査
(2)
二次選考 一次選考通過者に対してのみ面接・模擬講義

※ 面接・模擬授業に要する旅費は応募者の負担とします。

13.その他 応募書類は封筒に「応募書類」と朱書きし、簡易書留にて郵送してください。
提出書類は、原則として返却しません。

東京都市大学 工学部 建築学科 教員公募(建築構造)

1.募集人員 教授または准教授 1名
2.所属 工学部 建築学科
3.専門分野 建築構造分野
4.予定担当科目 工学部建築学科および建築学専攻の構造系講義科目
5.任期 なし(ただし、定年は 65 歳)
6.応募資格
(1)
博士の学位を有し博士後期課程の研究指導を担当できること。
(2)
大学あるいは研究機関等での研究経験が豊富で、建築構造、建築構造設計に関する分野で優れた実績を有すること。
(3)
建築学科および建築学専攻の円滑な運営に協力し、学内の委員なども担当できること。
(4)
海外での研究経験や実績を有することが望ましく、英語による授業を担当できること。
(5)
学協会の研究表彰実績がある場合は考慮する。
7.待遇
給与等
:東京都市大学就業規則等による
休日
:日曜日、祝日、年末年始、その他本学の定めた日
 ただし、大学があらかじめ授業を実施すると定めた日を除く
社会保険
:私学事業団、雇用保険、労災保険
8.着任時期 平成29年4月1日
9.提出書類
(1)
履歴書(写真添付)、学歴、職歴、学会歴、受賞歴を含む
(2)
業績一覧
1)研究業績:下記の分類にて整理
① 著書
  • ② 学術論文:
  • 日本語論文(査読の有無)、英語論文(査読の有無)、
    国際会議論文(査読の有無)、その他
③ 発明特許:登録番号、発明の名称、実施物件
④ 業績表彰がある場合は、受賞対象技術、受賞作品、その他
⑤ 外部研究費獲得歴とその研究成果
2)教育実績:担当された授業科目、教育内容
非常勤講師、あるいは、専任教員として担当した授業科目
(3)
今後の研究教育活動に対する抱負(A4用紙 1枚程度)
(4)
本人について照会可能な推薦者(氏名、所属、連絡先,応募者との関係)
教授の場合は海外からの2名を含む推薦者5名
准教授の場合は国内からの推薦者3名
選考過程において、上記推薦者からの推薦状の提出を求めます。
※募集する職名を見直したため、一部、ご用意いただく書類が前回と異なりますので、ご注意ください。
10.応募締切 平成28年9月15日(木)必着
11.選考方法
(1)
一次選考 書類審査
(2)
二次選考 一次選考合格者に対してのみ面接・模擬授業

※面接・模擬授業に要する旅費は支給いたしません。

12.書類送付先およびお問い合わせ先 〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1-28-1
東京都市大学 工学部 建築学科
主任教授 勝又 英明
Tel:03-5707-0104 (内線3000)
E-mail:hkatsumt@tcu.ac.jp
13.その他 応募書類は封筒に「教授(建築学科)応募書類 在中」と朱書きの上、簡易書留にて郵送のこと。
応募書類は原則として返却しません。

東京都市大学 工学部 建築学科 教員公募(建築設計)

1.募集人員 教授または准教授1名
2.所属 工学部 建築学科
3.専門分野 建築設計
4.予定担当科目 工学部建築学科および建築学専攻の建築計画・設計系講義科目
5.任期 任期なし(ただし、定年は 65 歳)
6.応募資格
(1)
日本建築学会賞作品賞または同等の賞を受賞していることが望ましい。日本建築学会作品選集掲載または主要建築雑誌に掲載された建築設計の作品が複数あること。
(2)
大学院修士課程の研究指導資格を取得できる業績を有すること。
(3)
建築学科および建築学専攻の円滑な運営に協力し、学内の委員なども担当できること。
(4)
一級建築士資格を有していることが望ましい。
(5)
博士の学位を有している場合は考慮する。
(6)
海外での研究経験や実績を有することが望ましく、英語による授業を担当できること。
7.待遇
給与等
:東京都市大学就業規則等による
休日
:日曜日、祝日、年末年始、その他本学の定めた日
 ただし、大学があらかじめ授業を実施すると定めた日を除く
社会保険
:私学事業団、雇用保険、労災保険
8.着任時期 平成29年4月1日
9.提出書類
(1)
履歴書(写真添付)、学歴、職歴、学会歴、受賞歴を含む
(2)
業績一覧
1)研究業績:下記の分類にて整理
① 著書
  • ② 学術論文:
  • 日本語論文(査読の有無)、英語論文(査読の有無)、
    国際会議論文(査読の有無)、その他
③ 実施された作品(建築作品、その他作品別、受賞内容、掲載紙を記入)
④ その他(学会以外の研究発表、新聞・雑誌、報告書、その他別)
※ 年代の新しいものから古いものへの順で番号をつけて提出
※ 受賞歴のある作品には受賞名とその内容を説明のこと。
2)教育実績:担当された授業科目、教育内容
非常勤講師、あるいは、専任教員として担当した授業科目
(3)
研究業績参考資料
・最近5年間の主要査読付研究論文の別刷(コピー可)
・おおむね最近10年間の主要著書
・おおむね最近20年間の主要業務ないしプロジェクトの紹介資料
(4)
今後の研究教育活動に対する抱負(A4 用紙 1 枚程度)
(5)
本人について照会可能な推薦者(氏名、所属、連絡先,応募者との関係)
教授の場合は海外からの2 名を含む推薦者 5名
准教授の場合は国内からの推薦者3 名
選考過程において、上記推薦者からの推薦状の提出を求めます。
10.応募締切 平成28年9月15日(木)必着
11.選考方法
(1)
一次選考 書類審査
(2)
二次選考 一次選考合格者に対してのみ面接・模擬授業

※面接・模擬授業に要する旅費は応募者の負担とします。

12.書類送付先およびお問い合わせ先 〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1-28-1
東京都市大学 工学部 建築学科
主任教授 勝又 英明
Tel:03-5707-0104 (内線3000)
E-mail:hkatsumt@tcu.ac.jp
13.その他 応募書類は封筒に「教授(建築学科)応募書類 在中」と朱書きの上、簡易書留にて郵送のこと。 応募書類は原則として返却しません。

東京都市大学 工学部 都市工学科 教員公募(橋梁工学等)

1.募集人員 教授 1名(常勤)
2.所属 工学部 都市工学科
3.専門分野 橋梁工学 応用力学
4.担当予定科目
学部:
構造力学、鋼構造、メンテナンス工学、構造実験、等の授業および関連授業
大学院:
構造力学特論および関連する授業
5.任期 任期なし(ただし、定年は65歳)
6.応募資格
(1)
博士の学位を有すること。
(2)
大学院修士課程および博士後期課程の研究指導資格を取得できる業績を有すること。
(3)
学部学生および大学院生の指導、教育に熱意を持ち、学科の運営にも積極的に取り組める方。
(4)
英語による講義ができること。
7.待遇
給与等
:東京都市大学就業規則等による
休日
:日曜日、祝日、年末年始、その他本学の定めた日
 ただし、大学があらかじめ授業を実施すると定めた日を除く
社会保険
:私学事業団、雇用保険、労災保険
8.着任時期 平成29年4月1日
9.提出書類
(1)
履歴書 (写真添付、メールアドレスを必ず記入)、
教歴年月、学歴、職歴、学会歴、社会歴、受賞歴等含む
(2)
業績一覧表(1.著書、2.査読付き学術論文、3.査読なし学術論文、4.依頼論文、5.国際会議論文、
6.紀要、7.予稿あり研究発表、8.予稿なし研究発表、9.設計作品、10.登録特許等)
※各々年代の新しいものから順に番号を付けること。全て発行年(可能なものは月も)を記すこと。
(3)
主要論文別刷り(コピー可)、著書(表紙、目次などのコピー可)、
本人関連の新聞記事など(コピー可)
(4)
社会貢献活動(学会活動、地域貢献等)、教育実績および組織内業務等の実績(A4用紙1枚程度)
(5)
着任後の教育・研究に関する計画と抱負(A4用紙1枚程度)
(6)
照会可能な推薦者の氏名、連絡先および応募者との関係
(海外から2名および国内から3名の推薦者)
選考過程において、上記推薦者からの推薦状の提出を求めます。
※提出書類に含まれる個人情報は、選考及び採用以外の目的には使用しません
10.応募締切 平成28年9月30日(金)
11.書類送付先およびお問い合わせ先 〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1-28-1
東京都市大学 工学部 都市工学科
主任教授 丸山 收
Tel:03-5707-0104 / FAX:03-5707-2187
E-mail:omaruya@tcu.ac.jp
12.選考方法
(1)
一次選考 書類審査
(2)
二次選考 一次選考通過者に対してのみ面接・模擬講義

※面接・模擬授業に要する旅費は、応募者の負担とします。

13.その他 応募書類は封筒に「応募書類」と朱書きし、簡易書留にて郵送してください。
提出書類は、原則として返却しません。ただし、提出した研究業績(現物)の返却を希望する場合は、必要事項を記入した宅配便伝票(着払い)を添付した返却用封筒を同封してください。

東京都市大学 工学部 都市工学科 教員公募(水環境工学等)

1.募集人員 准教授 1名(常勤)
2.所属 工学部 都市工学科
3.専門分野 水環境工学、環境水理学
4.担当予定科目
学部:
水理学、海岸工学、港湾工学、水理学実験、等の授業および関連授業
大学院:
水理学特論および関連する授業
5.任期 任期なし(ただし、定年は65歳)
6.応募資格
(1)
博士の学位を有すること。
(2)
大学院修士課程および博士後期課程の研究指導資格を取得できる業績を有すること。
(3)
学部学生および大学院生の指導、教育に熱意を持ち、学科の運営にも積極的に取り組める方。
(4)
英語による講義ができること。
7.待遇
給与等
:東京都市大学就業規則等による
休日
:日曜日、祝日、年末年始、その他本学の定めた日
 ただし、大学があらかじめ授業を実施すると定めた日を除く
社会保険
:私学事業団、雇用保険、労災保険
8.着任時期 平成29年4月1日
9.提出書類
(1)
履歴書 (写真添付、メールアドレスを必ず記入)、
教歴年月、学歴、職歴、学会歴、社会歴、受賞歴等含む
(2)
業績一覧表(1.著書、2.査読付き学術論文、3.査読なし学術論文、4.依頼論文、5.国際会議論文、
6.紀要、7.予稿あり研究発表、8.予稿なし研究発表、9.設計作品、10.登録特許等)
※各々年代の新しいものから順に番号を付けること。全て発行年(可能なものは月も)を記すこと。
(3)
主要論文別刷り(コピー可)、著書(表紙,目次などのコピー可)、
本人関連の新聞記事など(コピー可)
(4)
社会貢献活動(学会活動、地域貢献等)、教育実績および組織内業務等の実績(A4用紙1枚程度)
(5)
着任後の教育・研究に関する計画と抱負(A4用紙1枚程度)
(6)
照会可能な推薦者の氏名、連絡先および応募者との関係(国内から3名の推薦者)
選考過程において、上記推薦者からの推薦状の提出を求めます。
※提出書類に含まれる個人情報は、選考及び採用以外の目的には使用しません。
10.応募締切 平成28年9月30日(金)
11.書類送付先およびお問い合わせ先 〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1-28-1
東京都市大学 工学部 都市工学科
主任教授 丸山 收
Tel:03-5707-0104 / FAX:03-5707-2187
E-mail:omaruya@tcu.ac.jp
12.選考方法
(1)
一次選考 書類審査
(2)
二次選考 一次選考通過者に対してのみ面接・模擬講義

※面接・模擬授業に要する旅費は、応募者の負担とします。

13.その他 応募書類は封筒に「応募書類」と朱書きし、簡易書留にて郵送してください。
提出書類は、原則として返却しません。ただし、提出した研究業績(現物)の返却を希望する場合は、必要事項を記入した宅配便伝票(着払い)を添付した返却用封筒を同封してください。

東京都市大学 工学部 都市工学科 教員公募(建設マネジメント等)

1.募集人員 准教授または教授1名(常勤)
2.所属 工学部 都市工学科
3.専門分野 建設マネジメント、社会基盤マネジメント、建設事業計画
4.担当予定科目
学部:
インフラマネジメント、建設施工マネジメント、都市工学実験演習他の基礎的科目
大学院:
建設マネジメント特論及び、社会人対象・社会基盤マネジメントプログラムの科目
5.任期 任期なし(ただし、定年は65歳)
6.応募資格
(1)
博士の学位を有すること。
(2)
大学院修士課程および博士後期課程の研究指導資格を取得できる業績を有すること。
(3)
学部学生および大学院生の指導、教育に熱意を持ち、学科の運営にも積極的に取り組める方。
(4)
英語による講義ができること。
7.待遇
給与等
:東京都市大学就業規則等による
休日
:日曜日、祝日、年末年始、その他本学の定めた日
 ただし、大学があらかじめ授業を実施すると定めた日を除く
社会保険
:私学事業団、雇用保険、労災保険
8.着任時期 平成29年4月1日
9.提出書類
(1)
履歴書 (写真添付、メールアドレスを必ず記入)、
教歴年月、学歴、職歴、学会歴、社会歴、受賞歴等含む
(2)
業績一覧表(1.著書、2.査読付き学術論文、3.査読なし学術論文、4.依頼論文、5.国際会議論文、
6.紀要、7.予稿あり研究発表、8.予稿なし研究発表、9.設計作品、10.登録特許等)
※各々年代の新しいものから順に番号を付けること.全て発行年(可能なものは月も)を記すこと。
(3)
主要論文別刷り(コピー可)、著書(表紙、目次などのコピー可)、
本人関連の新聞記事など(コピー可)
(4)
社会貢献活動(学会活動、地域貢献等)、教育実績および組織内業務等の実績(A4用紙1枚程度)
(5)
着任後の教育・研究に関する計画と抱負(A4用紙1枚程度)
(6)
照会可能な推薦者の氏名、連絡先および応募者との関係
(准教授:国内から3名の推薦者、教授:海外から2名および国内から3名の推薦者)
 選考過程において,上記推薦者からの推薦状の提出を求めます。
※ 提出書類に含まれる個人情報は、選考及び採用以外の目的には使用しません
10.応募締切 平成28年9月30日(金)
11.書類送付先およびお問い合わせ先 〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1-28-1
東京都市大学 工学部 都市工学科
主任教授 丸山 收
Tel:03-5707-0104 / FAX:03-5707-2187
E-mail:omaruya@tcu.ac.jp
12.選考方法
(1)
一次選考 書類審査
(2)
二次選考 一次選考通過者に対してのみ面接・模擬講義

※面接・模擬授業に要する旅費は、応募者の負担とします。

13.その他 応募書類は封筒に「応募書類」と朱書きし、簡易書留にて郵送してください。
提出書類は、原則として返却しません。ただし、提出した研究業績(現物)の返却を希望する場合は、必要事項を記入した宅配便伝票(着払い)を添付した返却用封筒を同封してください。

東京都市大学 知識工学部 情報科学科 教員公募(計算機ソフトウェア)

1.募集人員 教授(常勤) 1名
2.所属 知識工学部 情報科学科
3.専門分野 計算機ソフトウェア (主にオペレーティングシステム、スケジューリングアルゴリズム、リアルタイムシステムなど)
4.担当予定科目 学部:オペレーティングシステム、アルゴリズムとデータ構造、組込みシステムなど
大学院:オペレーティングシステム特論など
5.任期 任期なし(ただし、定年は65歳)
6.応募資格
(1)
博士の学位を有し、大学院修士課程・博士後期課程の研究指導が可能な方。
(2)
オペレーティングシステム、スケジューリングアルゴリズム及び関連分野において顕著な研究業績があり、特に最近5年間で複数の査読付き論文を有する方。
(3)
国内外を問わず対外的な活動に積極的で、大学の国際化に貢献できる方。
(4)
心身ともに健康で、知識工学部情報科学科の研究教育活動に理解があり、情報科学科の教員と協力して研究・教育が行える方。
7.待遇
給与等
:東京都市大学就業規則等による
休日
:日曜日、祝日、年末年始、その他本学の定めた日
 ただし、大学があらかじめ授業を実施すると定めた日を除く
社会保険
:私学事業団、雇用保険、労災保険
8.着任時期 平成29年4月1日
9.提出書類
(1)
履歴書(市販用紙、6か月以内の写真貼付、メールアドレスを必ず記入。学歴は大学以降すべて記入、職歴には職歴・職名・担当科目を記入)
(2)
研究業績一覧(著書、査読有論文(和文)、査読有論文(外国語)、国際会議、研究会、
学会発表(和文)、学会発表(外国語)、特許、科学研究費獲得実績、外部研究資金獲得実績、
受賞歴、その他にまとめて最新のものより記載)
(3)
主要論文別刷(10編以内、コピー可)、著書(表紙、目次などのコピー可)
(4)
教育実績・学協会など活動実績・組織内業務一覧
(5)
本学に採用された場合における、今後の研究計画と教育に対する抱負
(それぞれA4用紙1枚程度、様式自由)
(6)
本人について照会可能な海外からの2名を含む推薦者5名(氏名、所属、連絡先,応募者との関係)
選考過程において、上記推薦者からの推薦状の提出を求めます。
※提出書類は全てA4判とし、各書類に氏名を記入してください。
※提出書類に含まれる個人情報は、選考及び採用目的以外には使用しません。
10.応募締切 平成28年8月31日(水) 必着
11.選考方法
(1)
一次選考 書類審査
(2)
二次選考 一次選考合格者に対してのみ面接・模擬講義
※面接・模擬講義に要する旅費は支給いたしません。
12.書類送付先およびお問い合わせ先 〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1-28-1
東京都市大学 知識工学部 情報科学科
主任教授 宮内 新
電話 03-5707-0104(内線3724)
E-mail:amiya@tcu.ac.jp
書類は封筒の表に「教授(情報科学科)応募書類在中」と朱書し、不採用時の応募書類返信用封筒(必要切手貼付)を同封の上、簡易書留で郵送してください。
※返信用封筒(必要切手貼付)が同封されていない場合は提出物の一切を返却いたしません。

東京都市大学 知識工学部 情報科学科 教員公募(画像工学)

1.募集人員 准教授(常勤) 1名
2.所属 知識工学部 情報科学科
3.専門分野 画像工学
4.担当予定科目 学部:プログラミング、情報リテラシー、離散数学、数値解析など
大学院:画像情報処理特論、色彩工学特論など
5.任期 任期なし(ただし、定年は65歳)
6.応募資格
(1)
博士の学位を有し、大学院修士課程の研究指導が可能な方。
(2)
画像工学分野において顕著な研究業績があり、特に最近5年間で複数の査読付き論文を有する方。
(3)
国内外を問わず対外的な学会活動にも積極的に貢献できる方。
(4)
心身ともに健康で、知識工学部情報科学科の研究教育活動に理解があり、情報科学科の教員と協力して研究・教育が行える方。
7.待遇
給与等
:東京都市大学就業規則等による
休日
:日曜日、祝日、年末年始、その他本学の定めた日
 ただし、大学があらかじめ授業を実施すると定めた日を除く
社会保険
:私学事業団、雇用保険、労災保険
8.着任時期 平成29年4月1日
9.提出書類
(1)
履歴書(市販用紙、6か月以内の写真貼付、メールアドレスを必ず記入。学歴は大学以降すべて記入、職歴には職歴・職名・担当科目を記入)
(2)
研究業績一覧(著書、査読有論文(和文)、査読有論文(外国語)、国際会議、研究会、
学会発表(和文)、学会発表(外国語)、特許、科学研究費獲得実績、外部研究資金獲得実績、
受賞歴、その他にまとめて最新のものより記載)
(3)
主要論文別刷(10編以内、コピー可)、著書(表紙、目次などのコピー可)
(4)
教育実績・学協会など活動実績・組織内業務一覧
(5)
本学に採用された場合における、今後の研究計画と教育に対する抱負
(それぞれA4用紙1枚程度、様式自由)
(6)
本人について照会可能な推薦者3名(氏名、所属、連絡先,応募者との関係)
選考過程において、上記推薦者からの推薦状の提出を求めます。
※提出書類は全てA4判とし、各書類に氏名を記入してください。
※提出書類に含まれる個人情報は、選考及び採用目的以外には使用しません。
10.応募締切 平成28年8月31日(水) 必着
11.選考方法
(1)
一次選考 書類審査
(2)
二次選考 一次選考合格者に対してのみ面接・模擬講義
※面接・模擬講義に要する旅費は支給いたしません。
12.書類送付先およびお問い合わせ先 〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1-28-1
東京都市大学 知識工学部 情報科学科
主任教授 宮内 新
電話 03-5707-0104(内線3724)
E-mail:amiya@tcu.ac.jp
書類は封筒の表に「准教授(情報科学科)応募書類在中」と朱書し、不採用時の応募書類返信用封筒(必要切手貼付)を同封の上、簡易書留で郵送してください。
※返信用封筒(必要切手貼付)が同封されていない場合は提出物の一切を返却いたしません。

東京都市大学 知識工学部 情報通信工学科 教員公募

1.募集人員 教授または准教授 1名
2.所属 知識工学部 情報通信工学科
3.専門分野 コンピュータネットワーク、ユビキタスネットワーク
4.担当予定科目 学部:コンピュータネットワーク、ユビキタスネットワーク、およびその関連の科目
大学院:コンピュータネットワークなど
5.任期 任期無し(但し、定年は65歳)
6.応募資格
(1)
博士の学位を有すること
(2)
大学院修士課程及び博士後期課程の論文指導が可能な方
(3)
コンピュータネットワーク、ユビキタスネットワーク、アドホック無線/センサネットワーク、無線メッシュネットワーク、P2P(Peer-to-Peer)ネットワーク、ネットワーク制御とルーチングプロトコル、マルチキャスト、VoIP (Voice over IP)、フロー・キューイング制御、クロスレイヤ制御、QoS制御及び評価、ネットワーク性能評価について優れた研究業績を有すること。
(4)
本学情報通信工学科の運営方針を理解され、協調性のある方
(5)
学生の指導・教育に熱意があること。
7.待遇
給与等
:東京都市大学就業規則等による
休日
:日曜日、祝日、年末年始、その他本学の定めた日
 ただし、大学があらかじめ授業を実施すると定めた日を除く
社会保険
:私学事業団、雇用保険、労災保険
8.着任時期 平成29年4月1日
9.提出書類 下記の(1)から(6)を各1部
(1)
履歴書(写真添付、学会歴、社会歴、受賞歴等含む)
(2)
研究業績一覧(著書、査読付き論文、国際会議論文、特許、その他)
(業績別の業績一覧表として年代の新しいものから古いものへの順で番号をつけて提出)
(3)
主要論文の別刷り(10編以内、コピー可)
(4)
研究・教育業績の概要(A4で1枚程度)
(5)
今後の研究・教育計画と抱負(A4で1枚程度)
(6)
本人についてご照会できる方(3名の氏名と連絡先)
※ 選考の過程において、海外からの推薦状を求める場合があります。
※ 提出書類に含まれる個人情報は、本件の選考および採用以外の目的には使用しません。
10.応募締切 平成28年8月19日(金) 必着
11.書類送付先およびお問い合わせ先 〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1-28-1
東京都市大学 知識工学部 情報通信工学科
主任教授 佐和橋 衛
電話 03-5707-0104(内線2951)
E-mail:sawahasi@tcu.ac.jp
12.選考方法 書類および面接による選考のほかに、模擬講義も行っていただく場合があります。
(なお、面接、模擬講義に要する旅費は支給いたしません。)
13.その他 ・封筒に「教員応募書類在中」と朱書きし、簡易書留にて郵送してください。
・送り状にはE-mailアドレスおよびFAX番号も記載してください。
・応募書類は原則として返却いたしません。

東京都市大学 環境学部 環境マネジメント学科 教員公募

1.公募人数 准教授または講師1名
2.所属 環境学部 環境マネジメント学科
3.専門分野 環境経営
4.担当予定科目 環境会計、環境マーケティング、廃棄物・資源循環、化学物質管理など環境経営学の科目、および、情報編集入門、情報リテラシー演習
5.任期 准教授は任期無し(但し、定年は65歳)
講師は原則として3年、再任用2年を限度とする
6.応募資格
(1)
博士の学位を有し、またはそれに準じる環境経営に関わる十分な経験を持ち、大学院においても教育・指導ができる方。
(2)
環境会計、環境マーケティング、廃棄物・資源循環、化学物質管理など環境経営学領域での業績があり、社会問題の課題発見、情報収集、編集、発信の一連のプロセス等について教育・研究できる方。
(3)
学生の指導・教育に熱意がある方。
(4)
学科の運営方針に理解があり、運営に積極的に関与できる方。
7.待遇
給与等
:本学規定による
休日
:日曜日、祝日、年末年始、その他本学の定めた日
 ただし、大学があらかじめ授業を実施すると定めた日を除く
社会保険
:私学事業団、雇用保険、労災保険
8.着任時期 平成29年4月1日
9.提出書類 下記の(1)から(6)を各1部
(1)
履歴書 (写真添付、メールアドレスを必ず記入)、
教育歴年月、学歴、職歴、学会歴、社会貢献、受賞歴等含む
(2)
業績一覧表
① 著書: 単著、編著、共著の別
  • ② 学術論文:
  • 学会論文(審査有・無別)、国際会議論文(審査有・無別)、
    依頼論文、紀要・機関誌、研究発表、その他
③ 実施された作品等(映像作品、特許)
④ その他(学会以外の研究発表、新聞・雑誌、報告書、その他別)
注1)年代の新しいものから古いものへの順で番号をつけて提出
注2)受賞歴のある作品には受賞名、受賞者名とその内容を説明のこと
(3)
業績参考資料
・最近5年間の主要論文の別刷り(10編以内、コピー可)
・おおむね最近10年間の主要著書、主要業務ないしプロジェクトの紹介資料
(4)
研究業績、教育業績、実務経験の概要(A4で1枚程度)
(5)
今後の研究・教育計画と抱負(A4で1枚程度)
(6)
本人について照会できる方3名(氏名、所属、連絡先、応募者との関係)
※ 選考が進んだ段階で、原則として、3通の推薦状の提出を求めます。
※ 提出書類はすべてA4判とし、各書類に氏名を記入してください。
※ 提出書類に含まれる個人情報は、本件の選考および採用以外の目的には使用しません。
10.応募締切 平成28年10月15日(土)必着
11.選考方法 第一次選考(書類選考)、第二次選考(面接、模擬授業等)を経て採否の決定を行う。 採否は選考過程終了後、応募者各位に通知する。選考過程における採用決定に関する情報は非公開とする。
なお、面接・模擬授業に要する旅費は応募者の負担とします。
12.書類送付先およびお問い合わせ先 〒224-8551 横浜市都筑区牛久保西3-3-1
東京都市大学 環境学部 環境マネジメント学科
主任教授 小野 直樹
E-mail:ono@tcu.ac.jp
書類は封筒の表に「教員(環境マネジメント学科「環境経営」)応募書類在中」と朱書し、簡易書留で郵送してください。送り状にはE-mailアドレスおよびFAX番号も記載してください。なお応募書類は、原則として返却いたしません。ただし、提出した業績参考資料の返却を希望する場合は、必要事項を記入した宅配便伝票(着払い)を添付した返却用封筒を同封してください。

東京都市大学 メディア情報学部 社会メディア学科 教員公募(マスコミュニケーション論等)

1.募集人員 教授または准教授1名
2.所属 メディア情報学部 社会メディア学科
3.専門分野 マスコミュニケーション論、メディア学、政治学
4.担当予定科目 ジャーナリズム論、現代国内情勢、情報発信入門、情報編集入門など
5.任期 任期無し(但し、定年は65歳)
6.応募資格
(1)
博士の学位を有し、またはそれに準じるジャーナリズムにおける実践者としての豊富な経験を持ち、大学院においても教育・指導ができる方。
(2)
マスコミュニケーション、メディア、政治社会領域での業績があり、社会問題の課題発見、情報収集、編集、発信の一連のプロセス等について教育・研究できる方。
(3)
学生の指導・教育に熱意がある方。
(4)
学科の運営方針に理解があり、運営に積極的に関与できる方。
7.待遇
給与等
:東京都市大学就業規則等による
休日
:日曜日、祝日、年末年始、その他本学の定めた日
 ただし、大学があらかじめ授業を実施すると定めた日を除く
社会保険
:私学事業団、雇用保険、労災保険
8.着任時期 平成29年4月1日
9.提出書類 下記の(1)から(6)を各1部
(1)
履歴書 (写真添付、メールアドレスを必ず記入)、
教育歴年月、学歴、職歴、学会歴、社会貢献 、受賞歴等含む
(2)
業績一覧表
① 著書: 単著、編著、共著の別
  • ② 学術論文:
  • 学会論文(審査有・無別)、国際会議論文(審査有・無別)、
    依頼論文、紀要・機関誌、研究発表、その他
③ 実施された作品等(映像作品、特許)
④ その他(学会以外の研究発表、新聞・雑誌、報告書、その他別)
注1)年代の新しいものから古いものへの順で番号をつけて提出
注2)受賞歴のある作品には受賞名、受賞者名とその内容を説明のこと
(3)
業績参考資料
・最近5年間の主要論文の別刷り(10編以内、コピー可)
・おおむね最近10年間の主要著書
・おおむね最近20年間の主要業務ないしプロジェクトの紹介資料
(4)
研究業績、教育業績、実務経験の概要(A4で1枚程度)
(5)
今後の研究・教育計画と抱負(A4で1枚程度)
(6)
本人について照会できる方3名(氏名、所属、連絡先、応募者との関係)
※ 選考が進んだ段階で、原則として、教授の場合には海外からの2名を含む5通の推薦状の提出を、
  准教授の場合には国内からの3通の推薦状の提出を求めます。
※ 提出書類はすべてA4判とし、各書類に氏名を記入してください。
※ 提出書類に含まれる個人情報は、本件の選考および採用以外の目的には使用しません。
10.応募締切 平成28年9月5日(月)必着
11.選考方法 第一次選考(書類選考)、第二次選考(面接、模擬授業等)を経て採否の決定を行う。 採否は選考過程終了後、応募者各位に通知する。選考過程における採用決定に関する情報は非公開とする。
なお、面接・模擬授業に要する旅費は支給されません。
12.書類送付先およびお問い合わせ先 〒224-8551 横浜市都筑区牛久保西3-3-1
東京都市大学 メディア情報学部 社会メディア学科
主任教授 川村 久美子
E-mail:kawamura@tcu.ac.jp
書類は封筒の表に「教員(社会メディア学科「ジャーナリズム」)応募書類在中」と朱書し、簡易書留で郵送してください。送り状にはE-mailアドレスおよびFAX番号も記載してください。なお応募書類は、原則として返却いたしません。ただし、提出した業績参考資料の返却を希望する場合は、必要事項を記入した宅配便伝票(着払い)を添付した返却用封筒を同封してください。

東京都市大学 メディア情報学部 社会メディア学科 教員公募(メディア文化論等)

1.公募人員 教授1名
2.所属 メディア情報学部 社会メディア学科
3.専門分野 メディア文化論、情報デザイン
4.担当予定科目 メディア文化論、プロジェクト学習、情報と職業、社会文化フィールドワークなど
5.任期 任期無し(但し、定年は 65 歳)
6.応募資格
(1)
博士(あるいはPh.D)の学位を有し、大学院修士課程・博士課程の研究指導ができる研究業績を有する方。
(2)
認知科学、メディア社会学などの専門分野の研究者で、とくにメディア文化、情報デザインなどの領域で豊富な研究業績を有する方。 また、フィールドワーク法、PBLなどアクティブラーニングの教授法を熟知しており、そうした指導経験を多く有する方。
(3)
学生の指導・教育に熱意がある方。
(4)
学科の運営方針に理解があり、運営に積極的に関与できる方。
7.待遇
給与等
:東京都市大学就業規則等による
休日
:日曜日、祝日、年末年始、その他本学の定めた日
 ただし、大学があらかじめ授業を実施すると定めた日を除く
社会保険
:私学事業団、雇用保険、労災保険
8.着任時期 平成29年4月1日
9.提出書類 下記の(1)から(6)を各1部
(1)
履歴書(写真添付、メールアドレスを必ず記入)
教育歴年月、学歴、職歴、学会歴、社会貢献、受賞歴等含む。
(2)
業績一覧表
① 著書: 単著、編著、共著の別
  • ② 学術論文:
  • 学会論文(審査有・無別)、国際会議論文(審査有・無別)、
    依頼論文、紀要・機関誌、研究発表、その他
③ 実施された作品等
④ その他(学会以外の研究発表、新聞・雑誌、報告書、その他別)
注1)年代の新しいものから古いものへの順で番号をつけて提出
注2)受賞歴のある作品には受賞名、受賞者名とその内容を説明のこと
(3)
業績参考資料
・最近5年間の主要論文の別刷り(10編以内、コピー可)
・おおむね最近10年間の主要著書
・おおむね最近20年間の主要業務ないしプロジェクトの紹介資料
(4)
研究業績、教育業績、実務経験の概要(A4で1枚程度)
(5)
今後の研究・教育計画と抱負(A4で1枚程度)
(6)
本人について照会できる方3名(氏名、所属、連絡先、応募者との関係)
※ 選考が進んだ段階で、原則として、教授の場合には海外からの2名を含む5通の推薦状の提出を求めます。
※ 提出書類はすべてA4判とし、各書類に氏名を記入してください。
※ 提出書類に含まれる個人情報は、本件の選考および採用以外の目的には使用しません。
10.応募締切 平成28年10月5日(水)必着
11.選考方法 第一次選考(書類選考)、第二次選考(面接、模擬授業等)を経て採否の決定を行います。
採否は選考過程終了後、応募者各位に通知します。選考過程における採用決定に関する情報は非公開とします。
なお、面接・模擬授業に要する旅費は、応募者の負担とします。
12.書類送付先およびお問い合わせ先 〒224-8551 横浜市都筑区牛久保西3-3-1
東京都市大学 メディア情報学部 社会メディア学科
主任教授 川村 久美子
E-mail:kawamura@tcu.ac.jp
書類は封筒の表に「教員(社会メディア学科「メディア文化論」)応募書類在中」と朱書し、簡易書留で郵送してください。送り状には E-mail アドレスおよび FAX 番号も記載してください。なお応募書類は、原則として返却いたしません。ただし、提出した業績参考資料の返却を希望する場合は、必要事項を記入した宅配便伝票(着払い)を添付した返却用封筒を同封してください。

東京都市大学 メディア情報学部 情報システム学科 教員公募

1.募集人員 教授または准教授1名
2.所属 メディア情報学部 情報システム学科
3.専門分野 ソフトウェア工学
4.担当予定科目 ソフトウェア開発技法(ソフトウェア開発手法など)、企業統治と情報管理(IT統制など)、
システムソリューション(ソフトウェア開発工程など)、システム開発演習A(C++を使ったPBL)、
ソフトウェア開発特論(大学院)など
5.任期 任期無し(但し、定年は65歳)
6.応募資格
(1)
博士の学位を有し、大学院においても教育・指導ができる方。
(2)
ソフトウェア工学(ソフトウェア設計・テスト・保守、ソフトウェア開発工程、システム分析,プログラミングなど)について教育・研究ができる方。
(3)
ソフトウェア開発の実務経験がある方。
(4)
学生の指導・教育に熱意がある方。
(5)
学科の運営方針に理解があり、運営に積極的に関与できる方。
7.待遇
給与等
:東京都市大学就業規則等による
休日
:日曜日、祝日、年末年始、その他本学の定めた日
 ただし、大学があらかじめ授業を実施すると定めた日を除く
社会保険
:私学事業団、雇用保険、労災保険
8.着任時期 平成29年4月1日
9.提出書類
(1)
履歴書(写真添付、メールアドレス、学歴、職歴、教育歴,学会歴、受賞歴、社会貢献を含む。)
(2)
研究業績リスト(1.著書、2.学術論文(査読有・無別)、3.国際会議論文(査読有・無別)、4.依頼論文、5.紀要・機関誌 6.研究発表 7.特許、8.その他に分類の上、新しいものから順に記載して下さい)
(3)
主要論文5編(別刷またはコピー)
(4)
外部資金導入実績(科研費など競争的資金)
(5)
研究業績、教育業績、実務経験の概要(A4用紙1枚程度)
(6)
教育ならびに研究に対する抱負(A4用紙各1枚程度)
(7)
本人について照会可能な推薦者2名(氏名、所属、連絡先,応募者との関係)
※提出書類は全てA4判とし、各書類に氏名を記入してください。
※選考過程において、教授の場合には海外からの2名を含む5通の推薦状の提出を、
  准教授の場合には国内からの3通の推薦状の提出を求めます。
※提出書類に含まれる個人情報は、本件の選考及び採用以外の目的には使用しません。
10.応募締切 平成28年9月5日(月)必着
11.選考方法 第一次選考(書類選考)、第二次選考(面接、模擬授業等)を経て採否の決定を行う。採否は選考過程終了後、応募者各位に通知する。選考過程における採用決定に関する情報は非公開とする。なお、面接・模擬授業に要する旅費は支給されません。
12.書類送付先およびお問い合わせ先 〒224-8551 横浜市都筑区牛久保西3-3-1
東京都市大学 メディア情報学部 情報システム学科
主任教授 八木伸行
E-mail:yagi@tcu.ac.jp
書類は封筒の表に「教員(情報システム学科)応募書類在中」と朱書し、簡易書留で郵送してください。応募書類は、原則として返却いたしません。

東京都市大学 都市生活学部 都市生活学科 教員公募(環境計画)

1.募集人員 教授または准教授 1名 (常勤)
2.所属 都市生活学部 都市生活学科
3.専門分野 環境計画// 都市環境、環境設備、環境技術関連分野
4.担当予定科目
  • 学部  :
  • 都市の環境、すまいと環境、環境と設備 等の授業および関連授業

大学院 : 住環境マネジメント論 等に関する授業

5.任期 任期なし (但し、定年は65歳)
6.応募資格
(1)
博士の学位を有すること。
(2)
大学院修士課程の研究指導資格を取得できる業績を有する、ないしはそれに準じる実績を有していること。
(3)
社会科学系学部の特徴を生かした教育・研究活動ができること。
(4)
都市や住まいと環境、住環境マネジメントなどを中心として、街づくりと環境との関係までを視野に入れて教育・研究することのできる人材であること
(5)
都市における(建築、住宅を含む)環境形成論・環境工学の基礎と全般に加えて、より実践的な環境計画・快適論の教育・研究が可能であるとともに、建築士受験資格要件に対応する科目(計画原論、設備等)の教育が可能な者が望まれる。
(6)
大学院科目においては、英語での授業が可能な方。
(7)
都市生活学部都市生活学科の教育研究活動に理解があり、学生の指導・教育に熱意がある方。
7.待遇
給与等
:東京都市大学就業規則等による
休日
:日曜日、祝日、年末年始、その他本学の定めた日
 ただし、大学があらかじめ授業を実施すると定めた日を除く
社会保険
:私学事業団、雇用保険、労災保険
8.着任時期 平成29年4月1日
9.提出書類
(1)
履歴書 (写真添付、メールアドレスを必ず記入)、教歴年月、学歴、職歴、学会歴、社会歴、受賞歴等含む
(2)
業績一覧表
1)研究業績:下記の分類にて整理
① 著書:単著、編著、共著の別
  • ② 学術論文:
  • 学会論文(審査有・無別)、国際会議論文(審査有・無別)、
    その他(依頼論文、紀要別)
③ 実施された作品(建築作品、その他作品別)
④ その他(学会以外の研究発表、新聞・雑誌、報告書、その他別)
注1)年代の新しいものから古いものへの順で番号をつけて提出
注2)受賞歴のある作品には受賞名、受賞者名とその内容を説明のこと。
2)教育実績:担当された授業科目、教育内容等
①専任教員として ②非常勤教員として
3)これまでの主な業務(学内または所属組織内等)
(3)
研究業績参考資料
・最近5年間の主要査読付研究論文の別刷 (コピー可)
・おおむね最近10年間の主要著書
・おおむね最近20年間の主要業務ないしプロジェクトの紹介資料
(4)
今後の研究・教育に対する抱負(A4 1枚程度)
(5)
照会可能な推薦者の氏名、連絡先:[教授]=国内から3名・海外から2名/[准教授]=国内から3名
選考過程において、上記推薦者からの推薦状の提出を求めます。
※ 提出書類に含まれる個人情報は、選考及び採用以外の目的には使用しません。
10.応募締切 平成28年8月26日(金) 必着
11.書類送付先およびお問い合わせ先 〒158-8586 東京都世田谷区等々力8−9−18
東京都市大学 都市生活学部 学部長 川口 和英
電話:03-5760-0104 / FAX:03-3702-5576
E-mail:kawakazu@tcu.ac.jp
12.選考方法
(1)
一次選考 書類審査
(2)
二次選考 一次選考合格者に対してのみ面接・模擬講義

※ 面接・模擬授業に要する旅費は支給しません。

13.その他 応募書類は封筒に「応募書類」と朱書きし、簡易書留にて郵送してください。
提出書類は、原則として返却しません。ただし、提出した研究業績(現物)の返却を希望する場合は、必要事項を記入した宅配便伝票(着払い)を添付した返却用封筒を同封してください。

東京都市大学 都市生活学部 都市生活学科 教員公募(経済・経営・商学)

1.募集人員 准教授または講師 1名 (常勤)
2.所属 都市生活学部 都市生活学科
3.専門分野 経済・経営・商学 // 経営学、経営戦略論
4.担当予定科目
  • 学部  :
  • 経営学概論、経営戦略論、等の授業および関連授業

大学院 : 経営戦略特論などに関する授業

5.任期 准教授の場合は、任期なし(ただし、定年は65歳)
講師は、原則として3年、再任用2年を限度とする。
6.応募資格
(1)
博士の学位を有すること。
(2)
大学院修士課程の研究指導資格を取得できる業績を有する、ないしはそれに準じる実績を有していること。
(3)
社会科学系学部の特徴を生かした教育・研究活動ができること。
(4)
経営学及び経営戦略論に加えて都市や地域における産業についての関係までを視野に入れて教育・研究のできる人材であること。
(5)
経営学及び経営戦略論において標準的な学説について深い理解を有し、それらを基礎に多数の企業についての実証的な研究実績を有する者が望まれる。
(6)
大学院科目においては、英語での授業が可能な方。
(7)
都市生活学部都市生活学科の教育研究活動に理解があり、学生の指導・教育に熱意がある方。
7.待遇
給与等
:東京都市大学就業規則等による
休日
:日曜日、祝日、年末年始、その他本学の定めた日
 ただし、大学があらかじめ授業を実施すると定めた日を除く
社会保険
:私学事業団、雇用保険、労災保険
8.着任時期 平成29年4月1日
9.提出書類
(1)
履歴書 (写真添付、メールアドレスを必ず記入)、教歴年月、学歴、職歴、学会歴、社会歴、受賞歴等含む
(2)
業績一覧表
1)研究業績:下記の分類にて整理
① 著書:単著、編著、共著の別
  • ② 学術論文:
  • 学会論文(審査有・無別)、国際会議論文(審査有・無別)、
    その他(依頼論文、紀要別)
③ 実施された作品(建築作品、その他作品別)
④ その他(学会以外の研究発表、新聞・雑誌、報告書、その他別)
注1)年代の新しいものから古いものへの順で番号をつけて提出
注2)受賞歴のある作品には受賞名、受賞者名とその内容を説明のこと。
2)教育実績:担当された授業科目、教育内容等
①専任教員として ②非常勤教員として
3)これまでの主な業務(学内または所属組織内等)
(3)
研究業績参考資料
・最近5年間の主要査読付研究論文の別刷 (コピー可)
・おおむね最近10年間の主要著書
・おおむね最近20年間の主要業務ないしプロジェクトの紹介資料
(4)
今後の研究・教育に対する抱負(A4 1枚程度)
(5)
照会可能な推薦者の氏名、連絡先:[准教授・講師]=国内から3名
選考過程において、上記推薦者からの推薦状の提出を求めます。
※ 提出書類に含まれる個人情報は、選考及び採用以外の目的には使用しません。
10.応募締切 平成28年8月26日(金) 必着
11.書類送付先およびお問い合わせ先 〒158-8586 東京都世田谷区等々力8−9−18
東京都市大学 都市生活学部 学部長 川口 和英
電話:03-5760-0104 / FAX:03-3702-5576
E-mail:kawakazu@tcu.ac.jp
12.選考方法
(1)
一次選考 書類審査
(2)
二次選考 一次選考合格者に対してのみ面接・模擬講義

※ 面接・模擬授業に要する旅費は支給しません。

13.その他 応募書類は封筒に「応募書類」と朱書きし、簡易書留にて郵送してください。
提出書類は、原則として返却しません。ただし、提出した研究業績(現物)の返却を希望する場合は、必要事項を記入した宅配便伝票(着払い)を添付した返却用封筒を同封してください。

東京都市大学 人間科学部 児童学科 教員公募

1.募集人員 准教授または講師 1名(常勤)
2.所属 人間科学部 児童学科
3.専門分野 教育学
4.担当予定科目 教育原理、教育学概論、保育・教職実践演習、幼児の生活と遊び、児童学入門など
5.任期 准教授の場合は、任期なし(ただし、定年は65歳)
講師は、原則として3年、再任用2年を限度とする。
6.応募資格
(1)
博士の学位を有するかそれと同等の研究業績を有していること。
(2)
大学院修士課程の研究指導資格を取得できる業績を有する、ないしはそれに準じる実績を有していること。
(3)
教育学、とくに幼児教育、児童学の特徴を生かした教育・研究活動ができること。
(4)
保育者養成の経験、ないしは幼児教育・保育の現場での実務経験を有していることが望ましい。
(5)
国内の幼児教育分野はもとより、国際的な感覚をもち、海外の幼児教育や学術研究にも精通していることが望ましい。
(6)
心身ともに健康で学科教員と協力して教育・研究ができる方。
7.待遇
給与等
:東京都市大学就業規則等による
休日
:日曜日、祝日、年末年始、その他本学の定めた日
 ただし、大学があらかじめ授業を実施すると定めた日を除く
社会保険
:私学事業団、雇用保険、労災保険
8.着任時期 平成29年4月1日
9.提出書類
(1)
履歴書 (写真添付、メールアドレスを必ず記入)、学歴、職歴、学会歴、社会歴、受賞歴等含む
(2)
業績一覧表
1)研究業績:下記の分類にて整理
① 著書:単著、編著、共著の別
  • ② 学術論文:
  • 学会論文(審査有・無別)、国際会議論文(審査有・無別)、
    その他(依頼論文、紀要別)
③ 学会発表(予稿有・無別)
④ その他(学会以外の研究発表、新聞・雑誌、報告書、その他)
注1)年代の新しいものから古いものへの順で番号をつけて提出
2)外部資金獲得一覧(科研費、研究補助金等)
3)教育実績:担当された授業科目、教育内容等
①専任教員として ②非常勤教員として
4)これまでの主な業務(学内または所属組織内等)
(3)
研究業績参考資料
 ・最近5年間の主要研究論文の別刷 (10編以内、コピー可)
 ・最近10年間の主要著書(表紙、目次等のコピー可)
(4)
今後の研究・教育に対する抱負(A4 1枚程度)
(5)
本人について照会可能な推薦者3名(氏名、所属、連絡先、応募者との関係)
選考過程において、上記推薦者からの推薦状の提出を求めます。
※ 提出書類に含まれる個人情報は、選考及び採用以外の目的には使用しません。
10.応募締切 平成28年8月26日(金) 必着
11.書類送付先およびお問い合わせ先 〒158-8586 東京都世田谷区等々力8−9−18
東京都市大学 人間科学部 学部長 井戸 ゆかり
電話:03-5760-0104 / FAX:03-3702-5576
E-mail:jidou-koubo@tcu.ac.jp
12.選考方法
(1)
一次選考 書類審査
(2)
二次選考 一次選考合格者に対してのみ面接・模擬授業

※ 面接・模擬授業に要する旅費は支給しません。

13.その他 応募書類は封筒に「応募書類」と朱書きし、簡易書留にて郵送してください。
応募書類は原則として返却いたしません。

東京都市大学 共通教育部 人文・社会科学系 教職教育部門 教員公募

1.募集人員 職種: 教授または准教授または講師
人員: 1名
2.所属学科 共通教育部 人文・社会科学系 教職教育部門
3.専門分野 教職教育(理数教育、授業研究)
4.担当予定科目 「数学教育法」、「理科教育法」、「教育課程論」、「生徒指導」、「教育実習」関連科目など。
5.任期 教授、准教授の場合は任期なし。(ただし、定年は65歳)
講師は原則として3年、再任用2年を限度とする。
ただし、任期終了後、実績により、任期なしで採用する場合がある。
6.応募資格
(1)
博士または修士の学位を有する方、またはそれと同等の研究・教育業績を有すると認められる方。
(2)
教員養成に情熱があり、実践的な教育研究や学生指導を柔軟にできる方。
(3)
心身共に健康で、教職課程を設置する学科や学校、教育委員会などと連携し、本学教職課程の運営を積極的かつ誠実に遂行していただける方。
(4)
中学校または高等学校の教職経験を有することが望ましい。
7.待遇
給与等
:東京都市大学就業規則等による
休日
:日曜日、祝日、年末年始、その他本学の定めた日
 (ただし、大学があらかじめ授業を実施すると定めた日をのぞく)
社会保険
:私学事業団、雇用保険、労災保険
8.着任時期 平成29年4月1日
9.提出書類
(1)
履歴書:6か月以内の写真貼付。メールアドレスを必ず記入。
学歴は大学以降すべてを、職歴は職名・担当科目等を記入。
学会歴、社会活動歴、受賞歴等も含む。
(2)
教育上の能力を示す業績の一覧:①教育方法の実践例、②作成した教科書・教材、③ 教育上の能力についての所属機関や学生・生徒アンケート等の評価など教職課程の専門科目を担当するに相応しい業績。それぞれ200字程度で概要を記すこと。
(3)
研究業績の一覧:以下の分類で、発表年の新しいものから順に番号を付与し、主要な業績3点に◎を付けること。また、すべての業績に200字程度で概要を付け、関連する授業科目名も末尾に記入すること。
①著書(共著の場合は編者・共著者名を明記)、②学術論文(単著・共著の別、共著の場合は共著者名、執筆箇所、掲載誌、頁、査読の有無等を明記)、③その他の論文(報告書、新聞・雑誌等)、④学会発表、⑤講演、⑥外部資金獲得状況(科研費等)など
(4)
主要論文等の別刷り:主要論文(3点以内。コピー可)。論文以外で審査の対象にして欲しいものがあれば、2点まで追加してもよい(合計で5点以内)。
(5)
今後の研究・教育計画と抱負(A4で1枚程度、様式自由)
(6)
本人について照会できる方2名の氏名(所属、連絡先、応募者との関係)
選考が進んだ段階で、2通の推薦状の提出を求めます。
(*本学では、原則として、教授の場合は海外からの2名を含む推薦者5名、
准教授・講師の場合は国内からの推薦者3名の推薦状の提出を求めています。)

※提出書類は全てA4判とし、各書類に氏名を記入してください。
※提出書類に含まれる個人情報は、選考及び採用目的以外には使用しません。

10.応募締切 平成28年9月30日(金) 必着
11.選考方法
(1)
一次選考 書類審査
(2)
二次選考 一次選考合格者に対してのみ面接・模擬授業

※面接・模擬授業に要する旅費は、応募者の負担とします。

12.書類送付先およびお問い合わせ先 〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1-28-1
東京都市大学 共通教育部 人文・社会科学系
主任教授 岩ア敬道
E-mail:tiwasaki@tcu.ac.jp (お問い合わせはE-mailでお願いします)
書類は封筒の表に「教員(教職教育部門)応募書類在中」と朱書し、不採用時の応募書類返信用封筒(必要切手等貼付)を同封の上、簡易書留(レターパック等)で郵送してください。
※返信用封筒(必要切手等貼付)が同封されていない場合は、提出物の一切を返却いたしません。

東京都市大学 共通教育部 自然科学系 数学教育部門 教員公募

1.募集人員 教授 1名(常勤)
2.所属学科 共通教育部 自然科学系 数学教育部門
3.専門分野 数学(解析学、確率論、数理統計学)
4.担当予定科目 工学部、知識工学部における数学基礎科目、数学系教職科目、大学院科目
5.任期 任期なし(ただし、定年は65歳)
6.応募資格
(1)
博士の学位を有する方
(2)
大学の基礎教育に深い理解があり、数学教育部門の教員として、数学基礎教育と研究および数学教育部門の運営に熱意を持って取り組んでいただける方
(3)
工学部、知識工学部における数学基礎科目、数学系教職科目、大学院科目(偏微分方程式論)を担当できる方(なお、本学数学基礎科目には、微分積分学、線形代数学、微分方程式論、ベクトル解析学、フーリエ解析学、関数論、数理統計学が含まれます。)
(4)
大学入試業務に携われる方
7.待遇
給与等
:東京都市大学就業規則等による
休日
:日曜日、祝日、年末年始、その他本学の定めた日
 ただし、大学があらかじめ授業を実施すると定めた日を除く
社会保険
:私学事業団、雇用保険、労災保険
8.着任時期 平成29年4月1日
9.提出書類
(1)
履歴書(様式Aの形式で写真入りのものを作成のこと)
(2)
研究業績リスト(様式Bの形式によって作成のこと)
(3)
主要論文5編以内の別刷またはコピー
(4)
主要論文5編および科研費等外部資金の取得状況を含むこれまでの研究の概要と将来の研究計画(様式自由)
(5)
これまでの教育経験および職務状況(担当科目、委員、役員等の経験)の概要と工学系の大学における数学教育についての抱負(様式自由)
(6)
本人について照会可能な推薦者3名(氏名、所属、連絡先,応募者との関係)
選考過程において、上記推薦者からの推薦状の提出を求めます。

※ 提出書類は全てA4版とし、各書類に氏名を記入してください。
※ 提出書類に含まれる個人情報は、選考および採用目的以外には使用しません。

10.応募締切 平成28年10月14日(金) 必着
11.選考方法
(1)
一次選考 書類審査
(2)
二次選考 一次選考合格者に対してのみ面接・模擬講義

※面接・模擬授業に要する旅費は、応募者の負担とします。

12.書類送付先およびお問い合わせ先 〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1-28-1
東京都市大学 共通教育部 自然科学系 数学教育部門
教授 金川秀也
E-mail:skanagaw@tcu.ac.jp
TEL 03-5707-0104(代表)
13.その他
本教員は共通教育部数学教育部門に所属しますが、共通教育部数学教育部門は、全学部、特に工学部および知識工学部における数学教育の中心的役割を担う部門です。
封書に「数学教員応募書類在中」と朱書きし、簡易書留でお送り下さい。
応募書類は原則として返却しません。

東京都市大学 共通教育部 自然科学系 物理学教育部門 教員公募

1.募集人員 准教授(常勤) 1名
2.所属学科 共通教育部 自然科学系
3.専門分野 物理・応用物理系での学位があれば理論系・実験系、特に専門分野は問わない。
4.担当予定科目
学部:
大学初年次の物理系講義科目(力学・波動・振動・熱力学)及び物理学実験
大学院:
解析力学特論または量子力学特論IIのいずれか
5.任期 任期なし(ただし、定年は65歳)
6.応募資格
(1)
博士の学位を有し、博士後期課程の研究指導が可能な研究業績がある方。
(2)
大学あるいはそれに準ずる高等教育機関での教育経験があり、卒業研究等での研究指導の経験をもつことが望ましい。
(3)
物理学教育部門の4名の専任教員及び非常勤講師の先生方と協力し授業を運営していく協調性を備え、学内業務を誠実に遂行して頂ける方。
(4)
海外への留学、あるいは海外での教育や研究活動の実績を有することが望ましい。また、英語による授業も可能なこと。
7.待遇
給与等
:東京都市大学就業規則等による
休日
:日曜日、祝日、年末年始、その他本学の定めた日
 ただし、大学があらかじめ授業を実施すると定めた日を除く
社会保険
:私学事業団、雇用保険、労災保険
8.着任時期 平成29年4月1日
9.提出書類
(1)
履歴書(市販用紙、6か月以内の写真貼付、メールアドレスを必ず記入、
学歴は大学以降すべて記入、職歴には職歴・職名・担当科目を記入、受賞歴等含む)
(2)
研究業績一覧(著書、査読付き論文、国際会議論文、特許、外部資金獲得状況、その他)
(業績別の業績一覧表として年代の新しいものから古いものへの順で番号をつけて提出)
(3)
主要論文の別刷り(5編以内、コピー可)
(4)
研究・教育業績の概要(A4で1枚程度)
(5)
今後の研究・教育計画と抱負(A4で1枚程度、様式自由)
(6)
本人について照会可能な海外からの1名を含む推薦者3名(氏名と連絡先)
選考過程において、上記推薦者からの推薦状の提出を求めます。

※提出書類は全てA4判とし、各書類に氏名を記入してください
※提出書類に含まれる個人情報は、選考及び採用目的以外には使用しません

10.応募締切 平成28年9月30日(金) 必着
11.選考方法
(1)
一次選考 書類審査
(2)
二次選考 一次選考合格者に対してのみ面接・模擬講義

※面接・模擬授業に要する旅費は、応募者の負担とします。

12.書類送付先およびお問い合わせ先 〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1-28-1
東京都市大学 共通教育部 自然科学系 物理学教育部門
教授 長田 剛
TEL 03-5707-0104(内線 2394)
E-mail:osada@ph.ns.tcu.ac.jp
書類は封筒の表に「教員(共通教育部物理)応募書類在中」と朱書し、不採用時の応募書類返信用封筒(必要切手貼付)を同封の上、簡易書留で郵送してください。
※返信用封筒(必要切手貼付)が同封されていない場合は提出物の一切を返却いたしません。

東京都市大学 共通教育部 外国語共通教育センター 教員公募(英語を第一言語とする者)

1.募集人員 講師または助教 1名
2.所属 共通教育部 外国語共通教育センター
3.専門分野 英語
4.担当予定科目
  • 学部  :
  • Study Skills, Communication skills, Reading & Writing, TOEIC Preparation、
    および英語による教養科目
5.任期 原則として3年、再任用2年を限度とする。
6.応募資格
(1)
英語を母語とする方。
(2)
国内外の大学院で修士以上の学位を有すること。諸業務の遂行に必要な日本語運用力のある方。
日本での英語教育の経験を有する方。
(3)
学生のコミュニケーションの能力向上に向けた英語教育に熱意のある方。かつ、センターと大学の業務 にも熱意を持ち従事できる方。
(4)
本学の3キャンパスに勤務可能な方。
7.待遇
給与等
:東京都市大学就業規則等による
休日
:日曜日、祝日、年末年始、その他本学の定めた日
 ただし、大学があらかじめ授業を実施すると定めた日を除く
社会保険
:私学事業団、雇用保険、労災保険
8.着任時期 平成29年4月1日
9.提出書類
(1)
履歴書 (6か月以内の写真添付、メールアドレス記入)、教歴年月(主たる担当科目記入)、
学歴(高等学校卒業以降)、職歴(職位・地位記入)、学会歴、社会歴、受賞歴等含む
(2)
業績一覧表
①著書、②査読付き論文、③査読なし論文、④紀要論文、⑤学会発表、⑥その他に分類
最新のものから順に番号を付けて記載
(3)
研究業績参考資料
主要論文抜き刷り (3編以内、コピー可)と要約(各200語以内) 
(4)
今後の研究・教育に対する抱負(各800語以内、日本語で記入)
(5)
取得学位のコピー
(6)
照会可能な推薦者の氏名、連絡先 : 2名
選考過程において、上記推薦者からの推薦状の提出を求めます。
(*本学では、原則として、講師の場合は推薦者3名の推薦状の提出を求めています。)

※提出書類に含まれる個人情報は、選考及び採用以外の目的には使用しません。

10.応募締切 平成28年8月31日(水)必着
11.書類送付先およびお問い合わせ先 〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1-28-1
東京都市大学 共通教育部 外国語共通教育センター LL教室
問い合わせはメールのみで受け付けます。 ikokubo@tcu.ac.jp
12.選考方法
(1)
一次選考 書類審査
(2)
二次選考 一次選考通過者に対してのみ面接・模擬講義

※ 面接・模擬授業に要する旅費は、応募者の負担とします。

13.その他 応募書類は封筒に「応募書類」と朱書きし、簡易書留にて郵送してください。
提出書類は、原則として返却しません。ただし、提出した研究業績(現物)の返却を希望する場合は、必要事項を記入した宅配便伝票(着払い)を添付した返却用封筒を同封してください。

東京都市大学 共通教育部 外国語共通教育センター 教員公募(日本語を第一言語とする者)

1.募集人員 講師または助教 1名
2.所属 共通教育部 外国語共通教育センター
3.専門分野 英語
4.担当予定科目
  • 学部  :
  • Study Skills, Communication skills, Reading & Writing, TOEIC Preparation等の英語科目
5.任期 原則として3年、再任用2年を限度とする。
6.応募資格
(1)
海外の大学院での修士号以上の学位を有する方が望ましい。
(2)
英語による授業を担当できる優れた英語運用力を有する方。
日本での英語教育の経験を有する方が望ましい。
(3)
学生のコミュニケーション能力の向上に向けた英語教育に熱意のある方。
かつセンターと大学の業務にも熱意を持ち従事できる方。
(4)
本学の3キャンパスに勤務可能な方。
7.待遇
給与等
:東京都市大学就業規則等による
休日
:日曜日、祝日、年末年始、その他本学の定めた日
 ただし、大学があらかじめ授業を実施すると定めた日を除く
社会保険
:私学事業団、雇用保険、労災保険
8.着任時期 平成29年4月1日
9.提出書類
(1)
履歴書 (6か月以内の写真添付、メールアドレス記入)、教歴年月(主たる担当科目記入)、
学歴(高等学校卒業以降)、職歴(職位・地位記入)、学会歴、社会歴、受賞歴等含む
(TOEIC等の英語試験の成績を資格欄に明記)
(2)
業績一覧表
①著書、②査読付き論文、③査読なし論文、④紀要論文、⑤学会発表、⑥その他に分類
最新のものから順に番号を付けて記載
(3)
研究業績参考資料
主要論文抜き刷り (3編以内、コピー可)と要約(各200語以内) 
(4)
今後の研究・教育に対する抱負(各800語以内、日本語で記入)
(5)
取得学位のコピー
(6)
照会可能な推薦者の氏名、連絡先 : 2名
選考過程において、上記推薦者からの推薦状の提出を求めます。
(*本学では、原則として、講師の場合は推薦者3名の推薦状の提出を求めています。)

※提出書類に含まれる個人情報は、選考及び採用以外の目的には使用しません。

10.応募締切 平成28年8月31日(水)必着
11.書類送付先およびお問い合わせ先 〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1-28-1
東京都市大学 共通教育部 外国語共通教育センター LL教室
問い合わせはメールのみで受け付けます。 ikokubo@tcu.ac.jp
12.選考方法
(1)
一次選考 書類審査
(2)
二次選考 一次選考通過者に対してのみ面接・模擬講義

※ 面接・模擬授業に要する旅費は、応募者の負担とします。

13.その他 応募書類は封筒に「応募書類」と朱書きし、簡易書留にて郵送してください。
提出書類は、原則として返却しません。ただし、提出した研究業績(現物)の返却を希望する場合は、必要事項を記入した宅配便伝票(着払い)を添付した返却用封筒を同封してください。

ページ先頭へ戻る

Copyright(C)TOKYO CITY UNIVERSITY All Rights Reserved.